サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
        という山をご存知でしょうか。甲州・武州・信州の3県にまたがる山
        なので甲武信山、という安直なネーミングなのですが、ここも気になっ
        ていたのに登る機会のなかった山です。去年GWに登る山の候補に入っ
        たのですが、積雪ありとのことで見送られてしまった山であり、
        また去年GW1日目に遺体が発見されたことでも有名な山です。今年
        は去年より積雪が多いとのことながら、金峰山でもあの位、という頭
        があったので、それよりは甲武信はマシだろう、と考えての登山です。
        因みに、今年は鳳凰三山へ行くつもりだったのですが、どうも積雪具
        合が尋常でなさそうなので、6月以降改めて、ということで、このG
        Wは細切れの山ばかりになってしまいました。本当は避難小屋とか使っ
        て丹沢の縦走もしないといけないんですけどね。
        という訳で、甲武信山ですが、雁坂トンネル直下の西沢渓谷からスター
        ト。登り5時間15分、かと思いきや、手前20分が車両進入禁止の
        ため徒歩で、ということで、「登りで」5時間35分という激しい山
        であることが、現地で判明しました。おまけに一昨日の筋肉痛はまだ
        持っている為今日は出だしから暗雲状態。とりあえず午前4時20分
        から歩きはじめ、日が出てきてかなりいい状態になったので写真を撮
        ろうとしたら・・・カメラの電池がない!く〜〜何しに来たんでしょ
        うかねえ。
        で、西沢山荘横を右へ入り本格的な登山道。あまり踏み跡のはっきり
        しない笹薮様の道を登るが、すっかり春状態で緑色になっている。前
        回とスタートの標高の違いを感じるが、感じるだけでは危険なので笛
        を取り出して熊よけ鈴代わり。やがて朝日が昇り、7時頃1869m
        ピーク到着。ここで初休憩。フリースから蒸発する汗で前が霞むよう
        な状況になってしまっているので、ここで1枚脱いでスタートしよう
        としたところで1人目とすれ違い。
        日が上がってくると前日降った雨のせいかガスが上がってきたが、そ
        れとともに登山道にも雪が現れる。なんとか誤魔化しながら登り、
        2000m前後のところでアイゼン装着。昨日雪が降ったようで、ク
        ラストの上に新しいみぞれ状の雪が上にのっかっている状態。いかに
        も雪崩の出そうな・・・って、1センチ2センチの雪が流れたところ
        で・・・それが、やがて積雪量が多くなり、足首までのラッセル状態。
        金峰山よりはマシだろうと思っていたのが、全然マシでもなんでもな
        い。今日はだらだらと登る特徴のない尾根であることがわかっていた
        ので高度計をセットしてきているが、その針もあがったりさがったり。
        2200m付近まできていることはわかっているのだが、なかなか稜線が
        現れない。ひょっとして標識は雪の下?と思った頃ようやく稜線に出
        た。あとはもう楽々、木賊山までちょっとした登りを過ぎると下る一
        方で、下りきったところに甲武信小屋。到着は9時過ぎ。さすがに早
        いかなあ、と思いつつテント申し込みをすると、受付は2時からとの
        たまう。天場は小屋前とはいえ全く展望なし。なんか、去年テレビで
        見たヘリからの映像(遭難報道)とずいぶん様相が違う(去年は雪な
        かったしね)これは羊頭狗肉だ〜(全然意味不明)
        じゃあとりあえず山頂、ということで山頂を目指すが、これがちょっ
        としたアルバイトで、おまけに雪がついていない岩場もありかなり歩
        きづらい。ケルンが積んであって、目一杯登ったのでそこが山頂なの
        かな、と思ったら、やや下り気味に奥へ行ったところが本当のピーク。
        展望の方は、やっぱり高い山ですね。西側は完全にガスっちゃって何
        も見えないのに、東側はクッキリ。見えているのは秩父山系でしょう
        か。時々西側も霧が晴れ、国師岳や五丈岩、雪化粧した金峰山が顔を
        出している。やはり金峰山でも雪が降ったようで、2日目に見たとき
        より積雪が増えているようだ。富士山は見えない。
        ここに別のパーティがいて、どうやらこの組はこれから下山らしい。
        今日はカメラもないことだし、天場からの展望のもない故長居をする理
        由はない。時間を計算すると、5時間で降りても3時。7時前位まで
        は日があるし、それまでに林道へ出ればいいんだから楽勝。僕もさっ
        さと下山することにする(って、西沢渓谷からテント背負って上がっ
        て日帰りで下山するのは、後にも先にも僕だけだろうな)
        で、木賊山への上りも思ったほどではなく比較的楽にクリア。積雪の
        おかげか1869mピークへは比較的楽に下山し、ここで鉄道跡方向のルー
        トへ入る。谷筋というか、尾根を一旦外れるので、大きく下って、比
        較的短時間で硅石採石場跡へ出るが、ここから先がなかなか沢へ出て
        くれない。ようやくそれらしいところへ出たので、ここだ〜と思って
        先へ進むと、なにか妙に踏み跡が薄い。どう見ても人工的な階段がつ
        いている上、もともと踏み跡の薄い山なのでさほど気にせず沢へ降り
        ると、どうも場所が違うらしい。発電なんかで小屋関係者が沢筋へ降
        りるための管理道に間違って入ったのだろうと思って下流を見ると木
        が渡してある。あそこが本来の道か、と思って、周囲を見回すと、対
        岸を通ればその場所へ行ける。で、渡渉できる場所を探すと、上流の
        方に渡渉できそうなポイントがあったのでそこへ向かうが、手をかけ
        たら石が落ちてきて手に怪我。かなり血が出ていたので、焦るな、落
        ちたら死ぬぞ、と言い聞かせて慎重に渡渉し、藪こぎして渡してある
        木のところへ行くと、どうもこれも違うらしい。えーっと道に迷った
        ら元の道へ戻れ、だよな。と思って、とりあえず落ち着かせる為水を
        飲んで、元の道へ戻れる場所を再び慎重に渡渉して上流へ向かうが、
        もう完全に焦っているのが自分でもわかって、ひっかかる三脚を力づ
        くでバキバキやっている。なにしろ本来の登山道ではない場所だから
        こんなところで怪我しても誰も助けにきてくれない。
        焦るな焦るなと言い聞かせて階段を登り返したが、これが辛いの何のっ
        て、もう登りはないぞ、と思っていただけにこの登りは精神的にも辛
        く、元の位置へ戻るなり座り込んで大休止。遭難時間約30分。
        沢筋で道に迷うのは最悪で、まあ沢を下ったら大抵は死ぬし、沢へ落
        ちて死ぬのもよく聞く話なんで、あの場所でも数人死んでいるんでしょ
        うね。というか、死んだ人の霊が呼ぶんでしょう。
        で、幸いにも本来の登山道をみつけられたんで、そこを下ると100m
        ばかり下流で出合。木橋を渡るとまもなく軌道跡が出てくるのだが、
        鉄道の走っていたところを歩くんだから、あとはもうハイキングだな、
        と思ったのが大間違いで、あちこち大崩壊。靴の幅しかないような登
        山道の下が100m以上切れ落ちて沢まで行っている。もういい加減
        疲れているし、麓まで1時間ないのはわかっているんだから、早く下
        りたいわけですよ。で、こういうときは大抵踏み外したりするんで、
        焦るなー焦るなーって、ブツブツ言いながら最後の歩を進めると、や
        がて道路が見えて、人が歩いている。さすがにこれは嬉しかったね。
        で、ほどなく下降して無事下山。2匹の蛇とも遭遇して、麓はすっか
        り春。長い林道歩きを最後に5分残して、雨が降り始めた。
        山の上は恐らく今年最後の雪だろう。

        西沢Pから入ると、まず最初に公衆トイレがありまして、そのすぐ先
        に大きな看板で「甲武信岳登山口」と書かれていますが、こちらのルー
        トは危険なので、奥側の、西沢山荘横から登られることをおすすめし
        ます。すぐ下に道の駅もありますから、駐車場には困らないでしょう。
        カード提出ポストも数箇所に設置されています。

        西沢P      4:20
        西沢山荘    4:40
        1869mピーク 7:00頃
        山荘        9:30頃
        山頂        9:40-10:00
        1869mピーク 11:30頃
        遭難        12:30-13:00頃
        下山        14:00


山梨交通へリンク

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net