サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

へ、行ってきました。

明日金時山へどうしても出かけたいんで、今日はバッテリ 1本使い切ったら、寝ます。

例によって、徳和→錦晶水→月見岩→山頂→迂回ルート→ 道満尾根→徳和、の8の字巡回。


寝不足がたたって朝から体調不良です。登山口を出発する までに3回の仮眠をこなしますが、出発から調子が上がり ません。徳和から登山口までは20分くらいの車道歩き。 このルート、林道→銀晶水→林道跡→林道跡→錦晶水、と ランドマークはたくさんあります。錦晶水で休憩に入って、 月見岩のところで2度目の休憩に入ってもらいます。今日 は冬型が決まって、朝は絶好の好天だったのですが、冬型 が強すぎて次第に天気は崩れ始め、小雪が舞い始めます。 積雪は、かなり下の方からうっすらとあって、上の岩場の ほうまでずっとうっすらで厄介です。昨日人は入っている 模様です。

乾徳山といえば、登山道に変化があって、山頂付近の岩場 が人気ですが、…はっきりいって、この積雪で相当手ごわ い状態になっていました。鎖場どころか、1本目の鎖の手 前の、スラブ状になったところをぐるっと回り込む岩のと ころで、こりゃダメだ。一旦敗退を決め込んで昼食にしま す。で、帰りはアイゼンつけておかないと怖いんで、アイ ゼンをつけて…うーん、悔しいなあ、と思ってアイゼンを つけた状態で登ったら、なんとか登ることができました。 山頂はもう目前ですので、上を目指すことにします。
1本目の、上下2段になった鎖はアイゼンではいけないん でアイゼン外して登山靴でいきます。上の段は、2本かかっ ているうちの、僕は右側の鎖を使ったんですけど、足場が ことごとく斜めになっていて、そこに雪がついているもん だから相当怖い思いをしました。1人だったら敗退にして いたかも…

2本目は下から眺めるだけで、鎖に触りもせずに裏からう 回します。まあ、このあたりがやっと「いい判断」と呼べ る部類でしょう。

乾徳山の鎖場は、ただでさえ2000m級としてはかなり あなどれない鎖場だと思うのですが、この時期はさらに難 しくなっていると思いますので、相当覚悟を決めてかかっ た方がいいでしょう。

一旦はあきらめた山頂に無事到達しますが、展望はかなり ガスがちで、富士山も頭を雲で隠しています。北側の迂回 ルートへのトレースは風で完全に消えてしまっているので、 少し偵察に出て、すぐ鎖と梯子をみつけました。でも、そ こまでの足場があまり良くありません。気をつけて歩いて 下ります。山頂の北隣の小岩峰をこえて稜線を西側へ離れ ると、あとは生死にかかわるような場所はなくなります。 長く単調な迂回路を歩いて、ほどなくして高原ヒュッテ (避難小屋)へ出てまいりました。
帰りは道満尾根の方へ行きます。この尾根を進んでのぼり きったあたりから見る富士山は最高なのですが今日は残念。 この尾根を急降下して、徳和までやってまいります。


結論としては、アイゼンはじめての人をここへ連れていっ たのは、大失敗でした。金時山の裏側も凍っていてアイゼ ンつけて歩けるような状態になっているから、こっちの方 がよかったかもしれません。

写真 駐車場はこんな感じで20台程度。トイレはありません。この日は入山者は我々だけだったようです
写真 乾徳神社
写真 富士山。朝はまあまあ良く見えました
写真 登山道の様子はこんな感じで
写真 月見岩
写真 乾徳山の山頂へやってきました
写真 道満山の山頂
区切り線
*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 乾徳登山口−銀晶水−国師が原−道満尾根−徳和駐車場
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 ややミスコースしやすそうなところがあったのと鎖場ありで中級〜としておきます。雪がついてしまうと、鎖場は☆☆☆難度と考えていいと思います。
所要時間 徳和駐車場−乾徳登山口 20分
乾徳登山口−銀晶水 40分
銀晶水−錦晶水 50分
錦晶水−国師ヶ原 10分
国師ヶ原−扇平 45分
扇平−乾徳山 1時間

乾徳山−高原ヒュッテ−国師ヶ原 1時間30分
国師が原−道満山−徳和駐車場 1時間30分
他の季節 さほど深くはならないと思うのですが、雪がつくと岩場がかなり厄介なので、基本的に無雪期の山と考えた方がいいでしょう。夏は暑いと思います。
トイレ 徳和駐車場にはありません。道の駅まきおかを使ってください
水場 銀晶水は凍っていました。
錦晶水は大丈夫と思います。
避難小屋 高原ヒュッテはあまり綺麗ではありませんが宿泊に適します。15人くらい?
トイレなし。寝具なし。
幕営適地 高原ヒュッテ前に2〜3張り
交通 塩山駅からバスが出ていますが行きのバスに乗って登山して帰りのバスに乗るのはぎりぎりらしいです。タクシーを利用してください。
車の場合徳和に無料の駐車場(20台)があります。免許不要サイズのトレーラ可。駐車場まで舗装
登山計画書 ポストはみあたりませんでした。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net