サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今週は敗退です。甲武信岳にいってきました。

仕事なんで有無をいわさずでかけるわけなんですけど、
じゃあ、仕事じゃなかったらどうしたか、というと、たぶんでかけた と思います。


今週は土曜日に雨マークがついたので、僕のまわりでも山行をキャン セルする人が続出しましたが、そういう人に限って何週間も山へ行け てないとかボヤく。でかければいいじゃん。

僕はあんまり大人げないから書いちゃうけど、夏山なんか午後になる と夕立がきて、毎日雨具着て歩くわけじゃないですか。いや、夏山な んかでかけないよ、っていう位徹底している人は話が別ですけど、リ アルで雨が降るときはでかけるくせに、天気予報で、雨じゃないよ。 曇り一時雨ごときがつくと早々に中止にして、で、あとで、なんか雨 降ってこないとかたいした降りじゃないとか、言い出すわけでしょう。 ピンポイント予測で、夕方の3時間とかしか降らない予報でも中止に しちゃう。いや、土曜日は1日降る予報だったけどね。

それもさ、甲武信なんか、どう考えても雨の方がいい山じゃないです か。展望なんか山頂で、まあ出ることは出るけどどう考えてもアルプ スや八ヶ岳には劣るわけだ。だけど、しっとりした森の幽玄さはアル プスにはない。関東近県では、甲武信の周辺でしか見られないんだよ。 甲武信は、あれを見にいくところ。それを、絶好の天気がきたのに、 わざわざ中止を選ぶ。

よその、八つやアルプス行を予定していて、行先変更ではなく中止を 選択するのはアレだけど、甲武信で微雨で中止ねえ…



そういう意味で言うと、あらゆる天気で強行する「ツアー」ってやつ は、甲武信に関して言えば、いい判断をしていると思っている。でも 富士山で同じことをするのはやめてほしい。


僕はとりあえず雨マークがついたら、登山天気のピンポイント予測を
http://tenki.jp/forecast/point-939.html
眺めてみることにしている。それによると、

一時、午前6時に12ミリ、というのがついた。12ミリの強雨はちょっ と歩くのはしんどい。歩き始めちゃえば多少の雨でもアレなんだけど、 登山口を出発する時間だから、普通に折れる。ちょっと出発の時間が 強い雨だから折れるかもしれないですね、なんて言ってたけど、もう ちょっと後の予報で最高が4ミリに変わった。4ミリは雨具を着ない といけないけど、歩くには支障のないレベル。たいした降りじゃない から行こうよ行こうよ、ってかたっぱしから声かけてみたんだけど、 もう、雨「予報」がついたら、何がなんでも中止なのね。中止〜中 止〜って、中止する人の方が格段に多かった。

それでも何人か、のってくれたのがうれしかったです。この雨ででか けて、絶対後悔させない自信がある。1人は甲武信小屋で会う予定、 1人は十文字〜甲武信小屋の間で会う予定をとりつけまして、喜びい さんででかけました。
あとで、実際にでかけた人が、「本当に行ってよかった」と言ってく れたのでうれしかったです。


というわけで、のべやまへやってくるのですが、…若干大気は湿度に 満ちていますが、雨はあがっています。絶好の天気といいますか、な んかちょっと降りが足りないくらい?

いつもなら夜中上がるところですけど、雨模様ですので夜中あがるの は危ないですし、ちょっと背負ってもらいたいものがあるそうなので、 川上で買い物をしてからなので、だいぶ遅い時間の出発になります。 毛木平からあるきはじめまして、

雨降ってるからね、樹林がすげーきれー。ですよ。いや、大人げない んでTwitterではつぶやかないけど、こんなに天気に恵まれた日にわ ざわざキャンセルした人は残念でした。


今日は山頂は行ってもいいことはなさそうなので、山頂はパスして小 屋へいきます。


翌日はまきみちから十文字経由で下山します。朝のうちちょっと降り ましたが、9時くらいには雨があがります。雨はあがったのですが、 十文字〜甲武信小屋の間で会う予定の人が見つけられるように、雨具 を着ていきます。十文字のシャクナゲはね、花の方はしっとり濡れて いて、天気の方は雨上がりでカメラを壊す心配がなく撮影できるとい う絶好の条件ですよ。


というわけで、甲武信岳の山頂は踏んでいないので、敗退。



十文字峠のシャクナゲですが、来週16,17、若干さかりはすぎて しまうかもしれませんが、まだ十分見られると思います。乙女の森の 方も週中あたりが盛りで週末もかなり見られる状況だと思います。

毛木平付近のベニバナイチヤクソウですが、若干咲いている様子です。

源流、徳はもうアイゼンいりません。三宝山から十文字へ回られる方、 三宝山の対斜面あたりにまだ若干雪が残っております。もうアイゼン が必要な状況ではないと思いますが、心配な方は4本爪くらいのもの を忍ばせておくといいと思います。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 毛木平−甲武信岳−十文字峠−毛木平。このコースは甲武信岳への最短ルートになりますが、東京方面からですとぐるっと回り込まないといけないの で車の走行距離は伸びます。
地図 Yahoo! 甲武信ヶ岳
地形図 金峰山
難易度 のぼり4H弱くらいで、日帰りする人も結構います。危険箇所もなく、源流から先で少々急登があるだけなので体力的にも厳しいルートで はないでしょう。
所要時間 毛木平−ナメ滝 2H
ナメ滝−源流碑 1H30
源流碑−甲武信岳 1H
他の季節 小屋が営業していない期間があります(12月〜4月末くらい)お正月の積雪は30センチでたいしたことはあり ませんが、樹林帯の中なので正月すぎには厳しいラッセルになる可能性が大です。GWあ たりは普通に入れますが積雪はあります。シャクナゲは6月で、この時期が一番混雑します。
トイレ 甲武信小屋、十文字小屋、毛木平P
水場 支沢の水はすべて飲めるそうですが、沢水はカウントしないのがこのホームページのルールなので。
避難小屋 ありません
幕営適地 国立公園内のため幕営不可。指定地は甲武信小屋
交通 車の場合、須玉ICから1時間30分くらい。終点直前は未舗装になりますが、道路は荒れていません。駐車場は舗装され水平です。区画 の駐車場なので、5mより大きい車は基本的に不可。トレーラは切り離してうまく入れれば止められないことはありません。
林道のゲート前は荷揚げに使用しているので、ゲート前にはとめないでください。
登山計画書 不明
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net