サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

最寄のICは塩沢石打ICですが、塩沢石打ICを使うとコンビニがありま せん。湯沢ICを使ってコンビニ経由で桜坂へ入ります。

桜坂の駐車場は40台程度。路面は舗装されていました。シーズン中の土日 はいっぱいになっている公算が大でしょう。って、巻機のシーズンっていつ なんだ?少なくとも盛夏だとは思いたくないが。
駐車場の周囲にトイレがないので事前に済ませておいたほうがいいでしょう。 登山届は登山口で提出できます。

で、この駐車場から歩きます。3分くらい供用を廃した林道を歩きまして、 右手に折れたところが登山道。登山道の様子は典型的な新潟の山で、7合目 付近までが樹林帯、その上が笹に覆われた斜面。ちなみに、○合目の道標が あちこちにたってますが、区間距離はぜんぜん均等ではありません。登山口 のすぐ上にある標識が2合5勺で、5〜6合目間、6〜7合目間が妙にあい ています。
ちなみに、7合目付近から上に見えるのは、9合目のニセ巻機山というひど い名前の山で、本物のピークはさらに裏手になります。
8合目付近は木の階段が錯綜し、かなり植生が荒廃しており植生回復が必要 です。


歩いていって、5合目までが約1時間〜1時間10分くらい。5〜6合目間 が40〜50分くらい。6合目〜9合目避難小屋間が約1時間。その上は30 分も見れば十分でしょう。昭文社の地図のタイムを足していくと、のぼり5 時間以上かかることになっていますが、4時間か、4時間半もみれば十分です。

避難小屋は(おそらく昨年度)リフォームされ内部はきれいになっていました。 水場はよく出ています。小屋の2階に荷物を放置して少し仮眠。みるみるうち に空が晴れてきます。空身で牛が岳を往復します。

で、避難小屋から階段をあがりきったところに、巻機山の山頂標識がたちまし た。多分、ここが山頂だと都合がいいことがあるんだと思いますが、一目みて すぐ先に標識の場所より高いところがあります。そんなに離れているわけじゃ ないけどさ、等高線で3本も違うんだから、ここを山頂にするのは抵抗がある な。まあ、せっかくだから牛ヶ岳までいってくるのが筋でしょう。

ガスってればなんでもない稜線も、よく晴れれば最高の気分です。午後4時を まわって、だいぶ日が傾いていい光線具合になってきました。もちろん、こん な時間にこんなところを歩いている人なんかいません。昼間にぎやかな百名山 も泊まりでくる人はそうそういない。2人じめでいい心持ちで歩きます。
牛ヶ岳の山頂には道標の1本もたっていませんが、注意していれば三角点があ りますので間違えようがありません。少し奥まで歩いて、ひきかえして小屋に 戻ります。夕日を撮るのでおおきいカメラを持ってきたのに、下の方はガスっ ていてあいにくです。こうなったら朝日、と思ったのですが、少し薄明るくなっ てきたので小屋の外を窓から覗いてみたら、まっしら…日が上がってから晴れ てきましたが、これはどうにもなりません。

百の頂に、40の喜びと、45のまあこんなもんか、と、15のもうこねーよ ぷんぷーあり。と書いたが、巻機山は、45に入るかな、と感じていました。 巻機山の再訪は、山に思い入れがあったというよりも、あまり交通費をかけず に、1泊2日で写真を撮れる手ごろな山、という選択だった。でも、あの稜線 を時間はずれに歩いていると、なかなかいい山じゃないかという気分になれた。

下山は、往路を下山します。2時間かからずに川越駅までやってきたのに、そ こから一般道を延々と3時間30分。アホみたいです。


圏央道が高尾山こえて橋本あたりまでやってくるのは、何十年後になるんで しょうかねえ。つまんねえ道路作ってないで、必要なやつだけ作ってくれない かなあ。

写真 駐車場はこんな感じで40台。有料ですが今回も誰もいなかった。
写真
写真 要所に道標がたっているのですが、均等割りではありません。5〜6間と6〜7間は異様に広いです。最初に出てくる道標はなぜか2合5勺
写真
写真 登山道の様子はこんな感じ
写真
写真 今日のドリンク
写真
写真 ニセ巻機山を見上げます
写真 8合目付近。ボロボロになってしまっているので植生の回復が必要でしょう
写真 巻機山を見上げます
写真 避難小屋直下
写真
写真 水場
写真
写真
写真 避難小屋の様子。見比べてみると外観も変わってるか…人間の記憶なんてものはいい加減なもんだ。
写真 巻機山山頂から50mくらいはなれた場所
写真 稜線の様子。いい写真はみんなフィルムカメラで撮ったので見せられません。ウフ
写真 巻機山の山頂から牛が岳へ向かいます
写真 ガスがあがってきます
写真 指です
写真 平が岳とか至仏山とかの方向
写真 朝がやってきました
写真 別の角度
写真 ニセ巻機山です。ひどい名前のピークです
写真 割引岳の方向です
写真
写真

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 巻機山登山口(桜坂)から往復
地図 Google 巻機山
地形図 巻機山
難易度 特に危険な場所はありません。
所要時間 1日目いっぱい行動の日帰り、ないしは1泊2日。
のぼり5時間+程度と思います。
(2006.9.4追記)
再度登って、やはり標準コースタイムがだいぶ甘い感じがするので、 普段CT通りで歩ける人なら4時間30分内外で登れる感じがしました。
(2009.10追記)
桜坂−5合目 2時間
5合目−避難小屋 2時間
避難小屋−山頂 45分
他の季節 紅葉の時期 2009.10
トイレ 小屋の内部にあり。綺麗です
水場 避難小屋脇。すこし歩かないといけない(片道2〜3分)
避難小屋 9合目にありますが、さほど綺麗ではありませんでした。
宿泊には必要にして十分。
(2006.9.4追記)
内部がリフォームされ綺麗になりました
幕営適地 なし
交通 砂利敷の舗装の大きな駐車場。駐車場まで舗装
キャブコン可
マイクロ可
途中の道路が細いですがトレーラもなんとか入ると思います
登山計画書 不明
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他 特になし 

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net