サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

熱中症同好会の皆様こんばんは 今日17日は富士山を歩いてきました
(河口湖駅−富士吉田駅−浅間神社−馬返し−1合目−5合目)

昔は富士山のボサ刈ってれば食えた、という。だけど、僕らの中にたぶん ボサなんてイメージはない。車かバスかは知らないけど、5合目までぶいー んってのせられて、おろされたところはもう荒涼としている。だけど、そ こから上というのは、富士山の上半分だ。それも、山麓で暮らす人にとっ て、生活から遠い方の半分。あの木も生えないような斜面を富士山だと思っ ている。だが実際にはもう半分の、生活に近い富士山があるはずだ。

富士山は相当行っているが、行った場所は同じところばかりで意外と広が りがない。もう少し別の場所を歩いてみようということででかけた。

浅間神社の駐車場を(奥宮に詣でるという名目で)つかいまして、ここか ら歩きます。えっとね、けっこう交通量の多い道路わきを1時間30分ば かり。舗装道路も渡ります。
歩ききると中ノ茶屋へ出てくるのですが、普通に営業している普通の茶店 です。周囲には石塔やら祠がいっぱいあります。

再び林道沿いに歩きます。だいぶ静かになりましたが、さしたるのぼりも ない道を再び1時間半。僕の足でもスタートから2時間10分ほど経過し た頃馬返しに出ます。ここまでは普通に車でこれますが、片道の場合は帰 りの車の回収に苦労します。浅間神社のわきに自転車でも置いておくよう でしょうか。途中大石茶屋跡がありましたが、こぎたない廃屋になってお りました。

馬返しまでは昭和4年からバスが走っていたようです。

馬返しのあたりで少し迷いますが、5分も歩くと禊所(みそぎどころ)と いう場所に出ます。謎の林道に出たりしたら、それは道間違いですのでひ きかえしてください。ここさえクリアできれば、あとは迷うようなところ はありません。すぐに1合目へ出てきます。ここにも建物がありますが、 営業している形跡はありません。スバルラインのなかった頃はここが登拝 路でさぞかしにぎわったことでしょうが、今日は…まあ、30分に1組く らいとはすれ違うくらいのペースですかね。一方、登山道は今日でもかな り手が入っているようで、5合目から上と同じくらい歩きやすいです。
今日は5合目までの予定ですが、ついふらふらと山頂までいってしまいそ うです。うーん…と思ったのですが、今日は薬を忘れたので朝薬を飲んで ない。帰りが夜中になるのは確実だし、朝薬抜いて、夜もないというわけ にはいかないので順当に5合目で帰ることにします。


2合目で1度目の休憩に入ります。このあたりも昔の信仰登山の名残がか なり残っています。

3合目の建物は崩壊していました。やき印とか書かれた看板が哀愁をそそ ります。スバルラインの開通から45年。いつまで商売していたのかは知 りませんが、お盆の時期に30分に1人では、もう商売にならないんです ね。4合5勺も5合目もそんな感じで人影らしいものはありませんでした。 5合目からは少し展望が出ました。

5合目をすぎて少しいくと、舗装道路に出ます。少し舗装道路を歩いて、 再び登山道に入り舗装道路へ出て、未舗装の道路になるとほどなくしてス バルライン終点にやってきます。
浅間神社からだと標高差で1500くらいあるから、なめてかかるとけっ こうしんどいです。

帰りのバスなのですが、自家用車規制中のほうが本数が多いだろうと思っ たのですが、河口湖駅行きのバスはシーズン中ずっと本数が一緒でほぼ1 時間に1本です。河口湖行きだと1500円で、その後電車に乗ってバス でだいぶ高くなりますが、5〜10分間隔で出発するシャトルバスの北麓 公園行きだと850円でだいぶ安く車を回収できます(ただし北麓公園か ら浅間神社までは徒歩1時間くらいだと思います)
http://www.fujikyu.co.jp/fujitozan/bus/kawaguchiko.html
午後にかけてはバス待ちの列も伸びる模様です。


バスで河口湖駅へ出て、浅間神社まで歩いて車を回収します。
天上山−河口湖がロープウェイ暫定でかっこわるいんですけど、これで自 宅と富士山が赤線でつながりました。


で、富士山は5合目から下がいいよ、という言い方はよくされますが、ま あ、悪くはないです。悪くはないけど、でもさ、ここが富士山である必要 はない。こういうさ、しっとり系の山は、ほかにもっといいところがある じゃないですか。わざわざ場違いな富士山でこれを楽しまなくてもいい。

富士山ってさ、パワースポットなんだよ。昨今は混みすぎだけど、あの大 勢の人の熱気にまみれて、エネルギーをもらって帰ってくる。はじめて山 に登って、涙を流すほど感動して、そんなの感動を忘れてしまった登山者 にはない。つまり、そういうところなんだ。5合目より下をしっとり歩く くらいだったら、まず山頂へいってこい。やっぱりあの人ごみにまみれて、 帰ってきてぐったりする位が富士山だよ、と僕は思いました。

写真 駐車場はなぜかここを使います。隣の人も富士登山みたいだったから、公認みたいです。
写真 ここからスタートします
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 遊歩道へはいったところ。昔はここは車道だったようです。
写真
写真
写真
写真 富士講の痕跡
写真
写真
写真 大石茶屋跡
写真
写真 馬返しの駐車場
写真
写真 禊所
写真
写真
写真 やっぱりマクロがうまくとれないみたい。
写真 登山道はこんなかんじでよく整備されています。昔は5合目まで馬で登ったそうだ。
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 3合目の小屋はこんな感じですでに崩壊しています
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 トリカブト
写真
写真
写真 車道の真ん中にとんでもな落石が
写真 上をみたところ
写真 5合目は新宿並みです
写真
写真
写真
写真
写真
写真 これでおしまい

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 浅間神社−馬返し−1合目−5合目
地図 昭文社 富士山・富士五湖
Google 富士山
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 とくに難しいところはないと思いますが、意外と標高差が大きいのでなめてかかるとキツいです
所要時間 浅間神社−馬返し 3時間
馬返し−5合目 3時間
他の季節 不明
トイレ 馬返しに仮設のものがあります
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地
交通 5合目からの下山はバスを使いますが、夏場のみの運行なので注意が必要です。自転車を使う手もあります。駐車場まで舗装

往復歩く場合、馬返しスタートなら日帰り、浅間神社スタートの場合佐藤小屋に1泊が普通だと思います。
山頂まで一気にいく場合は6合目、7合目あたりに宿をとるのが普通でしょう。
登山計画書 携帯 電話が通じるところが多いので、非常時のために携帯電話を持参することをおすすめします。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net