サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

2ー3で、岩手山(と八幡平)へいってきました。
(柳沢コース登山口より往復)

表題なのですが、岩手山にのぼった後、八幡平直下の藤七温泉 まで車を回して混浴の露天風呂に入った後、10分歩いて八幡 平の避難小屋(陵雲荘)に宿泊。でもって、ついでだったので 山頂も踏んできました。

19時30分という早い時間にこちらを集合して、途中21時 30分にもう1人拾い一路滝沢ICへ。正価約1万円のところが 1350円。今回は片道700キロと距離が距離なので、50 キロばかり他人に運転を任せます。僕が他人に車をあずけたの は、1日で大阪と仙台の両方へ出張した日以来2度目です。

それでも登山口到着が4時すぎ。少し仮眠して5時に歩きだし ます。

登山道の様子は割愛しまして、いきなり山頂ですが、その展望 はおよそ700キロのドライブに見合うものであった。

8合目の避難小屋の前の水場はよく出ています。

早々に下山しまして、滝沢ICから松尾八幡平ICまで車を走らせ、 見返峠へ。まず2キロばかりくだった藤七温泉に入浴です。
http://www.toshichi.com/
海抜1400m東北最高所の温泉で、源泉から建物を隔てたところ に別浴もあるんですが、距離引き回しちゃってるんで普通の 温泉です。問題は足元から湧いている混浴のほう。某温泉サ イトで文句なし5つ星、「日本語の乱れを気にせず表現する ならば、(中略)こんなに素晴らしい温泉があって良いのか と(中略)手がつけられないほど、もう、アレです。カオス です。世も末です。トンデモナイです。物には限度と言うの がありますが、それを軽く超えています。つまり、マジでア リエナイです。」とまで書かせた東北随一の秘湯です。

ついでに書いとくと、混浴の露天風呂はいつも思うんだけど、 つくづく女性に生まれるべきだったと思います。どう考えても 混浴は女性の方が楽しいもんね。
まあ、藤七温泉はタオル巻いて入れるんで、難易度(?)的に はだいぶ低いです。まあ、あそこまでいったら勇気を出して混 浴の方に入っとくんですね。温泉の国の人間として、あれに入 らないなんてのはどう考えてもありえないです。


さて、1名を除いて混浴の温泉を堪能した後は、今夜の宿に移 動します。ただし、山ヤなので普通の温泉宿ではありません。 普通の温泉宿はどこも満室で取れなかった、というわけではあ りません。違うんだ〜信じてくれ〜〜〜ハァハァゼェゼェ

今夜の宿は、陵雲荘という避難小屋です。見返峠から徒歩10分。 八幡沼のほとりにある絶好のロケーションの宿です。ここに泊 まります。夕食は土鍋…またかよ。

ついでだったので八幡平の山頂も踏みます。宿から片道5分で 1座ゲットだぜ、とか喜んでいる人が約1名…

ちなみに、こんなところだから泊まる人なんかいないだろうと 思ったら、僕等のほかに2組もいました。1組は写真だったみ たいだけど、もう1組は謎です。

僕、八幡平にはじめてきたときは見返峠から往復とかいう悲し いコースだったので、2度目があれば、もっと充実した山行を やろうと計画していた。だけど、2度目も見返峠から往復。ぜ ひ、死ぬまでにもう1度くらい行きたいなあ、と改めて思いま した。

2日目は雨予報だったこともあるので、早々に下山(?)して、 朝から高速を走ります。なんだかんだ言っても帰ってきたのは いい時間でした。


ちなみになのですが、岩手山の馬返登山口にもキャンプ場があ ります(無料・要連絡)

 写真  駐車場の様子
 写真  
 写真 駐車場から見上げる 
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真 山頂を見る 
 写真  水場の様子
 写真  8合目避難小屋の様子
 写真  
 写真  
 写真  山頂
写真   
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  夕食
 写真 これでおしまい 

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 馬返し−五合目−山頂 往復
地図 Google 岩手山
地形図 大更
難易度 ★★。標高差が結構ある。日帰りには早出が必要
所要時間 馬返−2合半 1H
2合半−8合目 2H30
8合目−山頂 1H
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口、八合目避難小屋にあり
水場 八合目避難小屋前にあり。すぐわかると思います
避難小屋 管理人も入るようです。宿泊に適します
幕営適地 登山口。要連絡
交通 馬返しへはバスの便がありません。タクシーでの入山になります。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口で提出できます。用紙備え付け
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net