サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

反戦の祈りをこめて(意味不明)15日、金時山へいってきました。

*******************
あ ぢ 〜 ! !
*******************
(公時神社より往復)

子供が生まれたのを機にカメラを買った。うまく説明はできないが、 重ささえ苦にならなければ今のところ写りは中判フィルムに軍配が あると思ったわけで、今値段が暴落している中判を1台増やした。 子供用のほうが、たまたまフィルムが終了したところだったので、 この、デジイチ2台分の重さのカメラを2台。それに三脚が2本と 撮影機材一式で、10キロ以上背負っていった。

一番暑い時間をはずして、夕方の15時から登りはじめ。さすがに 夏だからか、時間をはずしたせいか、あまり人がいないのでびっく りしました。
登山道の様子はさんざん書いたのでいいですね。登山口から山頂ま では90分くらいで、多少手を使うところはありますが危険という ほどのところはありません。それよりも、バカみたいな暑さに参っ てしまい、分岐のとこで休憩した後、展望の出るところでもう1回 座り込んでしまいます。わずか90分で飲んだ水の量は1L。まあ トレーニングだからいいや、と思って2L背負ったのが幸いでした。

ヘンな時間に登った狙いはというと、勿論富士山の夕景。夕日と残 照と、どちらかをしとめてこようと思ってである。この時期は登山 者のヘッドライトで筋ができる。それと、金時山からだと御殿場の 夜景も入る。
最初の年にまじめに更新したきり放置プレイになっている「一年の 景」を更新するネタが欲しい。あれをはじめた当時は、まだダイヤ ルアップでやってた人の方が多かった。その後ISDNの時代を経て、 もうADSLの人も減り始め、FTTHが当たり前になった。回線の容量も だいぶ変わったので、もう少しサイズの大きい見栄えのする写真に 差し替えたいわけだ。
勿論当時のスリーブは全部残してあるから、ひっかきまわせば出て くる。しかし10年分。防湿庫1つ全部フィルムである。全部ひっ かきまわして、山行記録と照らしあわせてこれは何月に撮った写真、 なんてやりたくない。そんな苦労をする位なら、新しいのを撮って きた方がなんぼか楽である。
しかも、バカみたいに100本近く買いだめしたVelviaが冷蔵庫で 眠っている。冷静に考えてみればわかるのだが、子供用のPROVIA400X の20本箱はあっという間に減っても、風景は空振りの方が多い。 減らないのである。これを消化しないといけない。どこへ行ってい いやらわからなかったが、ここはいいんじゃないか、とニオイをつ けたのが金時山だった。

うちは自宅から富士山が見える。富士山の方向を見て、山が出てい ればでかければいいのだが、山が見えるほど天気がいい日はいい写 真にはならない場合が多い。かといって、完全に隠れている状態で は空振りである。ねらい目は天気の崩れる直前だが、結局天気の崩 れる直前というのは空振りと紙一重。自宅からは富士山は見えなかっ たが、下の方の雲は少なそうだ。日没直前になれば晴れる日が続い ていたし、上には雲があったほうがよく焼ける。ダメかもしれない。 まあいいや、トレーニングだと思って20キロ近いザックを背負っ て登った。

公時神社からのコースだと、山頂にたってはじめて富士山と対面で きる。傾いたキツい光が差し込む最後の段を登って山頂に立った。 青空が見えていたので、もしや奇跡の大逆転か?と思ったが、やは りダメであった。夕方に向けて霞はとれるはずなので、少し待って 明るいうちに下りられるぎりぎりの時間で決断しよう。
山頂には、17時くらいまでは人がいたが、それ以降は僕1人。の んびり待っていると18時前くらいにちらと頭を覗かせた。これで もう今日は撮影決定である。だが、それきりだった。
18時30分くらいに小屋の人に追い出されて下山することにする。 最後の20分くらいはヘッドライト。写真を撮ってるときはいきがっ て「今日はヘッデンつけて帰るんだ」と思っていても、実際に真っ 暗になって、足元の段差の見えにくいところで1人トボトボと歩く のは、やはり後悔の念が入るものである。まして、今日は写真の方 も空振りだったのだから。



追伸

登山用のTシャツが見当たらなかったので、普通の綿のTシャツを 着ていった。びっしょり濡れるのは覚悟だったが、干しとけば乾く だろうと思っていた。だが、けっきょく山頂にいた2時間半、日に あててもまったく乾く気配はなかった。この時期でもやはり化繊の 服を着ていかないと、帰りに着てくる服がなくなってしまうと感じた。
写真
写真
写真

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方

ルート 公時神社→金時山→公時神社
地図 昭文社 箱根。地形図の場合関本になります。
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 初心者にもおすすめできます。道もしっかりしており、入山者も多く危険なところもありません。
所要時間 公時神社−金時山 70分
金時山−公時神社 50分
他の季節 通年積雪がないか、あっても多少凍っている程度です。春先はアイゼンがあった方がいいでしょう。夏は暑いです。
トイレ 公時神社駐車場、山頂にあります。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません
交通 公時神社に駐車場があり。駐車場まで舗装。無料のスペースと有料のスペースがある。
バスの便がいいので、電車とバスを乗り継いでいった方が賢いと思います
トレーラは公時神社前の駐車場なら入るのですが、アプローチ道路が細いので勇気が要ります。
この場所に駐車場があるので、ここに置いてくるのが無難です(牽引免許サイズ可)
公時神社周辺にはマイクロバスなど大きな車を入れることはできないでしょう。
登山計画書 駐車場の影にひっそりとポストがあった。でも、あれは普通気づかんだろう…
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net