サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

大菩薩−笠取(小屋)間を歩いてきました

上日川峠〜大菩薩〜まるかわ荘〜柳沢峠〜板橋峠
〜倉掛山〜白沢峠〜鳥小屋〜笠取小屋(泊)
〜雁峠〜新地平



mixiのあるコミュで笠取から大菩薩間の話題が出た。僕はまだこの区 間を歩いてなかったのででかけることにした。このルートは多摩川源 流・東京都の水源の森を巡る山旅になります。地質的には南北に連な る花崗岩の層の上が大半で、風化しやすくなだらかな丘状の地形になっ ています。大菩薩嶺付近は堆積岩が主なようです。


当初この4日間は蝶〜常念にあてる予定だったのだが、曇り曇り雨の 予報。曇りで行っても楽しいところでないし、吹雪の北アルプスにつっ こむ勇気は毛頭ないので早々に予定変更です。




朝一に柳沢峠へまわって3人分(12L)水をデポして、上日川峠へ 車を回します。すでに何かガサゴソやってる人もおりましたが基本的 に静かな上日川峠を朝4時30分スタート。

上日川峠からは唐松尾根をあがって雷岩へ。展望は絶佳になりまして、 南や富士山が良く見えます。雷岩で1度目の休憩。

大菩薩嶺は展望のないピーク。すでに先客がおりました。
ちなみに、何度も書くけど大菩薩嶺のことを大菩薩岳と言う人は、ぜっ たい深田本の読みすぎです。読んでるだけマシですが(意味不明) 本当は嶺より峠のほうがいい場所ですが、今回は時間の都合上峠まで は回れません。大菩薩嶺は嶺から峠へ足を伸ばすだけでもいいけど、 もっと足を伸ばすといろんなところがあるから、けっこう奥の深い山 だと思いました。
ちなみに、介山の話は、僕は大菩薩嶺という山を語るときに持ち出す のはバカバカしいと思っています。


大菩薩嶺からの北面はコケにおおわれた薄暗い樹林。いい樹林ですが、 悲しいほど下ります。登った分をほとんど吐き出してしまいました。 山頂直下は雪が若干残っていて避けながら歩きます。アイゼンは使い ませんでした。

まるかわ荘から六本木峠を経て柳沢峠へ。ほとんど標高差のない、明 るい樹相の歩きやすいいい道です。

柳沢峠で昼食。デポした水を回収してずっしりと重くなったところで しんどい階段ののぼり。先頭が歩き方が下手だったので先頭を交代し てトップに立ちます。40分ほどで登りきったところが柳沢ノ頭。ハ ンゼの頭では大展望がひらけます。ハンゼの頭をこえてしまえば厳し いアップダウンはありません。電波塔のわきを回り込んで進みます。


三窪高原は、前にきたときが一番ノッていた2005年のこと。その 後、登りたい山のリストというものに「1度いったが、今度は花の時 期にね。」という注釈つきで入れた。だけど…

また、花の時期をはずしてしまいましたね。今月の来月でまた行った りはしないだろうから、またしばらくおあずけになりそうです。



三窪高原からしばらく歩いていくと防火帯に入ります。
板橋峠付近でいったん林道へおりたちます。板橋峠からは防火帯を歩 きます。

板橋峠を過ぎて、1663の10分くらい手前で朝日になりました。 鞍掛山は若干南面がひらけるピーク。

鞍掛山先30分くらいのところで突然防火帯が終了します。
「…」
うーんと思いましたが、正面にうすい踏み跡があるのでつっこみま した。つっこみましたが、ちょっと不安だったのでちょっとひきか えします。
「そっちだよねー」
ふるふる
うーんじゃあずいぶん踏み跡が細いけど、これでいいのか…
とりあえずつっこんでみることにします。尾根は外しませんが、地 図上ではちょっと尾根を外すことになっているので若干不安です。 でも、もうちょっとつっこむと道形がはっきりしたので安心です。

ほどなくして防火帯を出て、白沢峠へ。広い峠です。トラックが 1台うち捨てられています。ここからは旧林道のようで、だいぶ 広い道を歩きます。
1513をこえたあたりで1名リタイヤ。白沢峠へひきかえして 白沢橋へ下山します。体調不良ならついて下山するところですが、 そういう理由でないので別動にします。僕等は笠取へ向かいます。

鳥小屋(1703)をまわりこんだところから林道を歩くように なります。このあたりは登山地図では地形が読みきれないので地 形図がいいです。なんか、いちばんおいしいところが林道歩きな ようでちょっとがっかりです。

ほどなくして笠取小屋へ。若干早いですが、雁坂へは若干遠いの でここで2泊目の天とすることにします。僕はテントで待ってい て、1名笠取空身で往復。夕方から雨にかわりました。

天気予報は明日雨、あさってもぐずつくよう。もう1名もリタイ ヤになってしまったので甲武信はあきらめて新地平へ下山するこ とにします。

初日もう1時間半くらい詰めていれば、2泊目雁坂で3泊目が甲 武信だったのですが、ちょっと計画的に無理があった。甲武信を 狙っていたので冬山装備だったからちょっと足が遅かった。

3日目が晴れだったら3泊目笹平(破不山避難小屋)で最終日甲 武信だったのですが、雨の中歩くほど気合も入ってない。今回は 大菩薩と笠取の間が歩ければ良かったのでいいことにした。

3日目。朝から雨です。予報からすると意外と朝は持つんじゃな いかと思ったのですが、めんどくさい撤収です。あとは雁峠から 新地平へくだります。


車の回収

車の回収は平日で甲斐大和から上日川峠へのバスがない日なの で、西沢渓谷から山梨市行きのバスにのって、窪平バス停で下車 (500円)、窪平からタクシーで上日川峠まで(約6000円) タクシー会社は窪平バス停の目の前にあります。
休日であれば山梨市駅(もしくは塩山駅)へ出て、甲斐大和まで電 車にのって、最終の上日川峠行きに乗れればいいんですけど、僕の 使った方法のほうが早いと思います。


ま、冷静に考えなくても、電車とバスを乗り継いだほうが素直です。 電車とバスででかけられる地理条件にある人は。

写真   福ちゃん荘です
 写真  
 写真  
 写真  登山道はこんな感じ
 写真  
 写真  富士山
 写真  雷岩からの朝日
写真   
 写真  大菩薩の山頂
 写真  積雪は多いところでこの位
 写真  
 写真  まるかわ荘
 写真  
   
写真   
 写真  
 写真  
 写真  六本木峠の様子
 写真  柳沢峠の様子
 写真  柳沢ノ頭からの富士山
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  これでおしまい

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート ロッヂ長兵衛−大菩薩嶺−丸川峠−柳沢峠−ハンゼの頭−板橋峠−笠取小屋−雁峠−新地平
地図 Yahoo! 大菩薩嶺
地形図 大菩薩峠
難易度
所要時間 ロッヂ長兵衛−大菩薩嶺 1H50
大菩薩嶺−丸川峠 1H15
丸川峠−六本木峠 1H40
六本木峠−柳沢峠 45
柳沢峠−ハンゼの頭 1H
ハンゼの頭−板橋峠 1H
板橋峠−倉掛山 1H45
倉掛山−白沢峠 50
白沢峠−笠取小屋 2H40
笠取小屋−雁峠 30
雁峠−新地平 3H
他の季節 以下、大菩薩嶺に関する説明です

正月にいったときは、軽い積雪で軽アイゼンで登れるくらいでした。
4/初にいったときは雷岩−山頂の樹林帯でアイゼンが必要な様子
4/中にいったときはアイゼン不要
だったので、12/末〜3/末くらいが積雪期で、12/中〜GW前くらいはアイゼン持参、といった感じだと思います。
トイレ
水場 笠取小屋
避難小屋 ありません
幕営適地
交通 甲斐大和発発上日川峠行きのバスの運行がはじまりました(4〜11月)。
http://www.koshu-kankou.jp/traffic/bus/da-ka-jikoku.pdf
タクシーはロッヂ長兵衛前まで入ります。駐車場まで舗装

西沢渓谷・新地平
http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/sight/traffic/bus.html
登山計画書
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他 林道

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net