サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

以下のとおり報告します

■期間 2015年11月21日〜22日
■山域 奥秩父 甲武信岳
■目的 積雪期ピークハント
    (と提出しましたが、実際には積雪はありませんでした)
■参加者 脇屋
■コース、所要時間

21日
  9時50分 毛木平
  13時20分 甲武信小屋

22日
  8時50分 甲武信小屋
  11時30分 毛木平

20日は20時までの予定でカラオケボックスに潜伏していたのだが、 18時ちょっと前に、熱唱中小屋のほうから荷物背負ってくれ、とメー ルが回ってきた。本当に熱唱中ならメールに気づかずハッピーだった のですが、キョクナビをピコピコしていたときに届いたので気づいて しまったのです。そして、僕のところへは小屋がピンチの時にしかメー ルはやってこない。

僕は甲武信小屋で宿泊代を払った記憶がない。ないということは、要する にお客さんとはみなされてないということなのです。お客さんでなければ 何なのか、ということを考えると、メールが回ってくれば、簡単に断るわ けにはいかない。予定した代金で予定より早く部屋を明け渡して、酒屋で ビールを1箱買って帰り、荷造りしたらその足で毛木平へ向かいます。

野辺山駅の近くで車上泊。9時開店と同時に最寄りのスーパーで頼まれ物 と、あと勝手にボジョレーヌーボーなんかを買いまして、9時半すぎに毛 木平駐車場到着。駐車場いっぱいですのでゲートの中に車を入れまして、 9時50分頃歩き始めます。


登山道の様子は、先月丘だったところが今月崖になったりはしないので、 だいたい前回と同じような感じですが、かなり滑りやすい状態になってい るところがあったので注意が必要かと思います。今日の荷物は25キロあ るかないか位でたいしたことはないのですが、荷物らしい荷物はもう2ヶ 月近く背負ってないはずなので、ぜーぜー言っちゃいます。最高点直下で まさかの両足攣り。どうしようかと思いましたが、ちょっとストレッチし て、替え歌作ったら(謎)恢復したので小屋へ入ります。入ったらね、座 る間もなく前掛けしまして、
あれ?徳さん、寝るとこAとかBとか言ってる。ということは1枚に2人? 70って聞いてたけど、70だと2枚に3人だよね。もっといるの? 何?100?えっと、…帰ってもいい?ダメ?やっぱダメか。ということ でくるくるします。


天気は日曜が曇り、月曜が雨。下げ歩荷のほうは、濡らせない精密機械 そのほか約25キロ。
日曜日は20人とのことなので、日曜日中に下山させてもらうことにし まして下山します。往路と同じ道ですので、とくに前日と変わりはあり ません。重いので走れず時間がかかりますが、昼前にはうまいこと下山 してきました。



替え歌

足が攣ってストレッチして、1、2、3で荷物背負って
さあ 歩荷にいこう
ビールを持ってたまねぎ背負って 背負子の上に刺身つんで
すてきな 山小屋 ゆこう

週末はいつも 頼まれた小屋 甲武信の山で 働いてた
取り残されてた 気分になった おやすみさえも 消えちゃいそうで

立ち止まりほんの少し振り返ったら
踏み出さなきゃ次のSTEP
足攣った痛みにも泣けちゃうほど
詰め込んだこと後悔して

バリバリの氷よりも強いものはアイゼンだと思う
磨きをかけて
明日からはお客様の人の波に負けないようにガンバ受付しよう


思い切り酒を 飲みたかったな なんて後悔 けとばしちゃおう
芋焼酎を抱えていても きっと何にもはじまらない

小屋の中前掛けの 私がいる
笑顔もまだぎこちないけど
背筋ピンとのばしたら お客様を
迎えることできるはず

足が攣ってストレッチして、1、2、3で荷物背負って
さあ 歩荷にいこう
ビールを持ってたまねぎ背負って 背負子の上に刺身つんで
すてきな 山小屋 ガンバ 歩いて ゆこう

http://j-lyric.net/artist/a0018b9/l0037e2.html

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 毛木平−甲武信岳−毛木平。このコースは甲武信岳への最短ルートになりますが、東京方面からですとぐるっと回り込まないといけないの で車の走行距離は伸びます。
地図 Yahoo! 甲武信ヶ岳
地形図 金峰山
難易度 のぼり4H弱くらいで、日帰りする人も結構います。危険箇所もなく、源流から先で少々急登があるだけなので体力的にも厳しいルートで はないでしょう。
所要時間 毛木平−ナメ滝 2H
ナメ滝−源流碑 1H30
源流碑−甲武信岳 1H
他の季節 小屋が営業していない期間があります(12月〜4月末くらい)お正月の積雪は30センチでたいしたことはあり ませんが、樹林帯の中なので正月すぎには厳しいラッセルになる可能性が大です。GWあ たりは普通に入れますが積雪はあります。シャクナゲは6月で、この時期が一番混雑します。
トイレ 甲武信小屋、十文字小屋、毛木平P
水場 支沢の水はすべて飲めるそうですが、沢水はカウントしないのがこのホームページのルールなので。
避難小屋 ありません
幕営適地 国立公園内のため幕営不可。指定地は甲武信小屋
交通 車の場合、須玉ICから1時間30分くらい。終点直前は未舗装になりますが、道路は荒れていません。駐車場は舗装され水平です。区画 の駐車場なので、5mより大きい車は基本的に不可。トレーラは切り離してうまく入れれば止められないことはありません。
林道のゲート前は荷揚げに使用しているので、ゲート前にはとめないでください。
登山計画書 不明
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net