サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

小笠原
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53383205&slidex=2000&slidey=1200

シュラフを背負って日帰りの会の皆様おはようございます。
今週は櫛形山へいってきました
(ウッドビレッジから裸山往復)

風邪をひいたのです。それも、全然見込みナシなら諦め もつくのだが、微妙に調子がいいんだかわるいんだか。 でまあ、ウツしちゃうとヤなんで一旦キャンセルにした のですが、1人ででかけてきました。

ちなみに、ウッドビレッジまでは除雪もされており、ス タッドレスタイヤなら問題なく入ることができます。上 の林道はムリです。

でもって、歩き始めます。泊まりの装備にカメラ一式な ので若干重いですが、いいペースでいきます。歩き始め すぐから氷化している場所がでてきて、なんとかアイゼ ンつけずに頑張るのですが、すぐ観念してアイゼンをつ けますと快調に登れます。
林道に出るまでは快調です。雪は15センチくらいで締 り雪。その上は新雪です。

1500mをこえたあたりからペースがおちはじめます。 ほこら小屋まで一気に行くつもりだったのですが、 1700m付近で荷物を投げ出しました。1800〜 1850付近なんで、掛け値なしに林道から1時間かか ります。

ほこら小屋直下で追い越していった人がひきかえしてき ました。いわく、トレースがない。

でた。

このためにわかんをもってきたんですよ。櫛形山は雲取 山と違いますからね。トレースがないことは十分考えら れる。

ほこら小屋に宿泊装備一式デポしまして、アイゼンから わかんにはきかえましてラッセルです。軽いラッセル。 ごくわずかにすねまでもぐる程度でわかん要らないくら いです。ですが、これが距離が長いんですねえ。ほこら 小屋のわきに80分って書いてあるんですけど、信じて いい数字です。

で、裸山の山頂に立って、 …愕然とします。
たしか、ここから南アルプスがバーンと見えたような、 記憶があって、そのためにこうね、10キロ近いカメラ 機材を背負ってきたわけなんですけど、樹林の向こうじゃ ないですか。これでは写真になりません。日が傾くまで3, 4時間粘るつもりだったのですが、3,4分で下山開始で す。

で、ほこら小屋へ戻ってきまして、13時ですね。あれじゃ あ写真なんか撮れないし、もう下山してもいいのです。1 人だったら下山しよう、と思っていると、宿泊と思しき家 族づれ登場。ここでまた泊まるか帰るか悩むわけなんです よ。下山したら徹夜明けのカラダで遅い時間まで運転しな いといけない。んだけど、正直泊まって、いいことは何も なさそうだ。
こういうときはかちゃんに聞け、ということでかちゃんに メールを入れると、帰ってきてほしいとのことなので、帰 ることに決定です。サクサクと下山して、ほこら小屋から 1時間30分くらいでおりてきました。

   
   
   
  積雪はこのくらい
   裸山の山頂
   

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 県民の森→中尾根登山口→祠頭→2053 往復
地図 昭文社 甲斐駒・北岳。2万5千図だと小笠原になります。
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 例年であればラッセルを厭わない人だけが入山できるルートです
所要時間 県民の森−中尾根登山口 1H40
中尾根登山口→祠頭 1H30
祠頭→2003 50分
他の季節 4月くらいから、9月すぎまで花がたえない山です。6月末〜7月初めくらいのアヤメは有名ですが、 ほかにもカタクリやアツモリソウなどが咲くそうです。冬は篤志家の山で、入山者は少ないでしょう。 冬に入山するルートは氷室神社の方がメインルートなので、そちらから入山した方がトレースがつい ている確率は高いと思います。
わかんは持参した方がいいでしょう。4月だとまだ雪がある可能性が大です。
トイレ ほこら小屋にあります。県民の森にはトイレがありますが、冬季閉鎖だったかどうかは未確認。伊奈ヶ湖のトイレは冬季閉鎖されていました
水場 ほこら小屋にあります。出てはいましたが、冬場はあまりあてにできないような感じでした。
避難小屋 ほこら小屋は綺麗で宿泊に適します。寝具なし。10名程度。
幕営適地 無雪期だとあちこちで花が咲くのではないかと思われるので、適地はほこら小屋わきだけとしておく。それっぽいスペースはあちこちにあった。
交通 県民の森の駐車場を使います。本文参照のこと。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net