サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

7日、富士山(富士宮口)にいってきました。


今回は5人。1人くらい脱落するかなあ、と思ったのですが、
その1人が実は僕だったりして。相変わらず風邪が治らないのです。 高山の風邪はメチャメチャ効く。だけど、もう(珍しく)ずいぶん 前から約束していたし、富士山だから後ろへはずらせない。登った ことがある人ばっかりならキャンセル(というか他の山への転向) もきくけど、登ったことがない人もいたので、突撃した。

5合目へ着くと、いや、着く前からわかっていたんだけど、暴風で す。出発前にウィンドプロファイラを見ていたんだけど、7m。ま あ、なんとか。10m。なんとかギリギリ登れるな。11m。…。

というわけで、最後は12mを記録したのを確認して出発した。台 風が近づいてくるので、これより弱くなることはない。厳しい山に なるだろうな、と思ったのですが、勝算はあったのです。

車のドアをあけるには注意が必要ですが、まあ、歩けないほどでは ありません。ウィンドプロファイラでは5合目付近が強いことになっ ているから、上へいっても極端に風が強くなったりはしないだろう。 「上までこの位なら登れるだろう」とか言って出発です。


とりあえず、5合目を出発しまして、下ってくる人にどこまで行け ましたか?って聞きまくります。いやーそこまで。7合目まで。風 が強くてねえ。えええ〜〜〜!!!これはまずったか、と思います。

同行者1名、8合目で2度敗退していて登頂なしの人だから、最低 でも8合目より上。這ってでも8合目よりは上に行かないといけま せん。

まあでも、まっすぐ歩けるうちは登る、ということで、新7合をこ え、元7合をこえる。ついに山頂へいってきたという人にすれ違っ た。

\(^o^)/

というわけで8合はあっさり越えます。1人足がつりますが、台風 が近づいているから時間が遅くなれば遅くなるほど風は強くなって 登頂の目はなくなります。未登頂の1名を含む先発を出して先に山 頂へいかせて、後発は3名ゆっくりいきます。僕らは後発ですが、 少し遅れて山頂へ到着。全員登頂です。
僕も若干ゲホゲホしていますが、まあ登頂を妨げるほどのものでは ありませんでした。

剣が峰へは強風でとてもいける状況でなく、1名屈強なのが登頂し ただけ。僕も今回はやめておきました。

帰りは往路を下山します。日没ぎりぎりになってしまい、砂だらけ の髪の毛を洗いたいと思ったものの翌日仕事の人がいて温泉までは 回れませんでした。

帰ってきて、一番強いところを見たら頂上が19mとなっていた。 8合目の17mは、まさにその時間8合目にいた時だった。

富士山には登頂未経験の人を連れていくことにしている。僕らにとっ て富士山は富士山でしかないが、はじめての人にとっては経験した 唯一の山でトクベツな山。僕らは富士山ごときは普通に登るけれど も、一緒に登ったはじめての人が受ける感動を、僕はすこしわけて もらって感動する。それで、また1年頑張れるわけだ。

写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 富士宮口5合目−山頂 往復
地図 昭文社 富士山・富士五湖
Google 富士山
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 とくに難しいところはないと思います。標高差は1300なので、体力的にも特段厳しいわけではないのですが、標高の高い場所ですから酸素摂取能力の違いや高山病などによって、思わぬ苦戦をする可能性もあります。
所要時間 富士宮5合目−8合目衛生センター 3時間
8合目衛生センター−9合目 30分
9合目−山頂 1時間
山頂−富士宮5合目 3時間程度
他の季節 初心者の方の入山は小屋が営業している7月1日以降8月の最終の土日まで。それ以降は普段登山をしている人に 限定です。9月に入ると天候判断が難しく、9月末以降はエキスパートのみの山になります。10月〜GWの間はピッケルやアイゼンが必要で雪崩などに対する知識も必要です。
トイレ 各山小屋にトイレはあり有料。山頂。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません
交通 以下、規制期間外の情報
登山口にはまあまあのスペースの駐車場がありますが、基本的に5mをこえる大きな車を止めるスペースはないと考えてください。駐車場まで舗装
トレーラを置いてくる場合、この交差点 を曲がって5合目へ向かい、しばらくいくと3合目あたりの左カーブの右側にトイレつきの大きな駐車スペースがあります。
登山計画書 登山口で提出することは可能なのですが、この時期にチェックしているかどうかは不明です。携帯 電話が通じるところが多いので、非常時のために携帯電話を持参することをおすすめします。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net