サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

6月7日 磐梯山

体が登山を拒否する中無理矢理家を出る。夜中猪苗代リゾートスキー場へ到着するが、このルー トは妙に踏み跡が薄く見えたので避けることにして八方台へ。少し遅い時間に目を覚ますも体が 起きることを拒否し、珍しく遅い入山時刻となる。
そう遠くない昔車道であったと思われる道を歩き20分ほどで中の湯跡。ここからは登山道も幅 を変えやや急なのぼりに変わる。崖っぷちへ出ると松原湖方向、吾妻山や安達太良山の展望。
1500m付近ではツツジが咲いているが花の時期ではなかった模様。1600m付近でお花畑 方向への分岐だがこの場所で最も展望に恵まれる。こちらのほうも花にはやや早かったのか。櫛ヶ 峰から沼ノ平、そして花の背景に入る磐梯山の山頂。花の方は山の中で咲く黄色いのと白いのと 紫のは区別を諦めているがおそらくミヤマキンポウゲかミヤマキンバイかのいずれか。
まもなく弘法清水なる湧き水が出ている地点に行き、ここで休憩。1700mあたりから潅木帯 になり高度感も出てくるが、ここから先はあっけなく山頂へ到着。少しペースが遅いせいか、歩 き足りない位の感覚である。
山頂からの展望は一周360度だが、猫魔ヶ岳あたりははっきりと見えるものの猪苗代湖はすで に心で見る状態。ほとんど霞みしか見えない360度、といったところ。櫛ヶ峰、安達太良山、 吾妻山がなんとか見えている北東方向を食事場所に確保してゆっくりしたあと昼寝を交えてゆっ くり下山。

 7:00入山
 8:40山頂
 9:30山頂
11:20下山

下山後猫魔が岳往復。

写真 こちらが磐梯山になります。
写真 弘法清水あたりから。磐梯山を背にしたところ。
写真 少しひいたところ。お花ですね。
登山道を歩いているだけではありつけない場所
写真 遠景は吾妻山方面です。
写真 弘法清水小屋。水は出ていました
写真 こちらが以前火口だったのでしょう。スキー場のほうからくるとこの下をぐるっと回ってあがってくる格好になります。
写真
猫魔ヶ岳からみる磐梯山。結構格好いいでしょ。
1時間くらいで登れるからついでにどうぞ。
写真 樹木の様子。すぐ森林限界をこえます。
写真 こちらは山頂から・・・・
写真 でもって、登山口付近。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 八方台登山口往復+猫魔が岳往復
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 とくに難しいところはないと思います。子供でも大丈夫です。
所要時間 片道2時間半くらい。わりあい時間的には余裕。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 八方台登山口にあり。猪苗代リゾート登山口にはありません。
水場 弘法清水
避難小屋 ありません。弘法清水、山頂とも売店で小屋ではありません。
幕営適地 国立公園内のため幕営できません。
交通 八方台の場合は車になります。駐車場まで舗装。駐車場は砂利敷きで大きいですが、こちらがわには駐車しないでくださいなどと1Kmくらい手前から書かれているところを見るとハイシーズンの週末の混雑は相当なものなのでしょう。
マイクロ可
トレーラ可だが時期により自粛
キャブコン可
登山計画書 登山口で提出可。用紙も用意してあったようだが事前に用意していくこと
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他 最短ルートですが、決して悪いルートではありません。通常は猪苗代スキー場から登られており、のぼり3時間+程度とのことです。猪苗代リゾートからですとスキー場の中を歩くことになり、また道も荒れているのであまりおすすめではない様子です。

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net