サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
ここで紹介しますルートは、
バリエーションルートになります。
相応の技術と装備で挑戦してください。

変な名前の山同好会の皆様こんにちは。今日16日は 婆娑羅山へいってきました(婆娑羅トンネルより往復?)


バリエーションルートなのでよい子は真似をしないでください
伊豆松崎
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=344416&l=1385135
http://maps.google.co.jp/maps?ie=UTF8&ll=34.735265,138.855343&spn=0.08436,0.131493&z=13&brcurrent=3,0x6019e2f50ca17c2b:0x4912e3140f0805e0,1


ずっと、ずっと、ずーっと気にかけていた山です。そうさなあ、 松崎通いしてた頃ずっとここが登山口だなあ、とか思っていたか ら、もう5年くらい。
車をとめる場所も登山道もない難易度Cの山ですが、のぼった記 録がみつかったのでこの冬いく気になっていた。前日睡眠薬飲ん で朝は遅い起床。起きて、調子いいなあ、と思ったもいける山は 限られている。で、前倒しで婆娑羅山へ行くことにした。

普通にいけば、往復1時間30分くらいで帰ってこれる山です。

駐車禁止の標識がみあたらないことを奇貨としてポータルのわき のスペースに車をとめました。ぎりぎり路側帯の内側へとめられ ます。30mくらい下に林道の入り口があるのですが、ここの方が 車をとめるには都合がいいでしょう。誠実な人はもう200mくら い下がったところに整地されたスペースがあるのでそこを使って ください。

記録では林道終点から登っていましたが、僕は新道のポータルのわきの 階段を上がります。尾根まではうっすらと踏み跡。数は少ないで すが赤テもあります。尾根に上がれちゃえばあとは尾根づたいだ から勝ちだろ、とか思ったのですが、意外と登らされました。あ と、踏み跡ははっきりしません。若干ついているところもあるの ですが、大半は踏み跡なしで高度な読図力が必要です。それでも 登りは上へ向かうだけなので簡単ですが、下りは、下り初めが尾 根がはっきりしなくて上から見てもどこへ尾根が出ているかわか らんので…というわけで、僕は西の尾根にひきこまれて、予定し ていた正規の下山地点より300mくらい西へ出てしまいました。 悪いことに、下に道路が見えるまで全然間違えたことに気づかな かった。コンパスが正規のルートよりちょっと余計に西を指して るかなあ、とは思ったのですが、途中で道間違っちゃったもんだ からけっこうヤブがうるさくて、ヤブをこぐのに必死でコンパス まで手が回らなかった。次はちょっと長い点線ルートなんだけど、 かなり不安を残す山行になってしまいました。

静岡百山に入ってる(らしい)から狙ってる人もいるでしょうけ ど、登りはさして難しくないし、テープ貼れる木は事欠かないか ら、ベタ貼りにして登れば帰りも困らないと思います。貼ったテー プは必ず回収してください。
6年前の古い記録で、道がはっきりしている、なんて書いてある のもありますが、全然そんなことはないです。

山頂の展望はありません。探すと小さな山名板が三角点のわきに かかっています。

あ、あと、このへんの枝はどれもすぐ折れるんで、あまり手がか りにしないようにした方がいいです。枝がはねてねえ、目の中に 入ったんですよ。大きなダメージはないっぽいんだけど、今左目 がゴロゴロしています。明日眼科いこっと。

それから、カメラバッグのD環を、車のテールゲートで粉砕した。 いつかやるんじゃないかとは思っていたのだが、やっぱりやって しまった。ザックだとめんどくさいが、カメラバッグはハーネス ごと新品にかえても1900円。まあ、今後気をつけようで済む 金額だ。

若い頃ずっと通っていた魚屋は目と鼻の先なんだけど、なんかス ルーしてしまいました。もう食事に2千円出せる経済状況じゃな いなあ、と思ったのを、喫煙可の店だから、というのにすりかえ て帰ってきた。温泉とかもあるんだけど…
要するに,かちゃんが心配ではやく帰りたいんだな。

今回登ったルートのほかに、つくし学園の裏手からのルートもあ るそうですが、いずれにせよ道ははっきりしません。僕はこのルー トにひきこまれてしょっぱなで道を間違え、やぶをこいで隣の尾 根に戻ったようです。

写真 駐車スペースは大きな声では書けませんがここを使います。
写真 ここから登りました
写真
写真
写真
写真
写真 これでおしまい

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 婆娑羅トンネル→婆娑羅山往復
地図 昭文社「伊豆」

Google 婆娑羅山
地形図 伊豆松崎
難易度 むずかしいほうのバリエーションルートです
所要時間 往復1時間半程度だと思います。
他の季節 通年で積雪はほとんどないものと思いますが、夏場は暑いでしょう
トイレ ありません
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 山頂
交通 本文のとおり。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献
その他  


最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net