サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   


安曇野の春は遅く、上高地の春はさらに遅い。

今でこそ上高地はスノーシューの絶好のフィールドとして、冬場でも平日休日 問わずいくつものグループを見ることができるが、さりとて車の通わない場所。 大正池から河童橋まで歩けば、どこかしらゆったりした時間が流れて、静かな 時間を満喫できる場所がある。その、静かな場所は、GWがやってきて、春の 息吹とともにバスが通いはじめる。シーズンの訪れ。スノーシューでポタポタ するだけの人を迎え入れるだけのひっそりと冬を越した上高地は、GWになっ て一気に人を迎え入れるわけだ。

蝶ヶ岳

目立たぬピークである。槍や穂高をジャイアンツとするならば、上高地から見 上げても樹林の山という雰囲気でいかにも精彩を欠く。
隣に常念岳という立派な山があって、しかもこれが安曇野の里からよく見える。 隣に偉大な山を抱えた不遇で、名山リストとやらからことごとく見放されてい る山だが、が、しかし、この稜線からの展望は特級品である。

今年の春先は、大波乱の目がでた。力量のあるパーティ、初心者としか思えな いパーティ、いずれも混ざって、次々に雪崩に飲まれていった。GWにも一波 乱あるだろうと思えば、案の定針ノ木で死者が出る、よくない年になった。こ の中でなかまうちが涸沢から穂高へ向かったが、僕は山と勝負しようと思わな い。そういう生き方で、僕は生きようと決めたわけだ。


で、蝶ヶ岳である。ルートの大半が樹林であることが功罪し、最後まで展望に は恵まれないが、その代わりに、春山シーズンでは比較的安全に登頂ができる 山である。ひどく臆病で石橋を叩いて壊すタイプの、登山指導員は「ピッケル がないの?ピッケルがないと手元がさびしいなあ」と言っていたが、蝶ヶ岳な ら一体どこでピッケルが要るというのだろう。6本爪のアイゼンとストックで 登れる、入門者向けの格好の山であろう。積雪は例年になく多いと言ったが、 ピッケルが必要な地形はなかったし、地形が変わるほど積もっていたらどちら にしても撤退である。で、初心者1名をつれての登高になった。



1日目はバスで上高地へ入り、徳沢まで歩いた。徳沢までの梓の川沿い の散策だから、お昼すぎについた。上高地はバスも入りきらないほどの 喧騒だが、河童橋を過ぎると人気も少なくなる。とはいえ、GWだから 冬の上高地からは考えられないような人出。初心者が一緒なので、ペー スはゆっくり目で、観光客にも追い越される始末だが、明神岳の雄姿を 愛でながらテクテクと2時間ばかりの行程である。いつもであればニリ ンソウも咲き始める時期であろうが、今年は例年にない積雪。上高地の 遊歩道の上で雪を踏むほどの残雪に見舞われる。
この日は例年であれば芝生が出ている徳沢で、雪の上にテントを張った。

2日目はいよいよ長塀尾根にとりつく。上高地の散策路の上に雪が出て いる位であるから、樹林の長塀尾根は全域で雪まみれであろう。はじめ からアイゼンをつけていくが、これが正解であったようだ。時間はかか るがサクサクと小気味良く登る。トレースはバッチリついていたが、以 前にもまして目印が減ったように思う。トレースがついていなかったら 相当読図はしんどい思いをすることだろう。長塀山はふたたびわからな いうちに通過してしまった。長塀山をすこし過ぎたところで、穂高の真 白で神々しい山々が見える小広い台地があったので、ここで昼食とした。 樹林が疎らになり、空が広がってくるとほどなくして蝶の山頂部へ出て くる。少し右の上の方に小さな雪庇が出ていたが、崩れるほどではない。 ないが、ここでは休憩に入らず速やかに通過するのが礼儀だ。連れがしょ うもないところで休憩に入ろうとするので、もう15m進んだら振り返っ てと声をかける。振り返ると、南アルプスまで一望である。もちろん僕 は蝶には来たことがあるし、この展望は予想済みである。であるが、う れしいものはうれしいものだ。

長塀山から蝶まではCT1Hとなっているが、どう少なめに見積もっても 1H30はかかるだろう。雪の間であればなおさらで、僕らの足で蝶まで 6時間少々かかっている。追い越される一方ではあったが、そんなに遅い ペースではないので、この時期は上高地から一気に蝶へ上がるのは、それ なりのアルバイトと考えたほうがよさそうだ。

蝶からの日の出は安曇野の里ごしで少々パッとしないので、夕日勝負にな る。穂高の大キレットごしに太陽が沈むが、少々低い位置に雲が出すぎた ようでどんよりした重苦しい仕上がりになってしまった。 夜半は予想通り強風になったが、これは予想の範囲内。しっかり張り縄を 張って、風の向きを考慮してテントを張ったので安心して寝ることができ た。僕がはじめて蝶にきたときは、テントも張った向きも、張り方もよく なかった。で、テントの天井が口に覆いかぶさるほど風に吹かれて一晩た いへんな思いをしたものだ。年をかさねて、だんだんこういうのもうまく なってきたものだ。

3日目は名残惜しい展望をあとに上高地へ下山する。バスの列に並ぶ力も 残っていない連れにソフトクリームを食わせて、気分よく列に並ぶ。よう やくバスが動き始めたら、今度は交互通行とかで散々待たされた。待たさ れて帰ったのでは気分がよくないので、最後は白骨温泉でいい気分になっ て、帰りは道の駅上宝で岩魚の塩焼き定食を食べてお腹も満たされた。

蝶への往復だから僕は少々歩き足りない気分だが、春の青空は高く澄み 渡っていた。


写真 建て替えられた上高地のターミナルビル
写真 こちらは凄いバスの数でした
写真 だそうです
写真 で、上高地からの展望
写真 梓川沿いを歩くのですが、人だらけ…
写真 河童橋です
写真 小梨平の少し奥あたり
写真 明神岳
写真 明神で休んでいる人もこんな感じで、すごい人出でした
写真 明神館
写真 夕食のおかず
写真 穂高の山々
写真
写真
写真 シェイクシェイク
写真 樹林の中も残雪たっぷりです
写真 ふりかえると穂高が見えますが、山頂まで我慢我慢
写真
写真 樹林が薄くなってきたら山頂は近い
写真 山頂に出ました。新しい道標がたってますが、安曇村…今は松本市ですってば。
写真 蝶のテント場はこんなかんじで
写真 こいのぼりをたててみました
写真 で、夕日です。
日のあたってるところが大キレットで、右側が槍です
写真 で、これが穂高
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 はいはーい帰りますからね
写真
写真
写真 徳沢から上高地へ向かって歩いているところなんだけど、こんなに残雪がありましたびっくり
写真 最後に明神岳をお楽しみください

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 上高地→徳沢→長塀山→蝶ヶ岳 往復
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 この時期は例年積雪多く、一旦荒れると冬に逆戻りする難しい季節。夏場ならアルプス入門として適当
所要時間 上高地→徳沢 2H
徳沢→長塀山 4H
長塀山→蝶ヶ岳 1H30

上記の時間は夏時間です。残雪期はもう少し時間がかかる可能性があります。
他の季節 GWからシーズンインしますが、GWの蝶ヶ岳は春山で、例年でもたっぷりの残雪を踏むルートです。山頂直下まで樹林帯ですのでさほど難しいルートではないですが、荒れれば冬山に逆戻りという気持ちでおでかけください。長塀尾根の雪が消えるのは6後頃で、6末くらいからが無雪期と考えていいでしょう。8末くらいには防寒着も少し多めにして、無雪期装備でいけるのは10初くらいまで。それ以降はいつ雪が降ってもおかしくないと考えた方が安全と思います。
冬場もそこそこ登っている人はいるみたいですが、経験者のみの山と考えた方が安全でしょう。長塀尾根はトレースがなくなると、難易度が2段階くらいアップします。
トイレ 各登山口・各小屋にあります。
水場 徳沢は水は無料。蝶の小屋は有料で手に入ります。
避難小屋 ありません
幕営適地 国立公園内のため幕営できません。徳沢と蝶が岳ヒュッテが指定地になっています。蝶が岳のテント場は3分も歩くと槍穂が正面に見える絶好のロケーションです。
交通 新島々、もしくは新宿駅などからたくさんバスが出ています。
車の場合は沢渡駐車場にとめて、バスに乗り換えて入山します。駐車場まで舗装。トレーラは このへんこのへんに置けるスペースがあります。(後者は牽引免許サイズも可)
少なくとも沢渡上駐車場にはマイクロバスや観光バスをとめるだけのスペースはあり時々とまってますが、どういう扱いになっているかはわからないので松本電鉄に問い合わせてみた方がいいでしょう
登山計画書 登山口で提出可。用紙も用意してあったようだが事前に用意していくこと
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他
このサイトにはこの山の他の記録があります お探しの情報がみつからない場合Backボタンも試してみてください
最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net