サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

車選びの雑学


僕がコミコミ200万円で選ぶとしたら、メルセデスベンツのCクラスワゴンだね 〜登山のための車えらび〜



僕はいま、メルセデスベンツのMLにのっている。ちょっと大きめのSUV(≒四駆)だ。
同じメルセデスベンツのEクラスから乗り換えたのだが、正直、この乗り換えはどうだった
かなぁ、という気がしないでもない。


さて、ここでは、他人の車選びに口出すわけなのだが、まぁ、僕は他人がどんな車買おうが
別にどうでもいい。いいけど、山に使うんでしょ?本当にそれでいいの?って車を選ばれて
いる人がいっぱいいる。僕、20台くらい車買ったアホなんだけど、じゃあ、どんな車がい
いのさ?っていうところを、つらつらっと書いてみたいと思う。



車の値段に大きさは全く無関係とはいえないけど、それよりも大きいのはね、数が出るか
どうかなの。日本に住んでると軽四の数が多いように見えるけど、軽四は発展途上国でも
買ってもらえない。世界を見渡すと圧倒的に登録車の方が売れているわけで、たぶん、1
台あたりの開発費は登録車の方が安い可能性が高い。実際のところ、税金を除くと軽四も
登録車もそんなには値段は違わない。じゃあ、どこで軽四は値段下げてるの?ってことに
なるわけだ。装備なんかおんなじだから数が出る登録車の方が台あたりの調達コストは安
いはず。

まあ、言いたくないけど、たぶん、骨格…



シートとかって、いくらでもコスト詰められるんだよ。だけど、いくらでもお金かけられ
る部材なんだ。そして、かけた金額が正直に品質に出る。座り心地もそうだし、安全性も。
カタログにはどっちもシートって書かれるけど、やっぱさ、ちょっと世間でできがいいと
言われる車のシート座ってみてよ。

SNSとかで、車外放出とかいうと、すぐシートベルト締めてなかったとか短絡的に考え
る人がいるけど、軽四のシートの骨格なんか信用できないんだよ。ちょっとハードクラッ
シュすると、骨格がひんまがって人がすっとんでいく可能性もある。シートがひんまがれ
ば、普通にシートベルトは役にたたない。

フロントのスモールオフセットとかは日本ではテストされない。されないから対策も遅れ
ている。あるメーカーの車をみたら、左には補強が入っているけど、右には補強が入って
ない、というのがあったらしい。スモールオフセットだから、左側通行の日本では、ぶつ
かるのはもちろん右だ。笑えるだろ。

後突なんかもっと笑える。日本の基準ってのは、後ろからぶつけてガソリンが漏れなけれ
ば、人が死ぬかどうかはあんま関係ない。国産の3列シートで信じられるのはCX−8だ
けだ。

んだから、輸出主体で車作ってて、なおかつ仕向け地ごとにつくりわける体力のないメー
カーの車ってのはかなり信用していいと思う。


軽四はシティコミューター。年間7000キロくらいの人が、街中をちょろちょろ走る
使い方をするための車で、これで高速乗るなんてのはどちらかというと悪夢。だけど、登
山いくのに、高速道路乗らずに済むなんてことはありえないだろ。僕のところからだと
ちょっと近場の山登ってやれと思ってでかけても、100キロ以上は高速道路を走らな
いとどこへも行けない。決まって片道100キロ高速に乗るとしたら、やっぱり高速道
路をある程度快適に走れる車を選んだ方がいいと僕は思う。

もちろん、予算が厳しいのはわかる。わかるんだけど、新車の軽自動車がぎりぎり買え
るくらいの予算、つまり200万くらい用意できて、中古車でもいいとなるとめっちゃ
選択肢は広い。はっきりいって、主だった中堅国産車はほぼすべて圏内といってもいい。
それも厳しいという人はクルマ諦めろと言っているのか、と言われると、ありていに言っ
ちゃうと僕はそれに近い意見を持ってる。

万人におすすめできる車ではないが、総額50万ででゴルフワゴンを買ったことがある。
車両本体ではない。総額である。この金額で、パーティションネットがついてくる。国
産SUVでパーティションネットがついている車なんか、新車でもそうはあるまい。
結局、僕はこれに6万キロ以上乗った。不人気の国産登録車なんか、探せば1円とかい
う物件もあるにはあるんだよ。1円の登録車が持てないなら、車は無理だからやめとけ、
というのは僕はある程度理にかなった意見だと思うのだ。


で、登山口につく。地面は舗装されているか、まあ、未舗装でも普通車で走れるレベル。
僕の知っている範囲で、関東近県で、車高の高い車でないと走れないところは、美濃戸、
桜平、あと栗原川林道か。このいずれかの登山口に、毎月行くようなら、SUVが必須
だと思う。だけど、年1回だったら普段は車高の低い車にのっていて、都度車高の高い
レンタカーを借りた方がいい。ざっくり10年で、車高の高い車と、車高の低い同じサ
イズの車で、車両代と維持費と含めて、最低50万〜100万円違う。
もちろん、それを笑って払える人ならいいけど、そんなレベルで話してないでしょ。予
算が潤沢なら別にいいんだけど、SUVって車高が高い分重心が上がる。運動性能は落
ちるわけだ。みんなそこのところを過少評価、あるいは全然知らなかったことにしたが
る。だけど、僕高速道路でML転がすのはストレスだ。片道150キロまではEクラス
と遜色ないが、それをこえるとやっぱり車高は低いにこしたことはない。
1910mm幅があっても、やっぱりSUVはダメなんだよ。1700mmくらいのS
UVはもっと落ちるし、1500mmくらいでたっぱがある車なんか、それこそ論外で
あることは想像に難くない。

SUVはおしなべてリセールがめっちゃ強い。新車で買う人はいいけど、中古車で買う
と割高なんだよ。僕、デュアリスって名前の消えたSUVを買ったことがあるんだけど、
68万で買って、3万キロ以上走らせて売却額が60万。ということは、店頭に並ぶと
き70万以上の値段で売られるんだと思う。だけれども、国産で筋目の通った車を選ぼ
うと思うと、SUVくらいしか選択肢がなくなってしまったのも事実。ミニバンはやめ
とけ。ミニバンってのは猛烈に設計が難しい無理ゲーな車だ。剛性ボロボロ、乗車定員
が少なければはねるし多ければサスが容量不足でまともなダンピングをしない。そして
定員を増やすために腰あたりまでしかない、人が座るとはとうてい思えないようなシー
トがくっついてくる。あの手の車は、まともに設計したらめちゃめちゃ高額になるんだ
よ。どうしてもミニバンがよければ、800万くらい出してベンツのVクラス買え。
800万だせないようなら、Vクラスよりは落ちるけど、700万の、アルファード・
ヴェルファイアの4人乗りならまあまあまともだ。その下はまずろくなことがない。ノ
ア、ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンあたりは、僕は全力で止める方の車。まあ、
エルグランドよりは現行アルヴェルの方がまだましか。だけど、このカテゴリーで一番
まともなのは、いまだにデビュー10年以上経過したデリカD:5だと思う。

運転、下手でしょ。うん、過去に100万キロ以上走らせて、なおかつ事故をいただい
てない人をだいたい標準として、どっちかの要件が欠けてたら、僕に言わせると下手。
下手なのに、自動ブレーキ選ばない手はないよ。1度作動させれば確実にもとがとれる
んだから。そして、事故自体が5割減、ダウンタイムは9割減ともいう。

じゃあ、自動ブレーキにいくら上積みできるか、って考えたとき、僕は「差額が100
万円以内だったら絶対につけた方がいい」と思ってる。170万円くらいのメルセデス
のCクラスワゴンの中古を選ぶのは、要するに70万円くらいの自動ブレーキなしの車
を選ぶ感覚だよね。まあ、選択肢はいろいろあるにはあるけど、車両70万だと、そん
なに筋目の通った車は選べない。

冒頭のメルセデスベンツは導入がめっちゃ早かったから、4年落ちくらいの中古車なら
ほぼすべての車両に自動ブレーキがついている。関係ないが、純正ナビも、バックモニ
ターもついている。
1世代前の自動ブレーキだと人は検知してくれない。できれば人を検知するタイプがい
いが、もう100万円盛らないといけない。一方、一番遅かったトヨタは、いまだに新
車でも自動ブレーキのつかないモデルがあるわけだ。もう100万盛ってでも、他社の
自動ブレーキつきモデルを選ぶのがおすすめだ。

このクラスのメルセデスベンツって、おしなべて丁寧に乗られている可能性が高い。メ
ルセデスのオーナーにも荒っぽい運転する人はいるが、そういう人はだいたいAMGモ
デルないしAMGのオプションを選んでいたり、ボディーカラーが黒だったりするもの
だ。すっぴんのメルセデスで黒をはずすと、まず外れないと思う。とくに少し色味のあ
る色で距離が出ていないのはだいたい趣味のいいお金持ちが持ってた可能性が高いし、
売りづらいから値段も下がる。

もちろん、1800ccで、しかもハイオクだから、軽四とは維持費が多少違うよ。だ
けどさ、維持費の話するんだったら、軽四で長距離運転して腰痛治療に通うコストとか、
たまに車ぶつけて、もしくはぶつけられて、足(か、下手したら命)を失う(かもしれ
ない)コストとかも含めないとフェアじゃないよ。だいたい、軽四って10万キロ乗っ
たらボロボロになるイメージがあるんだけど、僕の車もう10万キロこえてるんだけど
新車の残り香があるのね。車の寿命も計算しないとアンフェアだ。プリウスとかって、
だいたい7年くらいでみんな廃車にしているんだよね。バッテリーの寿命に不安かかえ
て、早めに買い替えて次のオーナーがみつからない的な。まあ、素直に、ハイブリッド
車はやめた方がいい。とくにトヨタ方式は高速道路でモーターひきずるから燃費が出な
い。だって、市街地をちょろちょろ走るわけじゃないでしょ。高速道路走るんでしょ。
シンプルなガソリン車がいちばんいいよ。故障する可能性も低いし、若干ハイブリッド
より燃費は劣るかもしれないけど、維持費の安さで取り返せる可能性が高いし、もしと
りかえせないとしても、ハイブリッドのへんてこりんなドライバビリティを我慢しなが
ら乗るよりガソリン車の素直なドライバビリティを享受した方がずっといいだろうと思
うよ。まぁ、ドライバビリティなんてものは、みんな過少評価するもんだけどね。過少
評価しておきながら、たいして変わらない値段で買った隣の車を、あの車は乗りやすい
とかいって羨ましがるわけだ。

車中泊。やめときな。はっきりいって、やめときな。出発時間を計算して出れば、車の
中で寝ることなんかほぼほぼない。車中泊ができるかどうかで車なんか選ぶものじゃな
い。寝るために車買うんじゃないでしょ?道路走らせるために車買うんでしょ?だった
ら、道路走るための機能を優先して車買ったほうがいいよ。どうしても車で寝ないとい
けない事情があるなら、骨格の中に寝るのではなく、ルーフテントをつけた方がいい。
20万そこそこするからけっして安い買い物ではないけど、車の中で荷物抱いて足伸ば
せずに寝るよりはずっと快適だし、車の選択肢もはるかに広がる。

だけど、まあ、車買うのに、車中泊は計算に入れない方がいい。

SNSに出入りしている人は、だいたいおともだちと乗り合わせて行くよな。おともだ
ちはだいたい成人だ。後席に乗せるのはオトナなんだよ。3人くらいでのりあわせて、
ザックは天泊のザックだったりするとすると、そこそこ大きい車が必要だ。

僕の中で、登山用の車の標準作はホンダ・ヴェゼル。多分、新車でガソリン2駆の真ん
中位のグレードを買ってナビつけると250〜270万円くらいだと思う。この位のサ
イズがあれば、天泊のザックを3つのっけて、大人3人で乗り合わせて出かけられる。
おなじクラスにC−HRというのがある。車ってのはダンパーの太さとシートの厚みを
見て買うものだが、そういう意味でいえばヴェゼルよりC−HRはよくできている。だ
けれども、さすがにこれで3人は狭いだろう。

もうすこし大きい車、たとえばエクストレイルくらいあれば4人でも大丈夫だ。まあ、
それより大きいのを選ぶのは、予算が潤沢でない限りはあまりおすすめしがたい。

(2018.9.4 15:49)




更新)


mailto:mailaddress

tozan.net - https://tozan.net