サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今日30日、後方羊蹄山(しりべしやま)にいってきました。

羊蹄山
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=64401650

昭文社 ニセコ・羊蹄山

ヨウテイザン、ではありません。後方羊蹄山、です。
僕が山をはじめたとき、最初に買った本の巻末のコースガイド に掲載されていた山です。その本では比羅夫(ひらふ)からの コースが紹介されていたので、比羅夫からの登山です。

アプローチは、…僕は所詮道外の一見さんなので、道内の人に 頑張って書いてもらいましょう。倶知安駅から比羅夫登山口バ ス停までバス、そこから徒歩25分で登山口です。タクシーが あるかどうか、バスの本数があるかどうかについてはわかりま せん。

僕は大洗からフェリーで苫小牧へ入ります。僕らしくありませ んが、青森まで走って青函航路乗るより間違いなく大洗からフェ リーの方が安い。2等でよければ2万3千円の、インターネッ ト割引10%で2万7百円。僕は予約していかず、おまけに夕 方便が満席で夜中便の2等寝台になってしまったので2万5千 5百円。青森まで走ったら高速代だけで1万4,5千円は取ら れるだろうし、ガソリンも2給油だから同じく1万4,5千円。 青函航路だって航送すれば1万くらいは取られるだろうからねえ。

で、夜中便で入ったのでレストランがありません。限定の朝昼 晩3食セットの食事券を入手して、イートインでつまじい食事 をせずに済んだまでは良かったのですが、丸1日船の中で何も せずに食ってばかりいたせいか、体が重く前へ進みません。今 日は北海道初日でもあるのでペースを落としてゆっくりいくこ とにします。

登山口の駐車場は30台で、その下に観光バス用のスペースが あります。観光バス7〜8台はいけます。その他に普通車用の スペースが15台くらい。上の駐車場にも下の駐車場にもトイ レがあり、上の駐車場のわきは無料の野営場で水が出ています。

きれいな錐形の山は、登りが単調と相場が決まっています。後 方羊蹄山も右に同じでしょう。はじめはカラマツトドマツ林で 斜度は、こんな斜度ではいつ山頂にたどりつくかわからんな、 という位緩いですが、だんだん斜度を強めていき、小一時間歩 くと「2合目」という標識が出てきます。樹林の中で展望はほ とんどありません。中急斜度の斜面を黙々と登る我慢の登高で す。ふりかえるとニセコアンヌプリの展望が時折ひらけるので すが、正面の後方羊蹄山の全容はいつになっても見えてきませ ん。北海道の山じゃけん、4合目あたりまで行けば森林限界を 出るだろう。そしたら休憩しよう、と思っていると、5合目を すぎ6合目をすぎ、ついに9合目までやってきてしまいます。 9合目まで出ると森林限界を出て、正面にお鉢の一部が見えま す。が、山頂はもう少しあがってお鉢にのっかるまでおあずけ。 お鉢にのればあとはほとんど登りのない道をテクテクとあるい て山頂に到着です。山頂までのタイムは、僕の足で3時間10 分でしたが、抑え気味で歩いたタイムですので、まあ普通の足 で4時間というのはかなり妥当な線でしょう。今回巡る予定の 山の中では、この山、楽な方から数えたほうが早い…恐るべし 北海道。
山頂からの展望は、ほぼ360度です。海まで見えていますが、 感想、北海道って広い…

で、ここまできたらやっぱりお鉢を巡るしかない。お鉢を巡れ なかった岩手山のカタキは後方羊蹄山で取る。地図を見ると岩 場注意と書かれていますねえ。危険マークはついてません。
で、正面を見て…僕、やっぱり臆病です。はい断念して、ひき 返して内側のお鉢を巡るだけにしておきます。

帰りは往路を下山するのですが、途中に膝をかかえてうずくまっ ている人がいます。足ひきずってる人がいても動いているうち はほっとく派の僕もこりゃやばいと思って声をかけてみるんで すが、あまり緊迫感がありません。返事は意味不明だったんで すけど、どうやら寝ていただけのようで、お願いだから登山道 の真ん中で生きているんだか死んでいるんだかわからんような 格好をするのはやめて下さい。

花は…6合目より上あたりからではじめて、まあまあそれなり に咲いてました。やっぱり目立ったのはシラネアオイ…内地と あんまり変わんないじゃん。

登山道上に積雪はありません。

昨日は夜便で入ったにもかかわらず登別へいって閉店まぎわの 温泉を堪能。今日はフゴッペ川温泉で温泉にありついて、ラム 肉焼きを食べて、今旭川へ向かっています。

写真 ニセコのほうから見た羊蹄山
写真 駐車場のわきが野営場になってます。無料と思います
写真 駐車場はこんな感じで30台くらい
写真 トイレです。まあまあきれい
写真 後方羊蹄山の登山口
写真 ショウジョウバカマ?
写真 2合目…この看板が2合から9合まであります。多分標高の9等分ではないかと思うんですけど…
写真 スミレと思う
写真 多分ゴゼンタチバナ
写真
写真 花。ゴゼンタチバナって言った?
写真
写真 えっと、シラネアオイ。これも結構咲いていたな
写真 花。これは結構いっぱい咲いてました
写真
写真 ニセコアンヌプリ方向の展望
写真
写真
写真 お釜のむこうに見る山頂
写真 お花と空と。きれいねー
写真 チドリですなあ。
写真 後方羊蹄山の山頂標識。羊蹄山になっていました。
写真 一等三角点、だそうです。
一等三角点百名山らしいんだけど、そもそもこの三角点、山頂にあったわけでもないし…一等三角点百名山というコンセプト自体イタイが、この三角点はそれに輪をかけてイタイな。
写真 ワイスホルン方向の展望
写真 花です
写真

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート ひらふ登山口→後方羊蹄山 往復
地図 昭文社 ニセコ・羊蹄山。2万5千図だと羊蹄山になります。
難易度 のぼりコースタイムが4時間あるのでちょっとしんどいですが、危険なところはありません。総合的にみて★★
所要時間 のぼり 4時間
くだり 3時間
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口の駐車場わきにあります。まあまあ綺麗と思います。あと、避難小屋までトイレがありませんって書かれていたので、多分避難小屋にはトイレあるんじゃないかと推察されますが
水場 ありません。登山口の駐車場わきが野営場になっていて、ここに水道があります
避難小屋 9合目のちょっと上に避難小屋があるのですが、状況は調査してきませんでした。
幕営適地 5合目のところに1張りくらいはいけそうです。他は無理でしょうな
交通 本文のとおり。駐車場まで舗装。
登山計画書 登山口で提出できます。用紙そなえつけです
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net