サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
12月30日

薄明るくなってきた6時30分に西沢渓谷をスタート。駐車場から見える鶏冠山が少し 赤みがかるが、さりとて積雪はさほどとも見えず、今回は楽勝ムード。十文字峠からに すればよかったかな、などとチラっと思う。
一応念のためビーコンの動作を確認したあと荷物を背負う。暫くは軽い積雪の遊歩道で 橋の上だけ凍結しているところを歩いていき、途中の休憩所で登山届を提出する。すぐ 右手に鶏冠山林道入り口が出てきて、その左手に甲武信岳登山口(戸渡尾根コース)と いう看板を見るがここは無視して直進。ヌク沢を橋でこえたところにもと旅館と思しき 建物があり、その脇にひっそりと立つ小さな看板が徳ちゃん新道の入り口。うすら白い 道から一歩登山道に入り込むとそこは白い踏みあと。雪の中から生える笹原ははじめは ほとんど標高を稼がずヌク沢の脇の平坦部をいく。すぐ南南東方向に伸びる尾根に東側 からのっかる。左の方でしきりに鹿の鳴き声をききながら1300まで登りに身を任せ る。地図で見た印象よりもすこし細い尾根。
1310付近の木の下に出た露岩のホールドを何故か探してしまうが、休憩所に貼って あった「遊び半分にボルダリングして重傷」の一文を思い出す。少しだらだらっと登っ た後少し足場の悪い急登で本日一番キツいところ。これを登りきると1470あたりの、 何の特徴もない場所でヒョイと尾根にのる。とてもここから尾根が派生しているとは思 えない荷物を降ろすだけのスペースもない場所。樹林のなかから鶏冠尾根の厳しい1956 が目の前に見える。左の方はそのまま尾根を直進しないようにトラロープが張られてい て、右を10mもいくと尾根の派生元と思われるポコン。後続の到着を3分ばかり待っ てこのやせた尾根を進んでいく。1500付近は少し登山道に枝が出ていて大きいザッ クにはうるさい。この付近でついに目の前を鹿が横切る。ちょうど通り道になっている ようでだいぶ横切ったあとがついていた。
1619あたりはすこし広い疎林になっていて少し北八つのような雰囲気。1619を 10mくらいあがった場所で休憩。だんだんとシャクナゲが混じり始める。1800付 近で一段高くなったところへ出て、ここが絶好の展望のポイント。ふりむいて正面には 黒金山、左奥には大菩薩嶺でその奥に三つ峠や富士山が見えていたような気がしたのだ がカシミールでは確認できず。
ここから10分もあがるとすぐ1859の近丸新道分岐に出る。11時15分頃到着。 決して広くない、数人のパーティが休憩すると脇をさけて歩かないといけないような場 所。本日くだりの1名がここでラーメン作成中。もう下るだけなのでゆっくりいくそう。 同行の1名がコーヒーをわけてもらい先へ進む。
白く粉をふいたような状態のシャクナゲの間を縫い、暫くは単調なキツいのぼり。2230 のポコンの15mばかり下で休憩をいれ、再び急登をあがっていく。あれだけ堂々と見 えた木賊山が正面にほぼ同じ高さに見える頃登山道は左から裏手へ回り込み、いよいよ 山頂がやってくる。トレースはしっかりした状態でアイゼンの要らない気持ちのいい踏 み跡。少しいい時間になってきて斜陽の日がさす展望のないピーク。
あとは甲武信小屋まで下る。途中1箇所樹林を抜ける場所があるが、ここで槍ヶ岳を見 る。通り抜ける強い風。何mでもないので一気にいくつもりが立ち止まられてしまい顔 を冷やす。
小屋の到着は15時すぎ。とても山頂を往復できる時間ではなく、テントを張るなりす ぐ就寝とする。途中トイレに出るが、東京方面と思われる明かりがちょこっと見える。 雁坂方面はトレースまったくなく雪が深い状態なのでいくべきでないとの指示。翌日は そのまま下山することにする。

12月31日

目がさめたのは7時。都合13時間も眠りつづけた計算になる。あまりにも暖かく寝過 ごしてしまった。この日は最低気温でマイナス11度だったそうだ。とりあえず三宝山 を往復することにして出発。甲武信岳はすぐ目の前で400mほど。三宝山へは悪い下 りで鞍部へ下りきったあと30分ほどの距離。ずっと樹林の中で何がしかの動物の糞と 足跡を追いながら、ついたばかりのトレースをたどって山頂へ。
三宝山は別に何というピークではないが、とりあえず埼玉県最高峰でもあるし、山容と しては間違いなく甲武信岳より立派。展望は山頂からはなく、疎林の切れ間から見る。 甲武信岳と、木賊山は甲武信より目立った存在。東方はほとんど展望なく、西南方向に 展望が得られる場所。金峰山や国師ヶ岳は立派に見え、そして右に小川山、さらにその 奥の八つ。いったん甲武信に戻って振り返ると三宝山の左に浅間山がはっきりと見え、 右側に谷川岳から日光白根あたりまでうっすらと見えている。左は赤石岳まで確認でき たが聖岳が不明。笊が見えていたので見えていたのだが見落としていた公算が高い。北 ア方面はガスの中っぽく、展望は少し落ちてきている様子ではあるがまずまず。
この日は下山の予定であったが山頂でのんびり過ごしてもう1泊にする。
今日は小屋泊まりにしてタダ酒を山ほどいただく。酒が入ってくるうちに雁坂方面の話 になって、小屋番も僕もどっちもどっちで、もう1人いればいくんだけどなあ、などと いう話から、小屋の若いのをつけるからいっとけ、よーしそれじゃあいったる、という 話になり、翌日は雁坂へ向かうことに再び予定の変更となる。さすがに日が変わるまで は騒がなかったが久しぶりに羽目をはずす夜となった。

1月1日

一応日の出を見ておこうと、5時過ぎに起きて6時から山頂を目指す。夜は小雪が舞っ ていたが直前には星空も出て、今年こそは、と思ったのだがやはりダメ。東側に厚い雲 が出ていつ日の出になったのかもわからなかった。昨晩木に張り付いた雪がえびのしっ ぽ状になったところを堪能したあと、せめてもと思いとりあえず山頂を踏 み、戻って食事。十文字峠で渋いお正月の予定であったのだが、諸般の事情により渋み が足りない山行になってしまったので渋いお茶を飲む。
結局今日は小屋の人はつかず僕ら2人だけ雁坂へ向かうことになった。
8時半に出発する頃には雲は薄いながら雪も舞い始める。木賊山の分岐から先へ進むが、 撮影ポイントまで踏まれているとされていた部分もかなり深く、トレースをはずすと股 下までもぐる。連れのラッセルははじめから期待していないので、1人でラッセルして いくには、これはちょいと厳しい。わかんでもおそらくひざになるのではないか。
1ビバークは覚悟だったが、1ビバークでいける保証はなにもなく、2ビバーク目は非 常食のみの厳しいビバークになることは目に見えている。
あるいは、はじめが上げラッセルであったなら行けたのかもしれない。少なくとも上げ ラッセルのピークを踏む価値はある。ただ、出だしからちょいといやらしい下りだった に過ぎない。
あるいは、単独ならいったかもしれないが・・・
初心者づれで無理すべきではないな、と判断したのは2分後。ものの10mも下ったと ころだった。

好天の中軽く雪の舞う西沢へは昼過ぎに下山した。駐車場に下りる頃には天気も回復。
3日前と比べるとずいぶんと雪は解けていた。1800m付近でアイゼンをつけたが、 実質的にはアイゼンもわかんもピッケルも要らない、渋味の足らないしょっぱい山行 になってしまった。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 西沢渓谷〜徳ちゃん新道〜甲武信小屋(泊)〜甲武信岳〜三宝山〜甲武信小屋(泊)〜西沢渓谷
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 今回は30年ぶりの大雪ということで難儀しましたが、例年であればもっと楽で雁坂方面まで縦走することも十分可能と思います
所要時間 三宝山往復なら2日。今回は積雪が多かったのでちょっと時間がかかってます
他の季節 小屋が営業していない期間があります。お正月の積雪は30センチでたいしたことはあり ませんが、樹林帯の中なので正月すぎには厳しいラッセルになる可能性が大です。GWあ たりは普通に入れますが積雪はあります。シャクナゲは6月で、この時期が一番混雑します。
トイレ 甲武信小屋。西沢渓谷のものは冬季使用不可
水場 ありません
避難小屋 ありません。ルート外では笹平にあります
幕営適地 国立公園内のため・・・。場所自体は点在していますが甲武信岳山頂は不可と思います。
交通 車の場合、勝沼ICから29Km、参考タイム40分。
一宮御坂IC経由でもほぼ同じ時間になるはず。
オギノ脇から塩山駅のゲート下をくぐってすぐ左へ折れ、恵林寺わき経由でR140へ出るのが一番早いと思う。駐車場まで舗装
(2005.3.20追記) 西沢渓谷へは山梨市駅からバスになります。(塩山駅からのバスは廃止になった模様)
登山計画書 西沢渓谷の遊歩道をいったところにあるトイレに提出場所あり
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net