サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

写真


22-24で、甲武信岳へいってきました。
(西沢渓谷−雁坂峠−雁坂小屋−破不山避難小屋−甲武信小屋  −甲武信岳−西沢渓谷)

もう今年に入って30回くらいピークを踏んだ甲武信小屋の話 なのでアレなのですが、さりとて西沢から雁坂峠へあがるのは 今回がはじめてなので書いておきます。

1日目

西沢渓谷の中の駐車場を使ってもいいのですが、たぶん駐車場 がカオスになることが予想されます。手前の音入処(おといれ どころ)の駐車場を使います。
車道を下へ向かって5分くらい歩くと、左手に入り口の道標が でています。釣堀の奥で左に折れ、すこし登山道をあがってい くと舗装された林道に出ます。出発から1時間30分で沓切橋 までやってきて、ここが林道終点。あとは2時間半の登山道歩 きで雁坂峠です。ランドマークは、沢の中を歩くところがだい たい中間点で、もう少しいくと沢から離れて地面がかわいてき ます。荷物が重くてひーひー言ってしまいました。

雁坂峠から雁坂小屋へはくだり10分。今日は小屋番が誰もい なくて開放小屋になっていました。開放小屋の使用は2000 円とか書いてあるのでテントを張ります。
水は蛇口の方から出ていましたが、出ていないこともあってそ の場合は130m下ったところに水場があります。これも出て いなかった場合は1キロ以上下までいかないといけないらしい。 小屋番がいない位ですから、突然いって食事は出てきません。 食事が必要ならあらかじめ予約していくのが安全です。 夕食は土鍋とワイン。

2日目

朝は低くたれこめた雲が多く写真撮影になりませんでした。 峠まで15分歩いて携帯の電波をチェックしたあと、雁坂嶺方 面に向かいます。雁坂嶺までは40分で山頂は展望がありま せん。続いて破風山(現地の道標には破不山と書いてある) をいくのですが、東破風山と西破風山の間は花崗岩がむきだし になってガラガラしているので足場が作りづらいところがあり ます。

笹平まで下ってくると、中央に破不山避難小屋というのがあ りました。昔は笹平避難小屋といいました。

あとは単調な登りでじっと耐えます。賽の河原とかいうとこ ろへやってくると展望がひらけますが、もう富士山は霞の中 で見えません。まきみちを駆使して甲武信小屋へ。荷物をデ ポした後山頂を踏み、今日は小屋泊です。

3日目

日の出前に山頂へいって光芒の富士山を撮ろうと思ったのだ が失敗。朝食を食べて、あとは木賊山をこえて、西沢渓谷へ まっすぐ下りました。
その後プールにいって、2000m泳いだのは秘密

もう初雪があったので、そろそろ軽アイゼンくらいは忍ばせ ておいたほうがいいでしょう。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 西沢渓谷−雁坂峠−甲武信岳−徳ちゃん新道−西沢渓谷。
地図 Yahoo! 甲武信ヶ岳
地形図 金峰山
難易度 沢の中でちょっと遠くのテープを拾わないといけないところが1箇所ありますが、とりたてて難しいということはないと思います。★★でいいでしょう。
所要時間 西沢渓谷−林道終点(沓切沢橋) 1H30
林道終点−雁坂峠 2H30
雁坂峠−雁坂小屋 10分
雁坂小屋−雁坂峠 15分
雁坂峠−西破風山 2H30
西破風山−笹平 30分
笹平−甲武信小屋 1H30
甲武信小屋−甲武信岳 30分
甲武信岳−西沢渓谷 3H30
他の季節 小屋が営業していない期間があります(12月〜4月末くらい)お正月の積雪は30センチでたいしたことはあり ませんが、樹林帯の中なので正月すぎには厳しいラッセルになる可能性が大です。GWあ たりは普通に入れますが積雪はあります。シャクナゲは6月で、この時期が一番混雑します。
トイレ 甲武信小屋、雁坂小屋、西沢渓谷
水場 雁坂小屋。小屋から130mくだったところだが、出ていない場合は1キロ下ったところ。甲武信小屋は有料か、笛吹川源流(7〜8分)まで下る。笹平の水場は不明。
避難小屋 破不山避難小屋。程度普通で宿泊に適する。
幕営適地 国立公園内のため幕営不可。指定地は甲武信小屋、雁坂小屋
交通 西沢渓谷P。勝沼ICから40分くらい。駐車場まで舗装。駐車場は観光バスサイズの枠もあり。大型車は道の駅みとみを使うと良い
登山計画書 西沢渓谷ゲートから30分くらい入ったトイレの前で提出可。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他 通常は徳ちゃん新道−甲武信岳(泊)−雁坂峠−西沢渓谷、で逆回り、1泊2日のコースを取ることが多いと思います。

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net