サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

12/30〜1/5と、甲武信岳にいってきました
(西沢渓谷より往復)

まずはじめに、今シーズンから川上村のバスが年末年始は休み になったそうです。来シーズン以降いかれる方注意してください。


例によって自宅から新湘南BP→西湘BP→東富士五湖道路→一宮、 と無料区間ばっかり抜けて西沢渓谷にやってきました。今シー ズンはスタッドレスが必要な状況です。

西沢渓谷の駐車場に車をとめまして、午前5時、ヘッドライト をつけてここから歩き始めます。はじめから雪を踏みます。 (例年だと2000mをこえるあたりから常時雪をふみはじめるの で、今年はかなり珍しい状態です)
30分弱くらい水平に歩いて、東沢山荘(休業中)のわきから 本格的な登山道になります。メインの尾根にのっかるあたりで ヘッドライトを消します。
登山道はかなり一本調子のしょっぱいのぼり。1869の10 分くらい下の富士山の見えるところで1回目の休憩。アイゼン はまだつけません。

でもって、

…足つったよ。2000mを少し出るかでないかのところで。ごめ ん徳さん今年はいけなかった。おまけに雪も降ってくるし、そ こをなんとかだましだまし歩いて、文章で書くとたいしたこと ないんだけど、痛いんだよこれがまた。11月12月と山らし い山を経験していなくて、実質的に2ヶ月ぶりの山。2ヶ月も 山があけば、登れるものも登れなくなっちまうってもんだ。

というわけで、徳さんにごめんなさいして、下山…




してしまうと話が終わってしまうので、頑張って小屋までたど りつきます。もう、ガレのふちを回るところなんか、ビューっ と風雪があたってね、寒いわけなんですよ。おい、それだけか い。文章力ないやつだな。あんまり寒そうじゃないぞ。

というわけで、小屋にたどりつきますと小屋番は歩荷で下山し ているとのこと。とりあえずふとんをしきまして、ふとんに入 りまして、そのうちお客さんがきたので案内しまして、

…予定の時刻になっても帰ってきません。そのうちに別のお客 さんもやってきて、

だいぶ遅くなって小屋番登場。ということで、この日は落ち着 いて話し込むことができません。

翌日は宴会。冬型がバッチリ決まったせいか、あまり人数は増 えませんでした。どんな様子かは行った人だけが知っている。 小屋の中でもマイナス十ン度ですからね。テーブルで食べて、 だんだんストーブに引き寄せられて車座になる宴会です。 でもって、1日の日の出はバッチリ見えました。八ヶ岳とかいっ た人は残念でした、と思ったのですが、八が見えたかどうかは 忘れてしまった。で、新年会。


今回はね、狙っている写真があるんです。夕日と富士山。富士 山と夕日の沈む位置の距離からいって正月しか撮れないので頑 張ってみました。でもねえ…

31日は雪。

翌日も、翌々日も頑張ったのですが、午後になると雲。2日も 出てみたのですが、3時頃になると西の空が真っ黒になって。 そのうちお客さんからは「プロの写真家ですか?」なんて言わ れる始末だけど、そんなかっこいいもんじゃないんですよねこ れがね。


ようやく4日の夕方に富士山と夕日を両方見ることができました。 でも、ちょっと思い描いていたのとは違うなあ。まあ、現像あ がってみないとどんな具合に写っているかはわからんです。ま あ、自分の目で見られただけでも6日粘った甲斐があったとい うものです。徳さんと「今日は良かったなあ」なんて言い合っ て。でも、全然違う構図で撮ってました。

というわけで、すっかりもち太りして帰ってきました。

 写真 今日はこの写真からスタート
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  これでおしまい

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 西沢渓谷−徳ちゃん新道−甲武信岳 往復
地図 Yahoo! 甲武信ヶ岳
地形図 金峰山
難易度  
所要時間 西沢渓谷−甲武信小屋 5時間30分
甲武信小屋−西沢渓谷 3時間30分
他の季節 小屋が営業していない期間があります(12月〜4月末くらい)お正月の積雪は30センチでたいしたことはあり ませんが、樹林帯の中なので正月すぎには厳しいラッセルになる可能性が大です。GWあ たりは普通に入れますが積雪はあります。シャクナゲは6月で、この時期が一番混雑します。
トイレ 甲武信小屋
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 国立公園内のため幕営不可。指定地は甲武信小屋
交通 西沢渓谷に駐車場があります。紅葉時期はいっぱいになりますが、正月期間はいっぱいになることはないと思います。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口で提出できます
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net