サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

■期間 2016年9月9日
■山域 加賀 大日ヶ岳
■目的 無雪期ピークハント ハイキング
■参加者 脇屋 他1
■コース、所要時間

ひるがの高原登山口 6時
一ぷく平 7時27分
大日ヶ岳山頂 8時43分
一ぷく平 10時20分
登山口 11時27分

関東の人には聞きなれない山だと思う。じゃあ、関西では メジャーな山かというと、決してそんなことはない。では、 この山がどこから出てきたのかというと、山ヤさんには怒 られそうな理由から選ばれた。

同行者が、京都の人である。西の方始発だと、登れる山は どうしても限られる。限られる中で、彼女は登れる山の沢 山を知らず、僕は僕で土地勘がない。土地勘がないときに 頼りになるのは、二百名山のリストである。もちろん完登 を目指すとか下衆なことをするわけではないのだが、土地 勘がない地域で足がかりをつくるには、あのリストという のはわりと便利に使えると思う。
白山と荒島岳は登ったから、あの周辺で京都始発でふつう にいける距離の二百名山で、ということで選定されたのが 大日ヶ岳だった。

登山口の選定はもっと怒られそうだ。登山口がいくつかあ る山だが、山と高原地図のはじっこに載っている山で、登 山口から山頂まで全行程が地図上に載っていたのがこのルー トだった。

そんなわけなので、実は多くを期待してはいなかった。だ が、この山はなかなか良かった。

最寄りのICは東海北陸道・ひるがの高原SA(ETC専用)と なりますが、京都から中部縦貫道を走って白鳥西ICから 一般道を走ります。登山口すぐ手前簡易水道施設わきに 駐車場がありますが、明確に駐車場と書かれていないの でいったん通過し戻り駐車します。

登山道はブナ林を主体とした美しい森で登山道はわりと ひろく刈払いされています。非常に歩き易く、ゆるい感 じで気持ちのいい登山道です。まだ森は青いですが、時 期がくればいい色に染まるであろうことは容易に想像が つきます。

わりとゆるい感じの傾斜を上がっていきますと、一ぷく 平という森の中の小広場に出ます。ここまで標準CTは 1時間30分、ここから先山頂まで1時間30分となっ ています。3時間でしかも往復14キロと決して容易 ではない山ですが、それを感じさせません。後半は若 干急で滑り易いところもありますが、そういうところ では少し秋めいた風が足を慰めます。夏は暑そうです が、秋が深まってくるに従って良くなってくる山に思 えました。

山頂すこし手前に「展望台」というところがあり、そ こから5分か10分ほどで山頂へ出ます。山頂の三角 点は一等で、その名に恥じず展望はなかなかの絶佳。 設置された展望盤にはぐるり一周山の記載が欠ける方 角がありません。白山方面はこの日は雲の中でしたが、 乗鞍はよく見え、木曽駒空木あたり、恵那山っぽいも のも視界に入ります。もうちょっと右手の方を見ても 残念ながら顔なじみの山はほとんどありません。

山頂には少し広いスペースがあり、テントを張ると非 常にいい気分になれそうです(張ってOKかどうかは確 認できず)

いい気分で下山してきましたが、すれ違った登山者は 2組2名。山頂に1人という静かな山でもありました。 平日とはいえ、とても「バリュー」な山だな、と感じ た1日でした。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート ひるがの高原登山口‐一ぷく平‐山頂 往復
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 さほど難しいところはありませんが、初心者にはちょっと行程が長めかも。
所要時間 登山口‐一ぷく平 1時間30分
一ぷく平‐山頂 1時間30分
他の季節 不明
トイレ ありません。分水嶺公園か、植物園のトイレを使います
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 山頂
交通 最寄りのバス停から登山口まで徒歩40分とのことです
登山計画書 出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/09/14




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net