サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今日(もしかしたらH”が繋がらなくて昨日になるかも…これを 書いている時点では不明)3日は、皆さんの予想通りの展開です。 斜里岳へいってきました。(清岳荘より往復)
千島火山帯の休火山で、斜里町の独立峰と書いてある。

そういえば、山猫さんが「ごはん」とか、面白いこと言ってたな。

斜里岳
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=65445505&slidex=400&slidey=0

昭文社 利尻・羅臼・斜里・阿寒

ウトロの夕日台で2時間の開店時間待ちをして無事温泉に入りま した。で、車を走らせ斜里町へやってきます。さあH”と思って も、なんと駅前でも繋がりません。経験上、大抵の大きな駅周辺 と、大概のSAPAではH”が繋がらない場所なんてほとんどな いのですが…まあ、大きな駅とはいっても北海道の一番はしっこ。 PHSだから仕方ないか。通信手段を確保するため網走まで走り ました。北海道名物のねずみ取り(しかもステルス)も早速みつ けましたが対向車線で助かります。で、網走市内でホームページ を更新して、再び斜里へ戻ってきます。この予定外の行動のため、 今日僕の車予定より1日はやく10万キロ到達です。あぶないん で24Lですが給油もしちゃいます。北海道3給油目です。

で、斜里岳登山口まで20キロのところにいます。どうしようか 迷ったのですが、携帯のアンテナも立ってるし、もうちょっと近 く、と思って清里町方向へ走ります。市街地は結構立派な町で、 これならH”もいけるか?と思ったのですが、やっぱりダメでし た。とりあえず携帯は立ってます。清里町駅から東へ300mく らい進んだところに無料の駐車場があるので、ここで一夜を明か すことにします。この場所、セイコーマートまで徒歩圏ですが、 残念ながらちょっとトイレが遠くです。

登山口は清岳荘からの他に、三井コースというコースがあります。 こちらからですと、CT約4時間。まあ日帰りしようと思ってで きない距離ではありませんが、僕の地図の冊子にはほとんどの人 が清岳荘から登るって書いてあるし、熊も多いって書いてあるし、 やせ尾根って書いてあるし、ロープって書いてあるし、ここはや はり清岳荘から登るしかないでしょ。ということで清岳荘から行 きます。

斜里岳登山口(清岳荘)へは、清里町駅からタクシーのようだな。 5400円と書いてある。でも、清里町駅まで行ってみたけどさ、 タクシーなんかいなかったよ。知床斜里駅からタクシー頼むと万 収になると思うのでタクシーを使おうと思っている人はよーく下 調べをしていった方がいい。
他に知床斜里駅からバスって書いてあるけど、バスは斜里岳登山 口バス停までしかやってきません。この場所から清岳荘まで、徒 歩約8キロ、3時間弱の林道歩きです。(しかもこの林道、キツ ネが出る…熊は見なかったけど、熊も出る可能性があるでしょう ね。これははっきりいってしんどそうだ)

斜里岳登山口から清岳荘までは約8キロの未舗装道路になります。 なぜか終点の200mだけ舗装されています。この林道は僕の車 で余裕ですから、よほど車高の低い車でない限り大丈夫です。マ イクロバスは入れますが、大型観光バスは入れません。(と思っ たのですが、観光バス止まってました)
駐車場は約30台。今日はシーズン中の休日ですが、帰りの時点 ではいっぱいでした。で、車中泊有料って書いてありますねえ。 まあ宿に泊まってもらわないと収入にならないわけですから気持 ちはわからんでもないんだけど、車中泊の定義自体問題だし、た とえば午前3時頃ついて、車中で仮眠して、5時頃から登り始め るのも車中泊と呼ぶのかどうか難しいところだと思うぞ。
登山口付近で車中泊したいと思ったら、清岳荘の下500mくら い下にオホーツク展望台という場所があって、ここに車がとめら れますのでこの場所がいいでしょう。でも僕としては清里町駅東 方300mの無料駐車場の方が車中泊も楽かろうと思います。
(ちなみに、エネオスの信号こえた次の交差点のところに止まれ の標識がひっそりと立ってますので、これ見落とさないように)

で、清岳荘からスタートします。歩き始めは、なんか刈り払いさ れたばかりのような森林から歩きはじめます。しばらく歩くと右 下の方に林道が見えてきて、もう少し進むとなんとこの林道へ下 りるじゃないですか。トボトボと林道を歩くこと5分ほどで林道 の終点にやってまいります。清岳荘に外来用のトイレはなさそう な感じでしたが、ここにトイレが立っています。中は見ませんで したがそんなに綺麗ではないでしょう。
この場所から本格的な登山道に変わります。沢筋をいって、渡渉 して渡渉して、うんざりする位渡渉します。靴下もぬらしてしま いました。で、40分ばかり歩くと旧道コースと新道コースの分 岐にやってきます。旧道コースより新道コースの方がコースタイ ムが20分くらい長いですが、ま、一方から登ってもう一方から 下るのが正統的なやり方でしょう。清岳荘の前に出てた登山道の 状況、良くよみませんでしたが旧道コースの方の状況はあまり芳 しくないようですので、新道コースの方へいきます。帰りも新道 コースを下ってくるんだな。
で、新道コースにとりつきます。沢を離れて斜面をあがっていき ます。かなり急でしんどい斜面です。しんど〜コースだけにああ しんど〜。あ、お客さん、道がぬかるんでますからね、滑らない ように注意してくださいね。
新道コースは踏み跡はしっかりしており、危険な場所もありませ ん。で、やっぱり40分くらいかなあ、頑張ると尾根に出て斜度 を緩めます。もうちょっと頑張ると熊見峠というところに出てき ます。(ここには道標が立っていますのですぐわかるでしょう) このあたりまでくると森林限界をこえたようで、周囲はハイマツ におおわれ、展望が出ます。朝は上を見上げると一面のガスでこ りゃ今日は展望はダメだと思ったのですが、ガスの上へ出たよう で下は一面の雲海です。
で、登山道はちょっと下ります。目の前右の方に少し高いピーク が見えるので悲しくなりますが、このピークは登らずに登山道は 左の方へ向かいます。左の方に見えている一番高いやつが斜里岳 の山頂です。
2,3小さな雪渓を渡ると旧道コースと合流し、ここから馬の背 へは雪渓の登りになります。ちょっと角度が急で、滑ったらやば いかなあ、という雪渓です。念のためピッケルがあった方が安心 でしょう。
馬の背から山頂へは20分くらい。稜線に出てからも特に危険な ところはないと思います。山頂直下にニッコウキスゲが咲いてい ました。
山頂は見事なハゲ山で、周囲の展望は360度。北東方向は羅臼 岳が遠くに小さく見えています。南西方向には阿寒岳。
三角点は右下の方にありますが行ってみる気はありません。
僕の足でのぼり3時間ですので、3時間30分のコースタイムは、 もしかしたらしんどいタイムかもしれません。まあまあペースの 速い団体さんが4時間って言ってたから、その位みておいた方が 安全でしょう。

山頂でしばらくゆっくりしますが、団体さんがあがってきたのを 潮に下山します。旧道コースからやまほど人が上がってきます。 なんだ旧道コースも余裕で通れるんだ、と思ったら、これが沢の 中を水浴びしながら下るようなとんでもない道で涙が出そうです。 登山道じゃなくて、これは沢登りって言うんじゃないですか?
登りはかろうじて一般ルートと認定できても、下りはバリエーショ ンルートの範疇です。もうなりふりかまっていられません。靴を 水の中につっこんでもお構いなしで安全だけを考えて慎重に下り ます。あーもーうんざり、と思った頃二俣に出てきました。多分 コースタイムの長い新道コースを歩いたほうが早く下山できたで しょうね。
二俣から先は朝も歩いたルートですから安心です。もう靴は中ま でビショビショですので、渡渉も余裕で渡って帰ってきました。

写真 駐車場はこの位で30台。
写真 清岳荘の様子
写真 登山届け提出ポスト。
写真 登山道はよく踏まれています
写真 植生はこんな感じです
写真 トイレがありました
写真 渡渉です
写真 最初に出てくるのが、これ。
写真 花。ゴゼンタチバナって言ったかなあ。
写真
写真
写真 花です
写真 熊見峠へやってきました
写真 左側が斜里岳。右は無名ピーク。
写真
写真 花。チドリですな。林道わきにいっぱい咲いてました
写真 花。これは一杯さいてました
写真
写真 花です
写真 えっと、旧道コース分岐のちょっと上あたりだったと思います
写真 胸突八丁である
写真 雪渓をあがっていきます
写真 これは羅臼岳方向と思いますが、中央に見えている山は羅臼岳ではありません。左の奥が羅臼岳です。
写真 花です。チングルマ?
写真 花です
写真 ニッコウキスゲ
写真 山頂直下の祠
写真 花です
写真
写真 山頂から阿寒岳方向の展望
写真 こんなところを下ってきます
写真 フキノトウ?

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 清岳荘−新道コース−斜里岳−旧道コース−清岳荘
地図 昭文社 利尻・羅臼・斜里・阿寒。2万5千図だと斜里岳になります。
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 渡渉があるのと熊の多い地域なので、★★。ただし、これは新道コース往復の 場合の難易度で、旧道コースをのぼった場合★★★、旧道コースをくだった場 合★★★★くらいと思います。旧道コースを登ってくる人の中にはスワミベル ト(簡易ハーネス)をつけて、補助ロープを出したりしている人もおりました。
所要時間 清岳荘−二俣 1時間
二俣−熊見峠 1時間
熊見峠−旧道コース分岐 1時間
旧道コース分岐−馬の背 30分
馬の背−斜里岳 30分
斜里岳−旧道コース分岐 40分
旧道コース分岐−旧道コース−二俣 1時間30分
二俣−清岳荘 40分
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口から歩いて林道へ出て、林道の末端にトイレがあります。あまり綺麗ではないと思います。登山口手前の最寄のトイレは清里町駅にあります
水場 馬の背の直下で出ていましたが、これはシーズンに入ると枯れるんじゃないかな。
避難小屋 ありません。
幕営適地 ありません。
交通 駐車場は本文の通り
登山計画書 登山口で提出できます。用紙備え付け
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net