サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今週は敗退です。6日、安達太良山へいってきました。
(奥岳登山口〜)

安達太良SAで一夜を明かしまして、朝奥岳登山口へ出撃します。
道路は所々圧雪が残っていてノーマルタイヤでは心もとない感じです。 登山口につきまして、準備をしますが、折からの強風です。車の中に 置いてある荷物が*びゅ〜〜〜*っと飛ばされてね、こう、おっとっ とっと、とか言いながら走って回収します。道路の向こう側まで。朝 から無駄に運動しちゃったとか言いながらスキー場のわきを歩きます が、途中の道標にだまされて道を間違えてしまいます。

やばい、橋爪さんがウツッタ

とかいいながら、ひーひー登りかえすこと3m。ようやくもとの登山 道に戻ります。そうだよなあ夏ばこんなところ歩かなかったもんなあ。 積雪は30センチくらい。つぼ足でもほとんど沈みません。想像して いたよりは楽でした。まあ、この位なら余裕で日帰り。と思って左を 見ます。左にはスキー場があって、ゴンドラが見えています。でも、 もう9時になろうというのに、いつまでたってもゴンドラが動きませ ん。どうやら今日は強風のためゴンドラは運休のようです。帰りはゴ ンドラで帰ってくるつもりだったので、これでは山頂へいけません。 しょうがねーなー、今日は山頂へはいけずに、温泉に入ってぷふーまっ たり、ってして帰ってくるようか。やったラッキー、と意味不明な思 いで勢至平へ出たら、くろがね温泉〜♪などという甘い思いはあっけ なくうちくだかれてしまいます。いわく、

シュゴ〜〜〜〜!!!バチバチバチィ〜〜〜!!

たっていられないほどではないですけど、でも、サングラスに雪があ たって前が見えません。もう勢至平の上まできているから、くろがね 温泉までは30分かかるかかからないか位の場所。僕1人なら温泉ま ではいったかもしれないのですが、ちらっと「わたしの一名山」とい う本の蝶ヶ岳の項が頭に浮かんでしまったので、ここは無理せず敗退 です。
一緒に出発して追い越していった人は、余裕でいってしまったみたい だなあ。やっぱり経験者は強いなあ、と思っても、そこは自分の力量 を冷静に判断した上だから仕方ない。

それにしても、またくろがね温泉に入ることができなかったしょぼり。 来冬こそは、温泉入ってビール飲んで、いい心持ちで山頂に立つぞ。


高い交通費払ってそのままでは帰れないので、いっちょスキーレンタ ルして滑ってやるかとも思ったのですが、なにしろゴンドラが動いて ない位だから結構なリフト待ちができている。リフト待ちは悲しいの で那須へ走って鹿の湯へ入ってきた。でもさ、那須の方はほとんど風 らしきものは吹いてなくて、あ〜あ那須岳だったら余裕だったなあ、 と最後にまた橋爪さんごっこをしてしまった次第でした。

僕は直接くわしい話をきいたわけではないので正確な伝聞ではないの ですが、勢至平まではツボ足でいけるものの、わかんが必要な場所も あるそうです。わかんか、まあ地形的にはスノーシューでもいいと思 うのですが、どちらかを持参されるのが安全と思います。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 奥岳登山口〜勢至平 往復
地図 Yahoo! 安達太良山
地形図 安達太良山
難易度 那須岳と非常に地形的に近いように思うので、おそらく安達太良山も冬季は風が強いのが常なのでしょう。僕が歩いた範囲内では ツボ足でも歩ける程度で30センチ前後でしたが、未確認情報ではわかんも必要という話もありましたので、わかんを持参 されるのが安全と思います。冬季でも入山者はそこそこいます。冬山としては初級〜中級くらいの山ですが、このサイトの基準からいくと☆☆☆。

以下は無雪期の情報です。馬の背は地面が滑りやすいくだりがあるので風が強いときは少し怖いかも。慎重に行けば大丈夫。
それ以外(牛の背を含め)に危険なところはないと思います。
無雪期のゴンドラ終点〜安達太良山往復なら運動靴+雨具程度の装備でも大丈夫。初心者でもOKです。
火山ですので沼ノ平やくろがね小屋西などの立ち入り禁止区域へは入らないこと。
所要時間 以下は無雪期の情報です。当方のルートだと登り3時間程度、くだり2時間程度。最短ルートならのぼり1時間強
他の季節 冬は積雪深い。入山者は多いが僕の友人も敗退しているので、さほど甘くはない様子。3月頃は冬山入門の山とされている。
個人的には9月の、秋らしい移動性の高気圧が入ってきて急速に冷え込んだ日が、すっきりした空模様になっていいのではないかと思うのですが。多分夏と紅葉の端境期で人出も少ないことでしょう。
積雪は吾妻山より少ないと思い、4月頃なら残雪の山、GWだと念のためアイゼン持参、といった感じではないかと思います。
トイレ 登山口にはありますがゴンドラ営業時間内のみと思います。ゴンドラ終点は不明。山頂にはありません。
水場 流れている場所はありますが飲用に適するかどうかは不明。
避難小屋 鉄山の避難小屋は鉄山のピークの北側になります。
幕営適地 国立公園内のため幕営できません。
交通 バスもありますし、登山口へは4号線から比較的アクセスもよく道路もある程度道幅があります。駐車場まで舗装
今回はトレーラを引っ張っていきました。
トレーラ可。8mサイズでも大丈夫です
マイクロ可
大型バス可
キャブコンまったく問題なし
登山計画書 登山口で提出可。用紙も用意してありますが事前に用意していくこと
問合せ先・参考文献 二本松市役所
http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/
その他

このサイトにはこの山の他の記録があります お探しの情報がみつからない場合Backボタンも試してみてください
最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net