サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

5日、今倉山〜菜畑山(なばたけうら)を歩いてきました。普通に読めな い。
近くで済ませたかったんですけど、丹沢はちょっと食指が動かない。
じゃあ、御正体山の反対だってことで反対側。今倉山までだとちょっと距 離が足りないんで、ちょっと距離的に遠いですが、菜畑山まで。

登山口は道坂峠(どうさかとうげ)を使います。駐車場は4,5台ですが あんまりここに車が止まっていた記憶はありません。バスはたぶん1本。
しかも
>  ※11月25日まで土・日・祝日運行
>  ※8月は運行いたしません。
というわけで、公共交通機関は上級者向けです。何がだ。

登山口は道坂隧道の西側坑口わきですぐわかると思います。で、ここを登っ て…こりゃまたずいぶん道がはっきりしましたね。なんか、以前はどこで も歩けちゃうんです、みたいな感じだったのに、しっかり刈り払いされた ような感じです。尾根へのっかって、御正体山方向の登山道を見るとビシッ と刈り払われているので、たぶんこれは御正体山まではっきりとしたきれ いな登山道になった、ということでいいんだと思います。
ここを左手へいくのは久しぶりですが、きれいに刈り払われた歩きやすい 道。登山道はけっこうな登りですが、途中で1箇所2箇所と斜度を緩める ところがあります。まだ時間的には早いけどここが山頂かな、なんてだま されてしまいます。
もうちょっといくと今倉山の山頂へでます。中等の広さの山頂で、展望は ありません。なんか記憶とちょっと違うな。周囲の木々は霧氷です。
以前にはなかった綺麗な道標がたったから、なんかやっぱり理由があって 整備したんでしょう。

あとはここから菜畑山へむかって、若干くだり気味に歩いていきます。し ばらくは下り。あとはのぼったりくだったりします。植生は自然林。地図 にはヤブなんて書いてありますけど、ヤブっぽいところもなくなりました。

水喰ノ頭には真新しい道標が1本。山名は書かれていませんが、菜畑山ま で1時間と記されています。もちろんそんなにはかかりません。もうちょっ と探すと朽ち果てた「水喰ノ頭」と書かれた札がうち捨てられているのが みつかるでしょう。
もうちょっと行って、左前におおきな尾根が見えてくると菜畑山は近いで す。左下を覗くとパラボラアンテナ、山頂には屋根つきのベンチ。展望は 大室山と富士山なんですけど、今日は富士山は見えません。
南へ20分ばっか下ると車道へ出ることさえ知らなければ、いい山頂と思 います。まあ、車道の終点から登って、1座ゲットだぜ、なんてやってる 人もいるんでしょうね。
菜畑山まではきれいに刈り払いされましたけど、その先がどうかはわかり ません。赤鞍ヶ岳の近くは相当ヤブっぽかった記憶がありますが、唐沢尾 根からは道志らしさも失われてしまった感があります。

帰りは往路を下山しまして、今倉山から赤岩展望台までいってみます。展 望がないのはわかっていましたが、やっぱり展望がなくて九鬼山くらいし か見ることができませんでした。いい日を狙っていけば、南アとか筑波山 とか新宿とか、相当遠くまで見えるみたいです。方角からいえば、ここで 夕日を見て西ヶ原あたりにテント張るとよさげですね。僕は昔菜畑山の山 頂に張りましたけど。

帰りは西ヶ原から沢コースをくだりましたが、…道標はいっぱいあるんで すけど、整備状況が赤線ルートというにはちょっとね…という感じで、少 なくとも夜登れるようなルートではなかったです。道標には40分って書 いてありましたが、1時間くらいかかると思います。
遅出とはいえ、16時くらいまで行動でした。よくないですね。もちろん この日は誰ともすれ違っていません。それが丹沢と違う道志クオリティ。

積雪はほとんどなくアイゼンは使いませんでした。いまのところ道坂峠へ はノーマルタイヤで行くことができます。


写真 駐車場はここを使います。
写真 登山道入口。えっと、この登山道から入る場合、今倉山と二十六夜山を巡回する人が多いみたいです。でも、それだとちょっと歩き足りないよね。
写真 登山道はこんな感じで綺麗になりました。
写真 別の登山道
写真 展望が出るところがありますが…こんな。
写真 山梨百名山の道標もだいぶ古びてきました
写真 霧氷
写真
写真
写真 今倉山山頂の様子。展望はありません。テントを張るくらいのスペースはあります
写真
写真
写真 菜畑山の山頂です
写真
写真
写真 赤岩山頂。
写真
写真

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 道坂トンネル-今倉山−菜畑山−今倉山−赤岩−道坂トンネル
地図 山と高原地図 高尾・陣馬
Yahoo! 菜畑山
地形図 都留
難易度 沢コースは整備状況がよくありません。それ以外は難しいところはないでしょう。
所要時間 道坂トンネル-稜線 20分
稜線−今倉山 1H
今倉山−菜畑山 2H
菜畑山−今倉山 2H20
今倉山−赤岩 45分
赤岩−沢コース−道坂トンネル 1H20
他の季節 整備状況がよくなりましたが、もしかしたら冬場以外はやぶっぽいかもしれません。冬季でもひどい積雪にみまわれることはないと思いますが、距離が長いので冬場は慎重に。おすすめの季節は冬。
トイレ 登山口・山頂ともありません。道の駅道志にあります。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 今倉山山頂
交通 バスの本数はたしか3本位だったと思うので、ここへ公共交通機関でくるにはよほど計画しないと無理 だと思います。しかも正月は運休です。
車の場合、道坂トンネル北側坑口に10台、南側坑口に10台以上。この駐車スペースがいっぱいになることは、多分考えにくいと思うんですけどね…
トレーラは切り離して駐車。ぎりぎり壁まで寄せれば牽引免許サイズもいけると思います。駐車場まで舗装
7mくらいまでの車ならいけると思います。
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net