サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今日4日(網走通るから今日はH”大丈夫でしょう)は、 えーっと、熊さんシリーズです。雌阿寒岳(めあかんだけ)へ 行ってきました。(雌阿寒温泉コース往復)

雌阿寒岳
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=65440050&slidex=0&slidey=2000

昭文社 利尻・羅臼・斜里・阿寒

斜里岳を下山して、今回もコンビニが怪しそうなので、清里町駅の セイコーマートで買い物を済ませます。で、阿寒湖へ向かって車を 走らせます。今日は100キロないから楽勝だべさ、と思ったので すが、結局走ってみると200キロにちょっと欠けるくらい走りま す。阿寒湖温泉で、昼食昼食温泉温泉…と思ってぐるぐるしたので すが、日帰り温泉もなければ昼食を食べられる場所もないように見 えました。しかも駐車場が有料で車を降りるのも面倒です。阿寒湖 野営場の偵察をして、あわよくばここでテント泊、と思ったのです が、この駐車場も有料ですので見に行くのもはばかられます。めん どくさいので阿寒湖BTのセイコーマートです。(これとは別に温 泉街内にローソンがあります。でも車止めるのはしんどそうです) 昼食と夕食と、さらに朝食を買い込みます。くいもんは十分買った のに一山こえて道の駅でそばを食べます。
結局今日は温泉入りそびれた…と思って今日の宿泊地雌阿寒温泉ま でやってくると、なんと外来入浴やってるじゃないですか。ラッキー と思ってお湯につかります。バリバリ硫黄のお湯です。
今日は洗いたかったんですけど、でも、多分硫黄と石鹸の相性が悪 いんでしょうね。露天はもとより内湯にも石鹸を置いていません。 残念ながら今日は洗うのはおあずけです。

ここの宿泊、1泊2食つきで6500円って書いてあるな。この位 の料金なら泊まってもいい。でも夕食買っちゃったからな。食事な しでいいんだったら車中泊と宿泊と、どっちが快適かなあ。時間の 融通が利く車中泊の方がなにかと便利そうだ。
羅臼→斜里ときたレンタカーの水色のキューブは今日ここに泊まっ て明日も同じ山へ登るらしい(さすがに明後日は会わんだろうな) 木下小屋泊まりの清岳荘泊まりのオンネトー温泉泊まりか。お大尽 だな。僕には真似できんよ。

公共交通機関でのアプローチの方法も、あるにはあるらしいのです が、読むのもめんどくさい位複雑です。目の前にバス停があります けど、下りが1本のぼりが1本。いずれも15時台ですから、登山 口1泊が大前提です。結局、レンタカーが便利と思います。阿寒湖 までくると北見ナンバーのレンタカーより札幌ナンバーのレンタカー の方が多いですから、多分札幌からのアプローチの方が近いのでしょ う。

で、駐車場について、一瓶720ml、400円のワインをあけま す。が、このワイン、微発泡だった…ということは、750ml、 今日全部あけなければいけません。しんどいです。財布にもしんど いですが、こんなに飲んだら明日歩けません。
駐車場には綺麗なトイレがあります。駐車台数は、20か30台く らい?線がひかれてなかったし、島が多いのでそんなに多くはとめ られそうになかったぞ。僕が帰ってきたときには観光バスがとまっ てましたけど、トレーラ付のケツ振って駐車するだけのスペースは 、結構シビアなような気がします。よくあんなところに観光バス入 れたな。帰り出られなくなっても知らんぞ。

で、雌阿寒岳です。芸のない最短ルートになってしまうのですが、 今日は約400キロ移動します。最短で400だから、下手すると 500位走ることになるかもしれません。12時間くらい運転する ことになるでしょう。あまり時間に余裕がありませんので、最短ルー トで済ませることにします。4時20分スタートで、最初は樹林の 中の中斜度の斜面をあがります。頑張って歩きます。
10分ほど上がると1合目と表示された杭が出てきます。というこ とは、頂上まで100分かあ。これはしんどそうだ。で、2合目を すぎる頃には森林限界を出て、あたりはハイマツ帯にかわります。 3合目から4合目の中間あたりで沢を横切りますが、この沢は涸沢 で水は流れていません。この沢を渡る頃になるとハイマツもなくなっ て雌阿寒岳の山頂が眼前に見えてきます。朝は一面雲がたちこめて いて、あ〜あ今日は天気の悪い山かあ、と思ったのですが、ここま であがってくると雲の上です。一面雲海で、いくつか山が雲海の上 に浮いています。
岩がちな登山道を上がっていくと、だんだん登山道がザレてきます。 昨日斜里岳で沢にどっぽんした靴がまだ乾かないので、今日は運動 靴なのです。滑ってしんどいです。
9合目までやってくると稜線(って言うのかな?)に出ます。向か い側にはお釜がみえて、まだ噴煙が上がっています。すごいです。 ジェット機の噴射音みたいにシュゴー!!と音を立てています。

雌阿寒岳は火山活動が活発になって登山禁止になった実績のある山 ですので、百名山やってる人はお早めに。僕はこれで登山禁止にな る可能性のありそうな活火山は全部登ったことになります。

山頂までは僕の、速い方の足で1時間8分ですので、コースタイム の2時間20分はちょっとしんどいタイムかもしれないです。だい たい2時間40分くらいでしょうか。

左にピークが見えているのですぐかな、と思ったのですが、ちょっ と奥側の方がピークです。ちょっと右側へ立つと阿寒富士が見える のですが、でもあんまり右の方に近寄りたくはない感じです。
あれ何にもない山頂なの?と思ったのですが、影になって見えない ところに、石積みの山名板がちゃんと設置されていました。今日は まあまあ風があるのでガスは滞留しませんが、長居したい山頂とは ちゃいます。荷物下ろして、ひと休みしたらすぐ下山にとりかかり ます。

帰りは往路を下山しました。下山してきたのが6時すぎ。羅臼→斜 里→阿寒ときたツアー(2組)には山中で遭遇しましたけど、下山 してきたらまだこれから出発する人で一杯でした。

いくら今日は12時間のドライブといっても、オンネトーの方へ回 る時間くらいは、多分あったよな…と思って地図を見返します。阿 寒富士か雄阿寒岳へのぼり1時間くらいで行けんだろうか、と思っ たのですが、どっちへ行ってものぼり2時間半コース。ここは諦め ることにします。

写真 登山口駐車場の入り口。左に見える建物がトイレです
写真 流れている川も硫黄色で川床は真っ白です
写真 こちらが登山口の様子
写真 登山道はこんな感じでよく踏まれています
写真 ゴゼンタチバナって言ったっけ?花はあんまり咲いていません
写真 1合目です。こんなのが9本、たってます
写真 花です
写真 あれに見えるは雄阿寒岳
写真 花です
写真 雌阿寒岳の山頂。
写真 阿寒富士です。綺麗な錘形の山です。登頂もできるのですが、僕はあそこまで足を伸ばしませんでした。
写真 ふりかえった景色。あそこでも噴煙があがってますねえ。
写真 噴煙が上がっています。いつ登山禁止になってもおかしくないので、登ろうと思っている人はお早めに。
写真 バスの本数は、…1本。しかもこのバス、駅からではなく阿寒湖畔からとか言ってるよ

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 雌阿寒温泉−雌阿寒岳 往復
地図 昭文社 利尻・羅臼・斜里・阿寒。2万5千図だと雌阿寒岳になります。
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 熊と火山ガスだけ気をつければ、さほど難しいところはないでしょう。登山道 を外れなければ、落ちる心配のある場所もないと思います。下り8合目あたり まで結構ざれているので、滑って転ばないよう注意してください。おまけで★★。
所要時間 雌阿寒登山口−5合目 1時間20分
5合目−雌阿寒岳 1時間20分
雌阿寒岳−5合目 50分
5合目−雌阿寒登山口 50分
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口にあり綺麗。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 4合目のちょっと上あたりにありましたけど、雌阿寒岳で幕営はあんまりおすすめできないな
交通 本文の通り。駐車場まで舗装。
登山計画書 登山口で提出できます。用紙備え付け
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net