サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
26日、御正体山へ行ってきました(日本二百名山・山伏峠より往復)

登山口の気温マイナス6度と恐らく今冬一番の冷え込み。路面の凍結に 注意しながら、山中湖側からいって山伏トンネル手前右手の登山口へ行 くと入り口の所にチェーンがかけられている。おかげで駐車スペースが 殆ど使えず入り口のところに3台が限度。休日だと入山者に対して駐車 スペースが足りないようだ。
この日は駐車場1番乗りだったので一番いいところに止めて、10分の 仮眠。2番手でのスタートになる。チェーンをまたいで奥のホテル跡ま で行くと左手に登山口がある。入り口には道標が立っているのですぐわ かると思う。ここから上がっていくとすぐに尾根に出る。尾根に出たと ころには道標が立っていないが右手が丹沢方面、左手が御正体山。
尾根に出ると奥ノ岳までは急登の直登が60分。樹林の中なのでほとん ど展望はなく、葉の落ちたこの季節でも富士山を見るには角度が悪くダ メ。暫くは我慢の登高である。
奥ノ岳から5分ほど歩くと送電線の鉄塔の下へ出る。この場所が切り開 かれていて唯一の展望。富士山はふりかえって尾根の右手から見える。 積雪はかなり少なく例年の10月頃の様子。正面の一番高い山が御正体 山になる。
さらに5分ほど進んだ所に真新しい道標。左手は地図にないルートだが 林道から上がってくる道のようだ。正面方向は御正体山1時間50分と 書かれている。ちょっと辛めかな、という感じ。
奥ノ岳から先は中ノ岳、前ノ岳とピークが続くが、軽く下っているとこ ろがあるだけでほとんど下り返さず御正体山までほぼ一本調子の登り。 それもさほどきつい登りはない割合楽なルート。
木は細いがブナ林の稜線歩きで葉が落ちている今の時期は丹沢方面が木 の間から見える。霜柱が融けないので気温は氷点下のままだろう。要所 に真新しい整備されたばかりのベンチ。道標の数も多く道坂峠からのルー トと違ってヤブっぽくもない。わざわざ冬を選んでいったがこれなら夏 場でも大丈夫そうだ。踏み跡ははっきりしている。尾根は細いので落ち たらやばそうなところが2,3箇所あったが実際に落ちるのは相当困難 と思われる。
尾根が広がってくると山頂は近く、祠を過ぎると目の前に見えている一 番高い地点が山頂だ。山頂はある程度広いが山頂からの展望はなし。山 頂標識の数が多くやたら目立つ。ここにも真新しいテーブルとベンチが 整備された。前回登った2001年1月にはなかったものだ。
下山は送電鉄塔のところで30分の昼寝。奥ノ岳を過ぎると車の音が聞 こえてくる。尾根を外れて山伏峠へ降りるところには道標がないので行 き過ぎないよう注意して降りる。

本日の入山者は4パーティと思われ静かな山歩きができると思います。 道坂からも行きましたが御正体山のメインルートはこっちみたいですね。
過剰整備気味と思います。

御正体山は道志最高峰ですが今日現在積雪はありませんでしたので道志 界隈、丹沢山塊は年末年始にかけて積雪なしとみていいでしょう。気温 はだいぶ下がっているので防寒着は十分に。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 山伏峠−奥ノ岳−御正体山 往復。
地図 山と高原地図 富士・富士五湖
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 道標も完備されておりとくに難しいところはありません。
所要時間 山伏峠−御正体山 3H10
御正体山−山伏峠 2H20
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口・山頂ともありません。山中湖畔にあります。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 御正体山山頂など。
交通 駐車場は本文の通り。駐車場まで舗装。公共交通機関の場合、富士急山梨バス
http://www.yamanashibus.com/noriai_ippan.htm
によると、山伏峠までは平日のみ2本となっている。平野までは10本/8本あ るので、山中湖からタクシーを頼むといいのかもしれない。平野バス停から歩い た場合、かなりしんどい日帰りになると思います。
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net