サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
山頂
** 富士宮登山口山頂より ハンググライダー飛行中 **


行程
時刻 何をした?
23:00(PM) 自宅出発
2:00(AM) 富士宮登山口到着
2:15(AM) 富士宮登山口直下2.5km地点にクルマをデポ
2:45(AM) 富士宮登山口スタート
5:30(AM) 元祖7合目にて夜明け。45分休憩
9:00(AM) 山頂到着
11:30(AM) 剣が峰登頂
16:30(PM) 富士宮登山口下山
17:00(PM) 富士宮登山口直下2.5km地点でクルマ回収
18:15(PM) 御殿場温泉にて汗を流す
22:10(PM) 帰宅
山頂
富士宮登山口山頂。富士館裏より剣が峰を見る

装備

ザック45L 雨具・ヘッドライト・ツェルト(簡易テントのこと) シュラフカバー・サバイバルシート・予備電池8本(4組) 救急セット(コールドスプレーやテーピング、ろうそく、ラ イター、風邪薬など)ハイキングステッキ・カメラ一式・三 脚・プラモデルおよび工具(←謎) 水1.5L・食料・行動食・炊事道具・食器など 装備重量約13kg


山行記
1999.8.1 富士山 1号、2号
やってきました今年も富士山。なんか、毎年登っていて、実は今年で4回目だか5回目だかです。そんなに富士山は良い山か、といわれると、そうでもないのですが、やっぱり富士山には、日本人をひきつける魅力がありますね。

7月31日は、私の主宰しているMLでオフ会。午後11時に 終了し、そのまま自宅を出発。8月1日午前0時に御殿場IC を降り、食事をした後午前2時前に新5合目入り。駐車場から 3キロ以遠にしか車を止められないようだったら御殿場から登 るつもりだったが、 2.5キロのところに止められたのでそのま ま登高とする。同乗者と荷物を駐車場に降ろし、私は車(ユー ノスロードスター=オープンカーだ)を置いて空荷で新5合P まで 2.5キロのランニング。ヒッチハイクも試みたものの、乗 せてくれる人は誰もなし。みんな冷たいものだ。

新5合Pで15分の休憩(2400m地点に到達して45分後)し、 高度計の針を2400mに合わせて午前2時45分にスタート。は じめは歩きやすいが、新6合を過ぎるとガレた歩きにくい道 に変わる。月明かりが出ているのでライトを使わずに登る。 若干ハイペース気味で元祖7合にて夜明けを迎え、およそ45 分の休憩。相棒が寒気がするというので、シュラフカバーを 取り出す。影富士が出ていたので段階露出にて3枚撮影。
写真 こちらが影富士。ちょっと露出アンダーなのかもしれませんが、この位の方が雰囲気的には重いような気がします。富士山に太陽があたって、雲海に影が写るんです。

5時30分元祖7合をスタート。まもなく8合に到着するが、 この頃より相棒は大幅にペースを落とす。9合、9合5勺と、 小屋にたどり着くとそのまま横になって動かない、立ち上が れない状況。いくつか問診した(足=筋肉は全く平気、頭痛 がない、心拍数がかなりあがっているなど)結果、高山病や 疲労ではなく、空気が薄いため力が出ないのが原因と思われ るので、飴とゼリーを出してあげて、なんとかだましだまし 歩いてもらう。
とりあえずそこの鳥居まで、と、言って走って、あとは10〜 30m程度間を離して、指で「あと〜m」、と指示しながら 山頂まで誘導。9合5勺から1時間近くかけて、午前9時に 山頂到着。私のほうは、足の状況は今まで登ってきたのかこ れから登るのかわからない位で、きわめて楽だった。水泳が 効いたためか、高山病らしき症状も「まったく」なし。昨年 は空気の薄さを感じたが、今年は空気が薄いのかどうかさえ わからない程だ。

2時間ばかり昼寝と食事に費やし、11時半に剣が峰登頂、 あとはそそくさと下山し、早ければ2時には温泉・・・と、 思ったのだが、すでに相棒は足がいっている状態。山頂から コースタイムの倍近くかけて9合まで下り、9合にてかなり 足が張っている状態なのでコールドスプレーでアイシング。 どうやら予定の午後3時には下山できないであろうことが判 明したため、予定を見直す。一応コースタイムの倍弱で計算 して、4時頃を目処とする。
あとは100m程度下る毎に休憩を入れながらだましだまし 歩いて、元祖7合を通過。ここで私が浮き石の上に乗ってし まい転倒。すねをすりむいてしまった。この時点で4時に下 山できないことが判明し、4時半下山と変更。

#私の富士山の場合、5時を最終下山時刻(絶対に下りないと
#いけない時間=これに間に合わない場合泊まるか強行するか
#の判断が必要)と定めて、その2時間前(=3時)を下山時
#刻としています。2時間位は予定が延びることを見越してい
#るので、今回の予定の遅れは計算の範囲内。

ペースは遅いものの、順調に新7合を通過し、やや日が傾いて 光線具合がよくなってきたところで新6合到着。4時半に下山 した。
相棒の方はあまり歩かせたくなかったので、荷物を預けて空荷 で2.5キロ下にデポした車まで走り、車にて相棒と荷物を回収。 御殿場温泉にて日が沈み影になった富士山を見ながら汗を流し、 温泉たまごを3つ、口に入れた。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 富士宮登山口-山頂往復
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 特に難しいところはないと思います。体力的にはまあまあですが普段山をやっていない人にはかなり厳しいと思います。御殿場口を下る場合山頂直下の落石には気をつけてください。
所要時間 登り5時間+程度。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 要所にあります
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 一応富士山での幕営は非合法ですが・・・・結構山頂で張ってる人いるね。
交通 駐車場は大きいのですが、入れ込み数の方が多くて常時駐車場からあふれている・・・5合目まではお盆を中心に車両規制あり。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口で出せます。時間帯によっては警察も常駐していますが登山にはまるで役に立たない時間が受け持ちのようだ。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net