サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

小河内岳へいってきました(鳥倉終点より往復)

今年はもう無理、と思っていたのですが、突然枕元にすきやきの神様が たった。明日のこぶ…げふんげふん、小河内岳の夕食はすきやきだぞ。 すきやきはとっても食べたいので、急遽荷物を準備して鳥倉へ向かった。

まあ、すきやきは自分で背負うんだけどね。

もう、本当に今年は夏山へ行けないと思っていた。だけど、神様(す きやきの、ではない)は見捨ててなかった。このね、完璧な晴天の2 日に、ふってわいたように休みを与えてくださった。

鳥倉の終点にやってきまして、日の出すこし前に歩き始めます。小河 内岳は水のない小屋で、水を背負わないといけないんだけど、水場で 汲めばいいから、そんなに荷物は重くない。たぶん、30キロを少し 欠けるくらいではないかと思う。カメラが2台で軽い方がフルサイズ。 レンズが4本。まあ、三脚は2本持ちたいところだけど1本にしたあ たりにまだ理性があった。でもって、すきやき鍋と食材一式。

ゲートから歩いて、鳥倉登山口に着く頃にはもうあたりはすっかり明 るくなっていました。ここをね、テクテクと歩いていると後ろから歩 荷さんに追い越されます。甲武信小屋の歩荷としては、あんまり歩荷 さんに負けるのは悔しいのでおっかけて水場で追いつきます。2Lば かり水を汲んでいる間に追い越されますが、小屋前で再び追いつきま す。でも、実質的に負け。多分、荷物は同じくらい背負ってるんだよ ねえ。くやしいですねえ…

というわけで、三伏峠でバッヂを買います。自分用ではなくて、子供 用。子供がね、最近バッヂ集めているんですよ。だもんで、バッヂ買 います。再び重くなりました。いや、大した重さじゃないですけど。

三伏峠のテントは4張り程度で、なんか、異様に少ない感じがします。 三伏のテント場ね、僕13回とおっているんですよ。だけど、あんな にテントの数が少なかったことはなかった。

三伏峠を過ぎると、人は格段に少なくなります。いや、もとからなん か異様に少ないですが、それがもっと少なくなる。まあ、1時間に1 組、というほどではないんですけど、ゴールデンタイムに、僕がすれ 違ったのが3組かな?まあ、そんなかんじです。烏帽子岳の直下で雷 鳥を見送りまして、烏帽子へ出ると周囲が一望になります。

塩見が、目の前に見える。そして…

僕が足跡をつけた、かずかずの山々。

もう、あの山を踏むことは叶わないのだと知った。


だけれども、南というやつは、本当にいい気分になれるものだ。荷 物は簡単に下ろせる重さでないので背負ったまま、少し周囲を楽し んで、下りにかかります。もちろん、富士山も見える。写真はちょっ とダメかなあ、という感じだけど、目の前に小河内岳が見えた。

だけれども、ここで足が攣るわけなんですよ。調子こいて競争した せいかどうかは知らないけど、もう足がパンパンで上がりません。 ちょっとなんか、無駄に休んだりします。その、パンパンがね、 すーっと引くタイミングがあるんですよ。水なのか塩なのかわか んないけど、水分とって塩分とったら快復した。快復したけど、 やっぱり休み休みで小河内の避難小屋へ到着です。河村さんこん にちは。今年もすきやき背負ってきたよ〜。いやあ、もう今年は こないんじゃないかと思ってたよ。やっぱりそうか。

でまあ、河村さんと話し込みまして(内容はクルマの話がメイン… もうね、山の話はひととおり済ませているの) 誰も通過しないねえ。もう今日は僕一人だねえ、なんて言ってい た頃に1人増えます。当たり前だけど、夕食は僕らはすきやき。 ごめんね。
中岳避難小屋の山中さんの方には今年もいけないので、無線で連 絡とってもらって、よろしく伝えてもらいます。

夜ちょっと写真にでたんだけど、ピントがイマイチで全滅でした。 星景写真得意な人いたら、あの、ピントの合わせ方おしえて欲し いと思います。

朝は4時頃から写真にでまして、1人見送った後朝食。少し風が 強いけれど、今夏一番の天気になりました。

南の天気は僕の味方。
いつも、南では天気に恵まれることになっている。

また来年もくるからね、と果たせるのかどうかよくわからない ような約束をかわして小屋をでます。

山頂なんかはどうでもいいか、と思うんですけど、山頂を踏まな い登山は不毛だし、行っても3分なので、やっぱり行っておきま す。山頂を踏んだら下山です。

帰りはひたすら往路を下山するわけなんですけど、今年は9時10 分のバスを20分ばかり遅れて見送ってしまい、ゲートまで歩き ます。ゲート到着は10時くらいだったでしょうかね。そして自宅 へ戻ったのが17時すぎだから、やっぱり片道7時間。すぐそこに あるようで、遠い山だなあ、と思いました。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 鳥倉林道ゲート−鳥倉林道終点−三伏峠−烏帽子岳−小河内岳 往復
地図 昭文社 赤石・聖岳
Google 小河内岳
地形図 塩見岳
難易度 特別に難しいわけではありませんが、ガレのふちを回るところがあるので、滑落しないように注意が必要です。鳥倉から三伏の間は滑りやすい桟道が多いので足元に注意が必要です。
所要時間 鳥倉林道ゲート−鳥倉林道終点 45分
鳥倉林道終点−水場 2H
水場−三伏峠 1H
三伏峠−烏帽子岳 1H
烏帽子岳−小河内岳 1H30

小河内岳−烏帽子岳 1H30
烏帽子岳−三伏峠 40分
三伏峠−鳥倉林道終点 2H10
鳥倉林道終点−鳥倉林道ゲート 40分
他の季節 避難小屋の営業期間が夏の1ヶ月強だけで、期間外開放ですがシーズン選 びには注意が必要です。
トイレ 林道ゲート。林道終点は仮設。三伏峠、小河内岳は有料。
水場 三伏峠下40分くらいのところ、三伏峠先20分くらいのところ。
小河内岳には水場はありません
避難小屋 小河内岳避難小屋。有料。4500円(当時。2015年8月現在5500円)、期間外開放
幕営適地 三伏峠
交通 伊那大島駅もしくは松川インターからバス。1日2本。駐車場まで舗装。トレーラ不可
登山計画書 林道ゲート、林道終点にあり。用紙筆記用具備え付け。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他 東海フォレスト

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net