サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
坪山へ行ってきました(飯尾登山口から周回)

猪丸
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53394000&slidex=0&slidey=0
地図上には山名がありませんが、1102.7三角点です。
登山道もひかれていませんが、現地には立派な登山道がついています。
登山地図は、高尾陣馬と、奥多摩のちょうど境目です。山頂は高尾陣馬で すが、登山口は奥多摩にあります。赤実線のルートです。




ツツジが好きな人は、明日年休とって、もし年休とれないようなら、誰か 身内を入院させてでも行ってくるべき山だ。とにかく行ってこい。すごい から。これが、僕の一言目。

僕の場合、山行報告は山へ行く前にだいたい半分くらいはできあがってい て、余程事態が急転しなければ、まあそのままの文章が世に出ることにな る。湘南地区から雲取山へ行くときに、上野原から棡原(ゆずりはら)地 区を抜けて、奥多摩湖へ向かう。離合の厳しい道路をへて、だるまや商店 を抜けたあたり左側、消防団の倉庫のすこし手前に、「←坪山」と道標が たっている。車で走っていれば、普通の人は見落とすであろう小さな道標 だ。普通車同士でも離合なんかできないところに大型バスが走る道路。右 カーブだからよそ見なんかできるわけもないが、ちらと見る限りでは橋の 向こうに何か権現様のようなものが立っている。どう見てもなんか民家の ちょこっとした裏山かなにかの、誰も入らないような「その他大勢」の山 にしか見えないのである。

通りがかりの道路に立っている道標だから、勿論気にはなっていた。なっ てはいたが、僕は車の止められない山は登らない主義だ。たまさか車に人 をのっければ、あそこに坪山という山の登山口が、その位の話のネタには したが、それ以上のものとは思わなかった。

先先週だったろうか、笹尾根の縦走をやったときだか御前山をやったとき だか、勿論車でいったから帰りはこの道を通る。坪山の登山口から、 300mか400mくらい行ったところの川側に、10台くらい車を止め られるスペースがあるのに気がついた。探せばあるもんだ。よしっそのう ち登ってやろう、こんな物好きしか登らないそうな山、また話のタネにもっ てこいだ。きっとぜいぜいさんも「その山どこにあるの〜バリきゃ〜」と かメールをよこすに違いない。とか何とか思って、気をよくして帰ってく ると、翌週マイミクのミントさんが「坪山に登ってきた」、とか言い出し た。あの坪山か。よくそんな山を見つけたもんだな、と思ってよくよく聞 いてみると、今坪山は上野原市が大売出し中の山なんだとか。でも、なん で売り出し中なのかまでは聞かなかった。どうせ地元の身贔屓か、観光地 をでっちあげたい過疎の町のわけわからん方策か何かだろうと、想像した 時点で、僕の頭の中にはまあだいたいの山行報告のシナリオはできあがっ ていたわけだ。

で、冒頭のコメントになる。



自宅を朝6時にゆっくりと出て、登山口まで2時間10分くらい。飯尾の 登山口手前400mくらいのところに車を止めます。隣の人も登山者のよ うですが、自転車持参です。車では目の前だった記憶があるので、ハテそ んなに登山口まで距離あったかな、と思いましたが、まあ歩いても10分 まではかからないでしょう。トイレを通り越して、権現様の前から入山で す。大きな看板が出てきて、すぐに分岐がやってきます。右手西コースに 「ツツジが多いルート」と書いてありますが、ひねくれ者の僕は左手から 登ります。
大抵このテの山は植林の山で鬱蒼としていたりするもんですが、結構新緑 が出ていて春気分になれます。登山道は中急斜度ですが、土木工事がされ ておらず雷も切ってないのでふくらはぎがしんどい。あーもー苦しいなあ、 と思う頃になると、今度は岩がちの痩せ尾根に変わります。張られたばか りのトラロープがありますが、このあたりは、多分いつか大きな事故が起 きる場所でしょうな…慎重にいきましょうね、慎重に。特に雨降ってる日 は。
このあたりから、一面のツツジに変わりまして、いい気分になります。そ のうち手を使うような岩場が出てくると、目の前が山頂です。
僕の足で、写真撮りながらで登山口から1時間まではかかってないので、 CTで2時間は、まあまあ余裕のあるタイムではないかと思います。

山頂は…3人くらいがおべんと広げられるくらいの広さで、お世辞にも広 いとは言えません。どこかの某槍ヶ岳の山頂と同じくらいの広さしかない です。まあ、今日は誰ともすれ違わなかったし、誰もくることはなかろう、 と思って、一応山頂標識のわきを避けて荷物を広げると、下の方から姦し い声が聞こえてきます。やがて声の主が顔を出して、1人、2人、3人… へえ、こんな山へくる人がいるんだ、と思ってみているとまだまだ上がっ てくるらしい。総勢6人…だったかな。この狭い山頂には不向きな団体だ な。奥の方の登山道を占拠して座ったみたい。この人たち、インターネッ トの写真を印刷してもってきて、このアセビが去年の28日に満開だった とか、おいおい、いまどきの山はそうやって楽しむもんなのか?
で、まさかあっちからは人はこないだろうと思っていると、きましたよ。 松姫温泉の方からも1人上がってきた。で、感心するのは早かった。

帰りは西コースの方へ下ったわけだが…とにかく、一面のヒカゲツツジで すからすごいです。時期的に丁度大当たりの時期みたいです。山登ってて、 こりゃすげえ、と思うことなんかそうそうないが、これは本当凄いです。 とても、どっかの無名な「その他大勢」の山という様相ではありません。
でも、もっと凄いのは、人の数だった。
それこそ下れないくらい人がやってくる!
登山道が細くてすれ違える場所なんかないから、イワカガミと思われる葉っ ぱが生えてるところへわけいって、木に捕まってよけるわけさ。で、総勢 18人ですから。おいおい。18人なんか、山頂に立てないよ!
で、10m位下ると、また次の団体がやってくるわけさ。都合、100人 以上とはすれ違ったよな…連休前の平日だというのに、皆さんヒマですね。 路線バス1台じゃ乗り切れないだろうて。


ハイ、結局下りの方が余計に時間かかりましたよ。


登山道は急峻で、少なくとも初心者向けではないです。逆コースの方が 一般的とは思われるが、逆コースは岩場の痩せ尾根が下りになるので、 自信のない人は避けた方がいいと思います。
写真 駐車場はここを使います。10台か、もう少しとめられるかもしれません。今日は平日でしたが、下山してきたときにはスペースはほぼいっぱいでした。
写真 逆からみるとこんなかんじ。向こう側が上野原で手前が奥多摩です。
写真 という標識がたってます。前はなかったんだよね。
写真 この小さい道標が登山道の入り口。
この橋からいかず、もう1本先の橋からわたって権現様のところからとりつきました
写真 しだれ?
写真 スミレ
写真 ボケちゃいましたが、スミレ
写真 大きな看板がありまして、
写真 花もありまして
写真 黄色い花もありまして、
写真 ちょっと上がってくると道標があります。このへんは植林です。
写真 新緑がきれいで
写真 で、スミレ
写真
写真 何かのアンテナですね…いかにも里山風なんですけど。
写真
写真
写真
写真 はいはーいツツジがはじまりますよー
写真 斜面はこんな感じで、直登なんでふくらはぎがつらいです。
写真 お待たせしましたヒカゲツツジです
写真
写真 白いのがみーんなツツジですからねえ
写真 あっちも
写真 ツツジ
写真 です
写真 でもって、山頂がこれ。
写真 山頂からの展望はこんな感じで360度ひらけるのですが、賞味期限は5年くらいっぽいなあ。潅木が成長すると、多分展望はなくなると思うよ
今日は曇天だったのでアレですが、もしかしたら富士山も見えるかもしれません。
写真 こちらが山頂の道標。はっきりしねえ、とか言ってましたけど、これだけ立派な道標が立ってれば十分だ。
写真 ツツジ祭りのはじまりはじまり
写真 ツツジ
写真 ツツジツツジツツジ
写真 ツツジ
写真 ツツジ
写真 ツツ…おっと、イワカガミ。あんまり咲いているのはなかったような気がしたんですけど、ミントさんのところにはなんか写真あったよね。
写真 一面ツツジです
写真 はいはいこれ全部ツツジですからね。桧洞丸なんかメじゃないですよ。
写真 ツツジ
写真 えっと、登山道細いようにも見えますが、踏み跡ははっきりしているのでルートファインディングに関してはあまり問題のある山ではなかろうと思います。
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 飯尾登山口−坪山 周回
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 ★★。体力的にはたいしたことはないが、痩せた岩尾根があるので少なくとも初心者向けではない。 多少注意が必要な程度だが、落ちたら相当痛い思いをする場所はあった。
所要時間 飯尾→坪山 2H
坪山→飯尾 1H30
他の季節 悪いこと言わないから、4月の25日前後に行きましょうね。
冬場は標高1100mの山で、それも奥多摩前衛みたいなものですから、積雪は大したことはないと 推察されます。道路の方はスタッドレスが安全でしょう。年によって違うでしょうが、年明け〜3月      はじめくらいまではアイゼンを持参した方がよさそうです。山頂は開けていて360度の展望ですか ら、冬場も悪くはないかもしれません。ツツジが終わると、今度はイワカガミが咲くようですが、そ れ以降は普通の低山であまり見所と言えるようなところはないのではないかと僕は思いますが。
トイレ 登山口わきにあり綺麗
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 幕営どころか、食事をするのに座る場所にも事欠く山。
交通 上野原駅からバスが出ているそうです。
駐車スペースは、本文と、写真を参考にしてください。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net