サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今日9日は、大雪(だいせつ)山へ行ってきました(姿見から往復)

旭岳
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=65423655&slidex=0&slidey=400

昭文社 大雪山・十勝岳・幌尻岳

僕が山をはじめたとき、最初に買った本の巻末のコースガイド に掲載されていた山です。この山で完登です。8年かかりまし たが、これで名実ともに初心者卒業です。
僕の本では層雲峡への縦走コースが紹介されていますが、縦走 して車が回収できる位ならとっくの昔にトムラウシへ縦走して います。えーっと、昔ってどのくらい昔?うん、3日くらい前 かな。
で、残念ですが、今回は姿見から往復することにします。

さて、この大雪山の読み方であるが往々にして「たいせつざん」 と読まれているが、これは間違いで正しくは「だいせつざん」 である。
 これは大雪山の命名者でもある松原岩五郎の著書はもちろん のこと、小泉秀雄著の「大雪山登山法及び登山案内」 (1926年/大正15年発行)の緒言にも[だい]とルビが 付けられている
(山と高原地図大雪山・十勝岳・幌尻岳 冊子より引用)

大雪山という名前のピークはなく、最高峰は旭岳で2290m。 北海道の最高峰です。日本最大の国立公園というだけあって、 ぐるっと回って反対側の山を登ろうと思ったら、軽く300キ ロは走らないといけません。本当は旭岳往復だけでは大雪山系 のことはようわからん、と思うのですが、とにかく交通の便が 悪いからねえ。どうにもなりません。もう1つ、大雪山では今 年残雪多量で、行方不明者も出ているので慎重な行動が必要で しょう。刻一刻と変化する積雪量をインターネットでチェック していたのですが、6月末でも積雪多量で登山道不明瞭。うー んどうしようかと考えましたが、大雪山は後半の登山にするこ とにして見切り発車で神奈川を出発しました。で、それから10 日。まだ状況は芳しくないようですが、まあ登れないほどは積 雪はないべさ。ということで、Goです。


道の駅とうまをベースにして、3時半出発。4時すぎに大雪山 登山口へやってきます。駐車場は無料の駐車場と有料の駐車場 (500円/日)がありますが、別に有料の駐車場を使う理由 はありません。2分くらい余計に歩くことになりますが、無料 の駐車場を使用します。
駐車場は、無料のスペース(ビジターセンターの向かい側)が 80台くらいでしょうかね。僕の地図には40台って書いてあ るけど、そんなに小さくないぞ。
その他に有料のスペースがあって、これもまた40台くらいい けそうです。でもシーズン中の休日(今日のことだ)とかには 観光客とかが入り乱れて一杯になっちゃうんだろうな。ハイ、 おりてきたときには有料のスペースも満車だったようです。で も10時すぎ位には下山してくる人もいるので、少し待てばス ペースを確保できるでしょう。
駐車場のわきにはトイレがあります。トイレはロープウェイの 終点駅にもあります。

で、ロープウェイに乗ります。ロープウェイの運転は夏山期間 中は午前6時からで、15分間隔ですが、シーズンによって異 なりますのでホームページで確認してください。ロープウェイ は夏山シーズン中が往復で2800円。高いな。他のシーズン が1800円ですが、1800円のシーズンに登って、山頂へ 行くのは困難を極めると思います。

旭岳ロープウェイ
http://www.asahidakeropeway.com/

で、朝ロープウェイにやってくると長蛇の列です。朝一のロー プウェイには乗れそうにありません。1本見送って、さあ次に 乗れるかな、と思ったら、僕の前の人で定員。あと1歩のとこ ろで2本目も見送ります。ロープウェイに10分ほど乗って、 姿見で下ろされます。
ここはもう標高1600mですから、標高2290mの山頂ま であと700mしか標高差がありません。一直線にのぼるから、 時間300mの中高年ペースでも2時間20分くらいと推察さ れます。地図に書かれた2時間50分はかからねえ、と思うん ですけどなあ。現地では2時間で山頂って言ってたし(これは ちょっと厳しいタイムだな)
僕の足で1時間40分でした。

ロープウェイをおりて、姿見の園地をテクテクと歩きます。花 はまあそこそこといった感じ。いろいろ咲いてはいるんですけ どあんまり数は多くないような気がするなあ。目立ったのはエ ゾツガザクラで、ピンクになった場所がそこかしこにありました。 姿見池は概ね雪で埋まっていますが、少し水がではじめていま す。向かい側に避難小屋がありますが、この避難小屋は予定宿 泊禁止とのことです。小屋わきには携帯トイレ用のブースが設 置されています。
で、避難小屋をすぎると、植物はまったくなくなります。左手 には噴気孔があって、例によってシュゴー!と音をたてていま す。山頂は正面の一番高いところなのですが、ガスで山頂が隠 されるほど噴煙をあげています。登山道はガラガラしたところ からはじまり、だんだんとザレザレに変わってきます。登った 印象。これはまさに富士山だ…富士山以外の何者でもない。な んか赤茶けたところを一心に登っていくあたり、紛れもなく富 士山です。
周囲の展望は、丸見えです。昨日登ったトムラウシやら、大雪 山富良野岳あたりは結構近いですが、幌尻と思われるものや、 なんかはるか遠く〜の山も見えています。大雪山系は広いです から山系内の山だけでもいっぱい見えます。多分今日が北海道 へきて一番天気に恵まれた日でしょう。右下のほうに注意して みると池塘が見えてますねー。
で、9合目付近で一旦山頂が見えなくなりますが、1段上に上 がったところが山頂です。山頂はハゲ山で360度の展望。 タイムは前述の通り1時間40分ですので、普通の人の足で2 時間〜2時間20分内外と思います。

うーん、歩き足りないな、と思いつつも、ここは仕方ありませ ん。往路を下山します。
旭岳のむこっかわは積雪で登山道不明瞭になっているところが あるみたいですので、縦走はちょっとキツいかも。

で、雪なんですけど…ごらぁ!登山道に雪なんかねーじゃねー か。ビジターセンターでは曖昧な書き方してたけど、姿見から 旭岳間の登山道には積雪はまったくありませんでした。

写真 ロープウェイをおりたところから大雪山を望みます
写真 花です
写真 花。チシマツガザクラだそうです。ん?
写真
写真
写真
写真 花ですぅ
写真 指〜。違った花〜。ショウジョウバカマ系?
写真 花〜
写真 花〜
写真 花花〜
写真 噴煙噴煙〜
写真 姿見の避難小屋は予定宿泊禁止だそうです。
写真 噴煙をあげています
写真 見事に富士山です。どう見てもこの登山道は富士山です。
写真 トムラウシ方向の展望…多分トムラウシはもうすこし左の山と思う。
写真 旭岳の山頂。大雪山の名前はでてきません。
写真 黒岳方向の展望です。
写真 姿見方向を見下ろします
写真 十勝岳方向の展望です。下のほうには池塘が…
写真 もともと高い山だったのが噴火で山頂部がふきとんで今のようなカタチになった云々
写真 噴煙噴煙〜
写真 花です
写真 花花〜。チシマツガザクラ
写真 ロープウェイ山上駅

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 旭岳ロープウェイ終点−姿見池−旭岳 往復
地図 昭文社 大雪山十勝岳幌尻岳。2万5千図だと旭岳になります。
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 ★、でいいでしょう。歩き足りないくらいで余裕です。雪さえとけてしまえば、難しいところもないと思います。
所要時間 のぼり 2時間20分
くだり 1時間30分
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口の駐車場わきにあります。程度普通。ロープウェイ終点にあり綺麗。
水場 ありません。
避難小屋 姿見の避難小屋は予定宿泊ができません。
幕営適地 ありません
交通 旭川駅からバス。1日3本で、1時間30分くらいと思います。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口で提出できます。用紙備え付け
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net