サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

鳳凰三山へいってきました

まずは動画
http://www.youtube.com/watch?v=IK4h10nGrCI

この週は平ヶ岳を予定していたのですが、どうにも天気 に恵まれず行き先の変更です。それなのに、何故か東京 までおむかえ…

いや、交通費いただけるのであれば、たいていの所には 迎えにいきますけど(笑)

東京から走りまして、最寄りのICは白根ICと思われ ますが、ちょっと遠回りになるので甲府昭和ICを使い ます。六科信号から芦安入口信号を経て夜叉神の森へ到 着です。(上の)夜叉神峠から焼ける北岳を見たかった ので午前3時に歩き始めます。

ヘッドライトをつけて…まあ、道はいいですけど、周囲 の状況なんかはわかりません。ただまあ、迷うところ間 違うところはないです。

午前4時すこし前に夜叉神峠到着。止まっていると寒い です。肝心の山のほうは雲の中であいにくでしたが、反 対がわがきれいに焼けたので無駄足ではありませんでし た。

あとは普通に歩いて、8時半頃南御室小屋到着。天気か らいっても辻山はスルーでしょう。まあ、北岳は雲の中 なので行くだけ無駄と判断します。

あとはよっぱらっておしゃべりして、夕焼けも期待でき ないのでいい頃合いになったら寝に入ります。と同時に ふりはじめ。
なんかこれが良くなかったみたいで、一晩中降っている 夢を見て、うーん明日の出発は遅らせますみたいなこと を宣言しているのがリアルなのかドリームなのかわから ない状態で寝ましたが、テントから顔を出してみると空 は青いところの方が多いようで一安心です。

翌朝は2時出発です。深夜まだ寝静まっている時間です のでさっと出たいところですが、同行者不慣れでけっこ う長い時間ガサガサします。僕から代表で謝っておきま すが、深夜スタートする場合、前日中に準備を済ませて 次の日の方針を決めておいて、朝はできるだけ音を立て ずに出たいものです。テント場でも電気をつけない位の 配慮が欲しい。

というわけで、2時にスタートしまして、3時半くらい に薬師岳。今回撮影した写真はこちらです。

http://tozan.net/syashin/yakushi/index.html

ですが、これが最後の1枚。あとは黒い雲に覆われてガ スまみれで写真になりません。同行者は先に観音岳へ向 かうとのことなので追いかけまして、観音岳付近で日の 出。まあ、普通にいつ出たのかわかりません。

ここから地蔵岳へ向かいます。どっかで写真撮りがてら 待ってようかと思ったのですが、どうせたいした写真は 撮れそうにないし、行っても行かなくても時間は一緒な ので地蔵の基部まで行きます。

ホントは地蔵までいったら白鳳峠を下ったほうが早いの ですが、白鳳峠を嫌ったので往路を下山します。テント 場へ戻ってくると、ふたたび雨…けっこう本降りの雨に なったので周囲は完全防備。ですが、樹林の中だし長時 間は降らないと読んで雨具なしでスタート。この読みが あたりまして、登山道に入る頃にはほとんどあがってし まいます。

帰りは小仏の事故渋滞にハマりますが、新兵器を駆使し まして最小限のストレスでのりきり、再び東京へ。そし て東京からひきかえして神奈川の自宅まで戻りました。


登山道の整備状況は良好でとくに危険なところはないと 思います。体力的にも1泊2日なら劇的に厳しい、とい うことはないでしょう。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 夜叉神ノ森〜夜叉神峠〜杖立峠〜山火事跡〜南御室小屋〜薬師岳〜観音岳〜地蔵岳 往復
地図 昭文社 甲斐駒・北岳
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 以下夏場の情報です。夜叉神ノ森〜南御室小屋間、だいたい5時間。とくに急なところも危険なところもありません。 南御室小屋〜観音岳間 2〜3時間程度。とくに危険なところはないでしょう。夜叉神の森から入山の場合、通常 南御室小屋(か、ルートによっては鳳凰小屋)で1泊しますが、日帰りする人もいます。薬師小屋に泊まる場合水 がないので水を持参するのと、あと予約を必ず入れていってください。南御室小屋に泊まる標準コースの場合、体 力度★★、危険度★。
所要時間 以下は夏場のコースタイムです。冬場はトレースの有無や積雪によってタイムが変わるので一般的なCTはつけられません。
夜叉神ノ森〜夜叉神峠 1H
夜叉神峠〜杖立峠 1H30
杖立峠−山火事跡 1H30
山火事跡−苺平 1H
苺平−辻山 30分
苺平−南御室小屋 40分
他の季節 年末年始は山小屋も営業するのでトレースは期待できますが、それ以降はトレースがない可能性も あります。2月でも入山者はそこそこいるようですが、大半は辻山まで。そこから先は入山者も期 待できません。12月〜4月は雪山装備。GWはどちらでも対応できるようにしておいてください。 6月にいったときは、積雪はほとんど残っていませんでした。夏山シーズンは6〜9月頃。タカネ ビランジは8初あたりです。
2007冬山シーズンは、極端な異常気象で積雪も近年まれにみる寡雪です。本文が例年の状況を示し   ているとは考えないでください
トイレ 夜叉神ノ森にあります。あまりきれいではなかった記憶があります
水場 南御室小屋
避難小屋 ありません
幕営適地 夜叉神峠、南御室小屋。あと、冬季の山火事跡。山火事跡は夏場はもしかしたら石だらけかもしれない し、そもそも国立公園内なので…
交通 冬季はバスがないので、タクシーをたのむようです。車の場合は夜叉神ノ森まで入ることができますが、 この林道の状況は猫の目のように変わるので事前に通行可能かどうかチェックしてでかけてください。駐車場まで舗装。
登山計画書 トンネル入り口脇にポストがあり、用紙筆記用具備え付け。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net