サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

5−6で、小川山へいってきました
(廻り目平から往復)


小川山は金峰山の裏にある比較的量感のある山である。金峰山が少しだけアル ペンムードがあるのとは対照的に、奥秩父の鬱蒼とした樹林の山という雰囲気 を色濃く残した、奥秩父では欠かすことのできない山と言えるだろう。

がしかし、小川山に登ろうという人はなかなかいない。登山口の廻目平あたり には人があふれているが、大半はフリークライミングの人で、この地味な山の ピークを目指してみようと思う人はさほど多くはない。多くはないだけに、こ の界隈では珍しく静かな山旅が楽しめる貴重な山である。

廻目平への最短ルートは、もしかしたら勝沼ICから川上牧丘林道をこえるの かもしれないが、このルートは悪路で有名である。少し遠回りをしたのかもし れないが、道のいいルートとして須玉ICから信州峠をこえて、北側からアプ ローチした。ICから1時間30分まではかからないが、それなりに時間に余 裕を持って出たい。廻目平キャンプ場のゲートをくぐって、駐車場に車をとめ た脇がキャンプ地である。車のわきがテントサイトだから、オートキャンプな みの物量作戦が展開できる。大型テントにタープくらいは普通で、もちろん僕 らはランタンにバーベキュー装備。お昼になるはるか前に到着して、今日は歩 くこともないので、読書をして、昼寝をしてすごした。山猫さんは3時間くら いのコースで廻り目平周辺を散策をしたようだ。
キャンプ場入り口のところは白樺の林の新緑になっていた。うわあこれはすば らしいなあ、と思ったが、残念ががらテントサイトは白樺林の中ではなかった。

翌6日は、朝から歩いて小川山の山頂をめざす。ただし、この小川山、取り付 きがちょいとわかりづらい。岩場を目指すルートの方が歩かれる人口が多いく らいだから、これが山頂への踏み跡かな、と思ってたどっていくと、岩場のと ころで行き止まりになっていたりする。で、小一時間のタイムロス。昭文社の 地図には廻り目平の拡大図がのっていて、とりつきの注釈がしっかり書いてあ るのでそれを参考にしたい。正規の登山道には、赤ペンキやテープが貼られて いるので、目印のないルートは違っていると考えていいだろう。
滝の方のコースは赤破線になっているが、こちらの方がルートもわかりやすく、 道は綺麗に整備されているので直接尾根にとりつくコースよりも歩きやすいか もしれない。タイムはどちらも同じくらいだ。

ルートは、カモシカコース分岐を少しこえるあたりまでは岩がちである。少し 尾根がやせた所もあるので注意したいところ。両手を使いたいところもあるが、 鎖が必要なほどの場所はなかったので、初心者ではちょっと苦しいがとりたて て熟練が必要というほどではない。そこから上は、苔むした床に樹林が覆う、 奥秩父らしい深い森のルート。時折展望も出るので、歩きやすく、なかなか気 分のいいところだ。だが、この苔が、なにやら乾燥してパサパサになっている のが気がかりだ。苔は根っこがないので空気中の水分の少ないところでは生育 できない。林の風通しがよくなると苔は退行してしまうだろう。昔と比べて、 少し環境が変わってしまったのだろうか。

山頂は残念ながら展望はないが、はじめから展望を期待せずに出かけたとし たら、雨の日とかでもいい気分になれるのではないかと思う。

のぼりコースタイムは、現地のパンフレットには4時間30分と書かれている が、いくらなんでもこれは見すぎだろう。昭文社のタイムでは3時間20分に なっているが、これはやや厳しいめのタイムかもしれず、僕らは3時間内外で 到着した。なにしろ2418mからの標高がある、マスの大きな山だから、そ う簡単には登らせてはくれない。やはり下にテントを張って、朝から1日がか りでゆっくり登るのがよさそうだ。

写真 小川山の快適なテント場
写真 駐車場はこんな感じなので大型車もいけます。
写真 でもって、周囲の展望はこれ
写真 岩登りのメッカです
写真
写真
写真
写真 登山道の様子
写真 シャクナゲ
写真 シャクナゲ
写真 登山道
写真 登山道から小川山方向を見る
写真 小川山
写真 苔むした原生林
写真 コケ
写真 コケですな
写真
写真 金峰山方向なんですけどガスってしまいました
写真 原生林
写真 シャクナゲ
写真 シャクナゲ
写真 シャクナゲ
写真 小川山
写真 岩岩
写真 滝滝
写真 花花
写真 新緑新緑

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 廻り目平−小川山 往復
地図 昭文社 金峰山・甲武信
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 ロープのかかったところが何箇所かありますがさほど難しくありません。
他の季節 不明。廻り目平の営業は11末まで。
所要時間 登山口からのぼり3時間40分程度。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 廻り目平にあるのが最後
水場 廻り目平以外にはありません
避難小屋 ありません
幕営適地 廻り目平
交通 廻り目平に駐車場あり。
キャブコン可
トレーラ不明。廻目平には駐車スペースはあるのですが、残念なことに入り口にセンサ式のゲートがあるの で、これがどう動作するかわかりません。まずトレーラ付きの車のことなんか考えてはいないだろうという 予測はできるので、ゲートを壊したくなかったらやめておいた方がいいと思います
この道路沿いに トレーラがデポできる場所があったかどうかは記憶にないので、このサイトでは一番確実な、 信州峠東側(牽引免許サイズ可)か、 道の駅南きよさとを紹介しておきます
マイクロバス可
大型バス不可
登山計画書 不明だが登山ポストの類は見当たらなかった
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net