サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

(磐梯山)

磐梯山はなんか行く機会のない山でした。でも山が悪いわけでな く、本当になんとなくです。このへんでは安達太良山があるから、 比較するとどうしても安達太良のほうへ足が向いてしまう。それ だけです。安達太良は東北道のインター目の前だし、磐梯山はそ れから比べると磐越道も走んないといけないし、だいぶ遠い気が します。
紅葉に当たりそうだろうと思って、磐梯山へ行こうと呼びかけま したが、あそこまで百名山ハンターさん同行ででかけて磐梯山だ けで帰ってくるわけにもいかずオマケがくっつきました。

磐梯山はコニーデですが、北東側が欠けています。
1888年の爆発で桧原湖ができた、とありバリバリの活火山で すが、登った感じではそんな痕跡は見当たらないように思います。

八方台は、…最短ルートって書かれていますね。まあでも、スキー 場の中を歩くのは興ざめなので、この登山口でいいと思います。 あちこちに登山道は開かれていますが、ことごとくスキー場を踏 まないと登れない山のような気がします。
八方台へは公共交通機関はないのでタクシーを頼むようです。

2時頃登山口へ入って、登山口で仮眠です。

八方台を6時15分にスタートしまして、しばらくは林道様なと ころを歩きます。この林道跡は供用していませんがジムニーなら 走れないことはない位です。普通に終点には車は止められません が。
植生はブナ。紅葉は登山口付近でなんとか見ごろでやや遅きに失 した感があります。
30分ほどなだらかな道を歩くと中の湯温泉(跡)に到着します。 青白い溜池と透明の溜池があって、ここでは書けませんがメンバー の1人が立ち入り禁止の向こう側へいって温度を確かめてきたそ うです。それによると、遠くから伝聞で聞いただけですが場所を 選べば足湯はできるそうです。
新しい地図には危険マークがついていますが、これはまあ有毒ガ スってことで、登山道をはずれなければ別に危なくはないと思い ます。
中の湯から弘法清水までは1時間…と、10分に僕の地図はなっ てますね。前半は階段まじりの若干きつい登りで、後半はトラバー ス気味。東側が展望が出るところがあって、銅沼(あかぬま)か ら桧原湖あたりが一望です。
距離標が2箇所立っていて、0.3キロ標のところに分岐があり ます。お花畑の分岐なんですけど、展望もいいんで花の咲かない 今時期も回ってみるのがおすすめです。
弘法清水の水場はよく出ています。水場の前に小屋がありますが 売店。宿泊はやってない感じです。
弘法清水から少しあがったところが山頂。展望は首を回して見落 とす方向はないですが、この日は吾妻山と安達太良山、それに猪 苗代湖くらいのもので遠くはかすんでいました。天気のいい日だ と飯豊なんかも見えると思います。

地図が新しくなって1時間55分登頂の山が2時間5分登頂の山 に変わりましたが、山が成長したわけでもなく、まあ体力的には 余裕だと思います。
帰りは往路を下山します。

(安達太良山)

続いて安達太良山です。猪苗代磐梯高原ICから二本松ICへ向 かいまして、奥岳登山口へやってきます。今日2座目なのでゴン ドラであがって、…ゴンドラ終点から1時間なんだから、書くこ とは何もないよな。観光客がつっかけで登るくらいの山です。展 望はでます。山頂に立って、往路下山です。
まあ…やっぱり、安達太良山はくろがね温泉小屋で温泉入って帰 らないと片手落ちのような気がしますね。っていうか、ゴンドラ であがって1山ゲット??

(西吾妻山)

これで満足して帰りたいところですが、帰してくれません。突然 1泊することになって、翌日西吾妻山です。やだねえ百名山ハン ターは。もう疲れたから帰ろうよ。
吾妻連峰は大きくてつかみどころのない山塊ですが、東の一切経 山と西の西吾妻山が顕著な(というほどでもない)ピーク。最高 峰は西吾妻山ですが、これがまた何の変哲もないところに山頂が あって、しかもまったく展望がないという地味を地でいく山です。 最短コースは天元台からリフトを使ってあがると1時間半くらい なのですが、今回は前回同様デコ平を使います。おそらく、この 登山口が東京に一番近い登山口です。一山こえて向こう側は山形 県。反対側へ出るともう米沢だから、ただでさえ遠い山です。正 直、反対側まで車を走らせるのは鬱が入ります。

グランデコスキー場のわきから林道に入りますが、入り口がちょっ とわかりにくいかもしれません。第一駐車場と第二駐車場の間あ たりが入り口ですが、まあちょっとグルグルしてください。林道 は気持ち荒れているところもありますが、僕の車でも下を摺らな いくらいだから普通車でも余裕です。でもまあ、今時期はデコ平 まで車をあげずに、ゴンドラで40分ばかりショートカットする 人の方が多いでしょうね。グランデコのゴンドラは営業期間がちょっ と変わっているのでゴンドラを使うつもりならよく調べていった 方がいいです。別に使わなくてもデコ平までいく手段を持ってい るようなら、デコ平からでも3時間登頂の山ですし途中の湿原が いい感じだから下から歩いた方がいい。
登山道の様子は…もう地味すぎてやってらんない。途中でスキー 場の中へ出るし。僕が以前迷ったところには道標がつけられまし た。あとはもう地図のとおりで危ないトコもないです。
水場は確認しませんでしたが、出てなかったっぽいです。避難小 屋は程度普通で宿泊に適すると思います。ゴンドラ終点の周りは 人だかりになってたから、静かな山がいい人はゴンドラが動いて いる時期は避けるのが吉ってこった。

帰りは往路を下山します。

実は来年あたり東吾妻から西吾妻へむかって縦走しようと思って たんだけど、これで行っちゃったから、来年はなさそうだなあ。 デコのスキー場から浄土平までタクシー頼むと1万5千円くらい だから、3人くらいで割ればメチャメチャな金額でもない。

結局まあこの3山の中では、はじめから行く予定にしていた磐梯 山がいちばん良かったかなあ、と思いました。

写真 駐車場はここを使います。下山してきたときは車があふれていました
写真 登山口の様子。右を見るより左を見て走った方がみつけやすいでしょう。
写真
写真 なんかボケちゃってますが、登山口のトイレ。見た目よりは中は綺麗です
写真 読めるけど書けない。登山届けを書くのに字を練習していった方がいいかも
写真 中の湯温泉付近
写真 中の湯跡の建物
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 弘法清水の小屋。
写真 水場の様子。よく出ていました。
ここが4合目で山頂が5合目なのは、元来磐梯山はもっと高い山で山頂が吹き飛んだためゴニョゴニョ、ということらしい(伝聞)
写真 磐梯山を見上げる
写真
写真
写真
写真 磐梯山の山頂です
写真 櫛ヶ峰を見る
写真 お花畑から磐梯山
写真 紅葉は登山口付近で見ごろでしたので、涸沢の1週間おくれ位と考えていいんじゃないかな
写真 まあ、涸沢の様子を見ながら磐梯山へ行こうという人はそうはいないでしょうけど
写真
写真 道標は必要にして十分です。まあ、迷うようなところはありませんけど
写真
写真
写真 場所がかわりまして安達太良山です。仙女平分岐から乳首を見上げたところ
写真 鉄山方面を見る。
写真
写真
写真 山が変わりまして吾妻山です。磐梯山遠景
写真 西大巓の山頂
写真 西大巓から西吾妻山を見る
写真 西大巓を見返す
写真 登山道の様子。樹林帯の中はけっこう木の根を踏んで歩くようなところです。
写真 西吾妻山の山頂。展望はありません
写真 西吾妻の避難小屋
写真 内部の様子

区切り線

*磐梯山のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 八方台登山口−弘法清水−山頂 往復
地図 Yahoo! 磐梯山
地形図 磐梯山
難易度 とくに難しいところはないと思います。子供でも大丈夫です。
所要時間 八方台−中の湯温泉跡 30分
中の湯温泉跡−弘法清水 1時間10分
弘法清水−山頂 25分
山頂−弘法清水 15分
弘法清水−中の湯温泉跡 45分
中の湯温泉跡−八方台 20分
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口にあり綺麗
水場 弘法清水。よく出ていました
避難小屋 ありません。弘法清水、山頂とも売店で小屋ではありません。
幕営適地 ありません
交通 八方台の場合は車になります。駐車場まで舗装。駐車場は砂利敷きで大きいですが、こちらがわには駐車しないでくださいなどと1Kmくらい手前から書かれているところを見るとハイシーズンの週末の混雑は相当なものなのでしょう。
マイクロ可
トレーラ可だが時期により自粛
キャブコン可
登山計画書 登山口で提出可。用紙も用意してあったようだ
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他 最短ルートですが、決して悪いルートではありません。

区切り線

*安達太良山のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート ゴンドラ終点〜安達太良山〜ゴンドラ終点
地図 Yahoo! 安達太良山
地形図 安達太良山
難易度 馬の背は地面が滑りやすいくだりがあるので風が強いときは少し怖いかも。慎重に行けば大丈夫。
それ以外(牛の背を含め)に危険なところはないと思います。
無雪期のゴンドラ終点〜安達太良山往復なら運動靴+雨具程度の装備でも大丈夫。初心者でもOKです。
火山ですので沼ノ平やくろがね小屋西などの立ち入り禁止区域へは入らないこと。
所要時間 ゴンドラ終点−仙女平分岐 35分
仙女平−山頂 35分
他の季節 冬は積雪深い。入山者は多いが僕の友人も敗退しているので、さほど甘くはない様子。3月頃は冬山入門の山とされている。
個人的には9月の、秋らしい移動性の高気圧が入ってきて急速に冷え込んだ日が、すっきりした空模様になっていいのではないかと思うのですが。多分夏と紅葉の端境期で人出も少ないことでしょう。
積雪は吾妻山より少ないと思い、4月頃なら残雪の山、GWだと念のためアイゼン持参、といった感じではないかと思います。
トイレ 登山口にはありますがゴンドラ営業時間内のみと思います。ゴンドラ終点は不明。山頂にはありません。
水場 ありません
避難小屋 鉄山の避難小屋は鉄山のピークの北側になります。
幕営適地 国立公園内のため幕営できません。
交通 バスもありますし、駐車場まで舗装。登山口へは4号線から比較的アクセスもよく道路もある程度道幅があります。
トレーラ可。8mサイズでも大丈夫です
マイクロ可
大型バス可
キャブコンまったく問題なし
登山計画書 登山口で提出可。用紙も用意してありますが事前に用意していくこと
問合せ先・参考文献 二本松市役所
http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/
その他

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート デコ平→西吾妻山往復
地図 Yahoo! 吾妻山
地形図 吾妻山
難易度 とくに難しいところはないと思います
所要時間 デコ平−ゴンドラ終点 45分
ゴンドラ終点−西大巓まで1H40
西大巓−山頂 45分
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ デコ平のトイレは仮設で1つしかない。少し下だが五色沼のビジターセンターに綺麗なやつがあり。
水場 西大巓と西吾妻の鞍部。未確認ですが出ていなかったっぽいです。
避難小屋 山頂直下。50人程度宿泊可。きれいです。
幕営適地 国立公園内のため幕営できません。
交通 公共交通機関でしたら天元台が便利ではないかと。デコ平からの入山は車が便利と思います。
スキー場からデコ平までは未舗装になりますが、道はさほど悪くありません。普通車で十分入れます。
マイクロ不可。ま、夜つっこんでしまえばなんとかなると思いますが離合はなあ。
トレーラ不可。
キャブコン可
山菜取りっぽい人が林道わきに結構車とめているから、基本的に太い車はダメ。全幅2mあったら昼間は帰ってこれない可能性が高いです。E350はもとより、シボレーアストロとかでも危ないかもしれない。
グランデコスキー場の駐車場は、無雪期は止め放題だと思います。観光バスも大丈夫でしょう。
登山計画書 登山口では提出できません。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  東吾妻の浄土平から西吾妻のグランデコスキー場まで、車で縦走する場合、グランデコスキー場から浄土平までのタクシー代はおよそ13000円程度だそうです。

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net