サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
今日21日は、奥多摩湖−御前山−大岳山−御岳山(みたけさん)−奥多摩駅、と 歩いてきました。

奥多摩湖
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53395000&slidex=2000&slidey=0
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53395005
武蔵御岳
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53395100&slidex=0&slidey=800

こばやしさんにふったらフラれてしまったので1人です。コースタ イムは10時間弱くらい。1泊でいくか日帰りでいくか難しいとこ ろです。でもここは日帰りでいくことにします。昨日1日休養して いますので体調は万全です。しかも今日は秘密兵器ウィダーインゼ リーを1本仕入れております。いざとなったらこいつをチャージし て全開で歩くことにします。


5時30分すぎに奥多摩湖へつきます。例によって6時までは奥多 摩湖の中へ入れませんので奥多摩湖の外の駐車場にとめます。で、 奥多摩湖まで歩きます。山の方はちょっと裾が見えているだけで上 の方はガスってます。一時雨なんて予報もあったけど天気はなんと か持ってくれそうな感じなだけでも幸いです。
今日は悪いところはないはずなので運動靴で行きます。ガシガシい きます。が、やっぱり悪い。結構土がグチャグチャになってて滑っ たあともある。うーんやっぱり登山靴が正解だったか。でもまあい いや。静荷重でおき場所選べばそんなに滑らないものです。
700mをこえる頃、ガスの上に出ます。奥多摩湖が一面雲の海で す。で、その上には石尾根の稜線。なかなかナイスな光景になって まいりました。
サス沢山は一気にこえて惣岳山に。惣岳山直下は急な階段になって ました。ここが辛いところ。
で、惣岳山のわきでカタクリ発見。ふーん、これがカタクリねえ。 いつも台所で使ってるやつとはずいぶん形が違うねえ。
*******
*バカチン!*
*******
あんたの言ってるのはカタクリ粉ですから〜残念!

ちなみにカタクリがどんな状態かは、今週末少なくとも2組が御前 山へ行くそうなので内緒です。ひみつぅ〜〜

で、とりあえず写真に収めて、御前山の山頂へ。小河内ダムから1 時間10分か15分くらいでした。山頂は北面があらたに切り開か れて、これから設置されると思しきベンチが2つばかり転がってま した。

で、御前山で1回目の休憩をとった後、避難小屋方向へと下ります。 が、もうグチャグチャでそーれ!状態です。置いた足が片っ端から すべる足セードになってます。うわーやっぱり登山靴が正解だった か。といってもいまさら遅い。運動靴で必死にいきます。今日転ん だら着て帰るものがありません。買い物もできません。夕食が和名 倉山で食べ残したカリー屋カレー(レトルト)になってしまいます (それも僕だけならいいんだけどさ)
で、必死こいて慎重に行きます。靴はグチャグチャです。靴下もグ チャグチャです。ここを通る際には必ずスパッツをつけて行きましょ う。

で、御前山の避難小屋へいってきました。山頂からは都合450m の距離にあり、登山道から100mほど離れています。状況はとい いますと、とても綺麗な状態でした。寝具備え付けで、10人くら い宿泊可能でしょうか。小屋の脇に水場がありました。但しこの水 場要煮沸とのことです。あんまり水量は太くなかったので渇水期に も水が出ているかどうかは何とも言えません。

で、もとの道に戻って続きです。御前山の避難小屋の分岐を過ぎる と地面はだいぶいい状態になります。結構笹が生えてます。さほど 厳しい上り下りもなく快調に早足所々小走りでいきます。トレイル ランニング状態です。
で、鞘口山をこえてまもなくやってくるのが1枚の掲示。いわく、 鋸山避難小屋は撤去されました。ああそうですか、だから小林さん は鋸山避難小屋泊を嫌がったんですね。ハイ、鋸山避難小屋はすで に跡形もなく消え去って土台だけしか残っていません。再建される かどうかは微妙なところです。
鋸山避難小屋跡地を過ぎて5分位のところで大ダワに出ます。ここ には舗装された林道がきていますが、ここまで車でやってこれるか どうかは不明です(僕の地図を見ると南面は通行止って書いてある から北面からはやってこれそうな感じ)が、やってこれるとすれば トイレの前に3台くらい車が置けそうな感じです。今は新しいトイ レの建設工事中でした。

で、鋸山を巻いて大岳山へ向かいます。特に登山道に危険なところ や迷うようなところはないと思います。地図が変わったのですが、 もう地図を入れ替えずにそのまま行きます。で、気づいた時には大 岳山に着いていました。御前山から1時間30分。ここで2回目の 休憩にします。展望は…まっしらです。南面が切り開かれていたの で、もしかしたら富士山が見えるのかも…

で、大岳山を下り始めるとすぐに神社らしきものが登場します。や ばいです。大岳山は信仰の山だった。また連れて帰ってしまいます。 でもここまできたら後にはひけません。もう1つ建ってた廃屋風味 の建物は地図上の大岳山荘でしょうか。本当に営業しているかどう か、建物を見る限りかなり怪しい感じがしましたけど…
大岳山から御岳山まではかなり一杯鎖がついています。これまたや ばいです。かなり濡れた岩の上を歩かないといけません。運動靴で すから滑ります。蛇紋岩だったら敗退にしたいところです。
で、鎖を掴んで慎重にいきます。だいぶ時間がかかりましたが無事 鍋割山とロックガーデンの分岐にやってきます。ここで小考。だい ぶ時間もつめてるし、鍋割山経由でも25分しか違わないからここ は1つピークを稼いでおくことにします。で、鍋割山方面へ。1つ 小ピークを乗り越した向こう側のピークが鍋割山です。山頂に道標 もなければ展望もない、地図を見ていなければ通り過ぎるようなピー クです。で、なんでここへきたかというと、ヘイ、草野のオヤジ、 鍋焼きうどん1つ頂戴!…あれ?たしかこの山頂に鍋割山荘が立っ てる筈なんだけどなあ…
*******
*バカチン!*
*******
あんたの言ってる鍋割山は丹沢の1273m峰ですから〜残念! って、これを書くためだけにここへきたんかい!あんたほんとーに バカやな…
でもって、鍋割山を過ぎるとガンガン標高を下げ、さんざん下ると 自動車の通れる林道に出ます。でもって、この林道が、よく車が上 がるよなと思うくらいぐちゃぐちゃです。もう足元は泥だらけです。 ♪泥がはねても気にしない、状態でガシガシいくと、なにやら人の 声が聞こえてきます。何かと思えば向こうから人が歩いてくるでは ないですか。今日はじめての人です。こんなところ上がってくる物 好きもいるんだ。あんた人のこと言えないってば。
でもって、この林道をつめると御岳山の敷地に入ります。山頂には 神社があるので敬意を払って神社まで階段をぜへぜへ言いながら上 がってお参りをします。

で、時間はまだ10時です。このまま日の出山まで行って日の出山 北尾根を下って御岳駅へ出る手もありますが、電車に乗るのは面倒 です。一応予定通り御岳山は踏んだので今日のところはこのへんで 許して予定通り奥多摩駅へ下ることにします。
しばらくは脇に宿坊が立ち並ぶ舗装道路をいきます。やたら大勢の 人がいます。登山者だけでなく観光客らしき人もいます。小学校の 遠足らしき人もいます。あっちこっちに道があって遭難しそうです。 神社からケーブルの方へ向かっていくと、鳩ノ巣渓谷というちっこ い道標が反対向きに立っていますので、これを見逃さず左折します。 で、左折すると舗装道路から再び登山道に早代わりです。あんまり 歩く人もいないのでしょう。よく整備はされていますが静寂がやっ てきます。と思ったらむこうから人が1人、2人…
御岳山って、………人気なんですね。

大楢峠を直進すると、下りてきたのは奥多摩霊園のわきでした。うー ん、やっぱりこの山は僕は行っちゃいけない山だったような気がす るな。一応帰ってから塩まいとくか。

あとは奥多摩駅まで舗装道路を、そうですねえ30分くらいでしょ うか。テクテクと歩きます。ここで迷うことはないでしょう。丁度 12時に奥多摩駅到着で12時15分発の小菅行きバスで車を回収 します。


で、駐車場に戻ってきたのが午後1時。まだいけます。といいたい ところなのですが、もう地図がありません。今日は10時間分、がっ つり歩いたのでもういいことにします。大垂峠からコンピラ山あた りならいい気分ですが、幸い泥濘地で転倒して泥だらけになるよう なこともなかったので、転倒しないうちにさっさと買い物して帰る ことにします。
といってもタダでは帰ってきません。嵐山
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53393105
の駐車場と登山口をみつけてきました。ハハ…そのうち行くぞ。
写真 小河内ダムまでけっこう歩きます
写真 サクラはすでに葉桜になってしまっています。山はガスの中です
写真 えっと、花です。
写真 ツツジが咲いてました
写真 写真だと見づらいですが、奥多摩湖が雲海です
写真 サス沢山山頂の放送設備です
写真 花、ですね
写真 朝日の光がいい感じの演出をします
写真 えっと、バイケイソウってこんな感じだったっけ?ちょっと違う?
こんなのが一杯芽を出してました
写真 道標はよく整備されています
写真 惣岳山の山頂の様子。展望は一応ありません
写真 惣岳山の山頂
写真 …だそうです。花より看板の方が目立ってたなあ。
写真 えっと…あんまり良くとれてませんけど、カタクリのようです。
写真 山頂手前300mくらいのところ
写真 富士山です。山頂の少し手前のベンチのところから見えます。
写真 御前山の山頂。新たに設置されるものと思われるベンチが置かれていました。
写真 御前山の山頂。以前は展望がありませんでしたが、北面が切り開かれていました。
写真 御前山避難小屋わきの水場の様子。煮沸してくれと書いてあった。
写真 御前山避難小屋の内部の様子
写真 御前山避難小屋の全景
写真 御岳山まで3時間50分と書かれています。遠いな。
写真 笹の道になります。快適な道で小走りでいけます
写真 鞘口山の山頂は展望がありません
写真 登山者の皆様へ
鋸岳避難小屋は撤去されました云々
写真 大ダワ付近の新しいトイレの工事風景
障害者用も設置されるみたいだけど、うーん、山で障害者用トイレって…要るのかなあ。要らんような気もするんだけどなあ。
写真 大岳山山頂。ガスっていて何も見えませんでした
写真 大岳山山頂
写真 怪しげな…建物はトイレです。大岳山荘付近で撮影
写真 滑落注意。いっぱい鎖がはってありましたのでやっぱり危ないんでしょう。慎重にいきましょう。
写真 えっと、多分カタクリ
写真 えっと、多分これもカタクリ
写真 道標完備です
写真 ハイ、車です。車が登場しました
写真 ぐっちゃぐちゃな林道をいきます
写真 えっと、花ですな
写真 御岳山近くです
写真 御岳山−大楢峠の間の、多分水場と思いますが…
地図には書かれていない場所ですが、一応出ていました。でも飲めるかどうかまでは不明です。
でもこうやって導水しているんだから飲んでくれってことなんだろうなあ。
写真 山菜のたぐい?

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 奥多摩湖−サス沢山−御前山−大ダワ−大岳山−鍋割山−御岳山−大楢峠−奥多摩駅
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 いちおうコースタイムから★★★にしたけど、アップダウンがきつくないから★★くらいでもいいと思う。
所要時間 不明。ってことでいいですか?地図に書かれたコースタイムとあまりにもかけ離れちゃったんでタイムが推定できません。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 奥多摩湖にあり綺麗。大ダワのトイレは建設中。御岳山付近にあるかどうかは不明だが状況からいってありそうな感じ。
水場 惣岳山と御前山の中間の水場の状況は不明です。この水場は稜線上ではなく登山道を下ったところと思われます。
     御前山避難小屋わきの水場は出ていましたが要煮沸です。
ロックガーデン付近の水場の状況は不明です。
避難小屋 御前山の避難小屋は綺麗で宿泊に適します。寝具備え付け。
鋸山の避難小屋はすでに撤去されて宿泊できません。
大岳山荘の状況は不明です。
幕営適地 あんまりなかったような気がするなあ…鋸山避難小屋跡地くらいじゃないかなあ。
交通 奥多摩駅からバスで奥多摩湖へ。
駐車スペースは、奥多摩湖のわき(奥多摩駅からいった場合、奥多摩湖入り口を通り過ぎてトンネルの向こう側)と奥多摩湖の敷地内がありますが、奥多摩湖敷地内へは6時にならないと入ることができません。車高が2.5m程度ある屋根の高い車は敷地内駐車場は使うことができませんので、敷地わきの駐車場を使用してください。紅葉、観光シーズンの週末をはずせば、まず駐車場がいっぱいになるようなことはないだろうと思います。駐車場まで舗装
登山計画書 奥多摩湖に警察署あり。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net