サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
21−23日、雲取山へ行ってきました(長沢背稜)
数えてみたら今月入って4回目。今年では7回目なんですね。

21日

例によって鴨沢の駐車場に車をとめて歩き始める。登山道の様子は 過去ログ参照のことで小袖までは軽いウォーミングアップ、小袖か らは平坦で長い尾根道を堂所まで行き堂所で1回目の休憩。堂所下 の水場はしっかり出ていました。七ッ石分岐を過ぎたところで2回 目の休憩。雲取山の山頂が見えるところが1箇所あるが山頂にはま だ積雪がない模様。ブナ坂を過ぎ石尾根をゆっくり歩いて奥多摩小 屋前の水場で3L給水。少しペースをゆっくりにして4時間40分 で標高差1500m、雲取山頂避難小屋へ。今日すれ違った人は2 人。今日の避難小屋泊まりは私一人だけなので日暮れと同時に持参 した酒をちびちびやって、6時頃就寝。淋しい一夜を過ごした。三 季用のシュラフでなんとか凌いだがそろそろ冬用が欲しくなる気温。 水は外へ出しておいてもまだ凍りませんでした。

22日

雲取山山頂から雲取山荘の間は積雪1センチ程度でアイゼン不要。 おとといの雨は山の上では雪だったようだ。例によって長沢背稜 を歩く酔狂な人は1人もおらず、ただでさえ少ない登山者が雲取 山荘を越えるとぱったりと途絶える。男坂の方から歩いて大ダワ 経由で芋の木ドッケ方面の分岐をこえると芋の木ドッケまでは結 構なアルバイト。ちょっとお疲れ気味の足で山頂まで上がったと ころで休憩。芋の木ドッケからの展望はない。
山頂を過ぎるとすぐに右手長沢背稜の道標が登場し、ここを右手 に曲がると暫く倒木帯。前回と同じところでトレースをロストし、 ここだろうというところで上に上がって道を確保。1本なんか変 な倒木があってそれが道をふさいでいるようだ。倒木帯を過ぎて も道がはっきりしないところがあるが、長沢山までくればあとは しっかりした道がついている。長沢山で2度目の休憩。あとは展 望のない地味な尾根筋をたどり、尾根を乗り越して登山道は斜面 を巻くようにつけられるようになる。まず落ちないだろうけど落 ちたらやばそうなところが結構ありところどころ慎重に進む。な にしろいつ人が入るかわからない登山道。何かトラブルになった ら次に人がくるのは年明けかもしれないわけだから慎重にならざ るを得ない。
のんびり歩いていると向こうから人がやってきた。今日は誰とも 出会わないと思ったのでびっくり。向こうは前日一杯水に泊まっ て雲取山へ行く様子だった。
酉谷山の直登方面の看板を過ぎ暫く歩くと酉谷避難小屋へやって くる。例によって酉谷の避難小屋で昼食。酉谷の水場は小屋のす ぐ脇にあるがえらく細くて水汲みに時間がかかる。酉谷の避難小 屋は綺麗だが5〜6人で一杯になりそうな小さな小屋。トイレの 状態は普通。一杯水の水場ははじめからあてにしていないのでこ こで700ml給水して都合2.7Lにして歩き始め。登山道は 変化に乏しくはっきりいってもうごちそうさまです。基本的には 下り方向なので楽なはずなのだが微妙に登りも多く足にこたえ、 そんなときはペースを落とす。酉谷から1時間50分ほどかけて 一杯水の避難小屋へ。なにやら土木工事中で作業員1名が滞在中。 今日の宿泊者は2名である。水場の状態は確認していないので不 明。
小屋には2時に到着して、鮭とばをつまみにして早速飲み始める。 720ml1本の残り3分の2をとにかくあけてしまわないこと には重いまま持って帰らなくてはいけない。4時までとにかく飲 み続けて、酔っ払いになったところで4時から夕食。5時には暗 くなって明かりが必要になる。6時には就寝するが全然寝付かれ ず11時頃まで起きていたように思う。同宿者が寝言が激しくそ の度にぴくっと反応する。
寒さは雲取から600mも降りてきただけあって格段にすごしや すく、寒いということはなかった。

23日

今日は前回失敗してとんでもないところへ下山した核心部を歩く。 外気温はマイナス8度。600m標高の高い雲取避難小屋ではマ イナス10度以下だったことだろう。日が出るまではとにかく寒 いが出発が6時半と遅かったので日の出まで時間はわずか。少し 行っては茂みからガサガサ、茂みからガサガサと生き物の気配が している。大半はシカだと思うがシカのものとは違うと思われる 足音が…あと大型の動物といえばクマ位しか思い当たらないがど うなんでしょ。とにかくシカ密度は高そうだ。
一杯水の避難小屋から1時間、仙元峠の分岐を過ぎ蕎麦粒山への 直登。偽ピークにだまされた後山頂へ。蕎麦粒山からの展望もあ まり優れない。ここで一旦休憩を入れる。凍結寸前まで冷えた水 がうまい。水道水ではなく湧き水だったらもっとうまかろうて。
蕎麦粒山をこえると今までの長沢背稜の雰囲気から一転して石尾 根風の防火帯切り開きの尾根上を歩くようになります。道標にも 川乗山が登場し、ここまでやってくればもう間違えようがありま せん。道どおりまっすぐ歩けば踊平に出ますので棒の折方面へ迷 いこむようなことはないでしょう。結論からいえば、地図の赤線 の引き方が微妙に実際のルートと違っている。変な林道へ下山し たくなければ道標の方を信じて道標に忠実に歩くこってす。
踊平から川苔山へののぼりはさほどきつくなく、覚悟を決めて登っ てしまえば間もなく川苔避難小屋の脇へ出る。川苔避難小屋は中 を確認したが泊まるにはちょっと苦しそうな小屋だ。トイレは別 棟であるようだが見た感じからしてあまり使いたくない感じ。
川苔山からは特に西面が開けて展望がある。まだ時間が早いせい か誰もいず静かな山頂を独り占め。ひととおり満足したあとは鳩 ノ巣駅方面へ下山する。川苔山の水場の状況は不明です。川苔山 を過ぎてしまえば鳩ノ巣から上がってくる人もちらほら。といっ ても3〜4組のすれちがいで休日にしては人が少ない。足の筋肉 をぷるぷるさせながら檜の植林帯を下り、民家の脇へ降りてくる と鳩ノ巣駅は近い。
例によって奥多摩駅へ出て奥多摩駅からバスで車回収。

前回の記録もどうぞ。
http://tozan.net/tozan/kumotori/0411nagasawa/index.html

上野原から小菅村経由で奥多摩湖へ出るルートは凍結していますの で夜間通行時スタッドレスタイヤが必要です。日中は融けている模様。

鴨沢から雲取山間、積雪はありません。雲取山から長沢背稜方面は積 雪1cm程度で登山道上にはちょろっと雪が残っている場所がある程 度。アイゼン不要ですがそろそろ無雪期も終了といった感じです。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 鴨沢−小袖乗越−雲取山−芋の木ドッケ−酉谷山−三つドッケ−桂谷−川乗山−鳩ノ巣駅
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 ★★★。ルートファインディング能力が必要。避難小屋の連泊で体力も相応に必要でしょう。
所要時間 鴨沢−雲取山 5H30
雲取山−一杯水避難小屋 7H
一杯水避難小屋−川乗山 3H
川苔山−鳩ノ巣駅 2H
他の季節 入山者は通年絶えませんが、だいたい12月中盤くらいをめどに積雪期の装備に切 り替えます。お正月あたりはあまり積雪がありませんが、2月はマイナス20度に 届く日があるれっきとした冬山。太平洋側の気候に属するのですっきりとした晴れ の日になることが多いです。3月前半あたりまでは積雪が増えます。入山者が多く しっかり踏まれてしまうので冬場はアイゼンが絶対必要です。
僕がアイゼンを持参するのは、だいたい4月前半くらいまで。GWには春の山を謳歌 できるでしょう。
トイレ 鴨沢にあり綺麗。雲取山頂避難小屋にあり普通。雲取山荘にあり綺麗。酉谷避難小屋にあり普通。一杯水避難小屋にあり普通。
水場 奥多摩小屋前から5分くだったところ。
雲取山荘前
酉谷避難小屋前
堂所より15分ほど下の水場は出ていましたがあてにできません。
一杯水避難小屋前の水場は出ていましたがあてにできません。
川苔山の水場の状況は不明です。
避難小屋 雲取山頂の避難小屋は綺麗で宿泊に適する。寝具なし。20人くらい
酉谷避難小屋は綺麗で宿泊に適する。寝具なし。5〜6人
一杯水避難小屋は綺麗で宿泊に適する。毛布あり。10人位
川苔山避難小屋はあまり綺麗ではありません。宿泊には苦しいでしょう。
幕営適地 雲取奥多摩小屋、雲取山荘が指定地。
交通 奥多摩駅からバスで鴨沢へ。610円

鴨沢のバス停前に駐車場が10台くらいあり、ここはマイクロバス程度の大きさの車が駐車可能です。奥行き9mくらいなのでトレーラ連結したままは難しいです。駐車場まで舗装
小袖の駐車スペースは3台。駐車場まで舗装。こちらは極端に道路が細いところがあるので、2m幅の車を通すのは難しいと思います。トレーラは転回できませんので避けるのが無難です。鴨沢の駐車場においていくか、もう少し手前の留浦バス停前あたりにも置いていける場所があります。

道路は、小菅村経由のルートも道はそんなに悪くありませんが、冬季は青梅方面から入るより凍結している可能性が高いのでスタッドレスタイヤが必要です。(青梅方面から入る場合でもスタッドレスタイヤが必要なこともあります)
上野原ICから小菅村経由で鴨沢まで、1時間と少々。途中センターラインのない所が結構ありますが、バスも運行してますので基本的に大型車両でも問題はないはずです。

冬季、塩山から大菩薩をこえ丹波経由で鴨沢に至るルート、松姫峠をこえるルートはあまりおすすめできません(特に松姫峠ルートは冬季通行止だった記憶があります)
登山計画書 鴨沢に警察署あり。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net