サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
tozan.net - http://tozan.net/

14日は三百名山シリーズです。浅草岳へいってきました。
(只見沢登山口より往復)
腰をいためてるんであんまり荷物は背負えないんですが、日常 生活はしんどいけどまっすぐ上から下へ荷重がかかる登山は全 然平気。もう3週間になるからいい加減治ってくれないかなー と思うのですが、腰よりもダウナーの方がしんどくて、この日 になって6月の初登山になりました。まあ、約束しちゃったん で簡単にキャンセルがきかないからでかけたのですが。
でも…夏山は完全にピンチです。

ホントはぜいぜいさんシリーズです。前にぜぜさんが行ってたん で、去年の秋に守門岳いったから、今度は春にヒメサユリを見に 浅草岳ってことで浅草岳。去年立てた今年の予定の中に浅草岳は いました。
俺も変わったよな。ほんの3年前にはピンクのニッコウキスゲと か書いてたのに。わっきーさんそれニッコウキスゲじゃなくてヒ メサユリ。


千円さまさまです。最寄のICはとても正価ではいけない小出。 例年であれば普通に一般道でいくところですが、前日11時集合 の高速道路。メチャメチャすいていてあっという間に到着です。 でも、ここからが長い。コンビニはR17を曲がってすぐのとこ ろにあるのが最後。R17沿いの(多分24H営業の)セルフで 念のためガソリン入れて、コンビニよってからR252へ入りま した。大白川のあたりまではまばらに人家もありますが、営業し ている何かは何もありません。大白川をすぎると人跡未踏でなん のためにこんなところに道路があるのかわからん状態です。なん でこんな道路税金払って維持してるんだろ。

六十里越しのところにも登山口があるのですが、地図に「危」マー クがついているので華麗にスルーします。駐車場と登山口は車の 中から確認できました。
もうちょっと下っていって、今日使う田子倉の登山口へ出ます。 地図には駐車場が2箇所書いてありますが、休憩所の前の駐車場 を使いました。朝4時の着でしたが、すでに先客3台。人跡未踏 の山の中なのにいってみると車がいる、というのが可笑しかった です。登山口は小出ICから50キロくらい。もしここでエンジ ンがかからなかったりすると携帯の入るところまで30キロ位歩 かないといけないみたいなので、信頼できる車でいきましょうね。 トヨタ車とか、24万キロも走っていつ壊れるかわからん車はや めましょう。

電車でくる場合は田子倉の駅前から登れるという立地のよさなの ですが、電車ホントにくるんか?それに、この駅見渡す限り生活 の痕跡がないんだけど、なんのためにこんなところに駅が存在す るんだ?まさか登山のため?

というわけで、この駐車場に車をとめて、少し車道を歩いて雷門 をくぐったところが登山口。人力車がとまっています。まず最初 に仲見世で買い物をして…おっと間違ったそれは浅草だった。
登山口に入ります。登山口からしばらくは沢筋を歩くのですが、 雨降り直後ということもあってかグチャグチャです。あーなんか もうちょっとマシな靴でくればよかったと思ったのですが後の祭 りです。しばらくいくと橋で川を渡ります。2度わたりますが、 後のほうが地図の水線をよこぎる方です。これをこえるとすぐ沢 の中をあがります。あーなんかもうちょっとマシな靴でくればよ かったと思ったのですが手遅れです。すぐ登山道に出て、わずか ばかりあがると大久保沢の水場。水場として整備はされていませ んが標識はでています。まあ、僕的にはカウントしたくない水場 です。
ここからは沢の間をあがっていきます。ブナ林のいいところもあ ります。いつの間にか地形が尾根に変わると田子倉眺メは近いで す。中先尾根って書いてありますね。
展望は、田子倉湖が見えるようですが当日はまっしらで何も見え ませんでした。

田子倉眺メから鬼ヶ面眺メまではそこそこの登り。ヤセ尾根とか 書いてありますけどおっかないところはないです。要所にロープ が張ってあるのは守門岳とおなじ。ただし、足場が、すべりやす いところが多いです。
鬼ヶ面眺メをこえて、5mか10mばっかり下ったところから標 高差450mのしんどい登り。要所に距離標がたっているのでそ れを励みにします。登りきると浅草岳の肩へ出てほんの少し戻っ たところが山頂。一等三角点がありますが、僕は三角点は山を穢 す余計な構造物だと思ってるんで相手にしません。展望は少し北 面が潅木ですが、おおむね見落とす方向はありません。どの方向 を向いても、まっしらです。昭文社の冊子には「山頂からは平ヶ 岳、会津駒、燧ケ岳などが見え」って書いてある。

登山道にはホントいろんな花が咲いていましたが、今日はまだ見 てないヒメサユリを見るのが目的の会なので、ヒメサユリを探し ます。少し天狗ノ庭の方へ歩いていったのですが、シラネアオイ が結構いっぱい咲いていました。だけど、肝心なヒメサユリには 出会えず…
あんまり遅くなると関越だから渋滞するし、なんか午後から天気 が荒れるようなこと言ってたから、適当に歩いてひきかえすのが 苦にならない距離いって、そこで諦めました。
「えーわっきーさんは新潟までいってヒメサユリに会えなかった んですかくすくす」
うっさいなーもう。シラネアオイ見られたからいいんだよぷんぷー。

帰りは往路を下山します。このルートは最短ルートではなく、な おかつ日帰りにはややしんどいルートであるにもかかわらず4, 5組の人とすれ違いました。昭文社越後三山の図葉のコースタイ ムは異様に甘めで、剣が峰から浅草岳までの標高差450mを1 時間40分はいいにしても、その下の3時間10分は害がある位 甘めの設定です。のぼりCT4時間50分のところ、中高年を含 む2名グループで休憩を含め3時間20分くらいでしたので、甘 く見ても3時間後半もあれば普通に登れると思います。もう何度 も越後三山の図葉の山はのぼってて、そのことは折込済みだった ので、たぶん最短のネズモチ平から登ると2時間登頂の山だな、 とは計算していました。

地図みると、いいところに避難小屋があって、日帰りで往復した だけで「登った」というのははばかられるなあ、という気がしま した。

区切り線

写真 田子倉無料休憩所です
写真 田子倉湖を見ます。田子倉眺メからも見ることができます
写真 こちらが登山口
写真 登山口の様子。登山者カードも提出できます
写真
写真
写真 しばらくは沢沿いをあるいて
写真 ブナ林のいいところもありました
写真
写真
写真 ブレちゃってますが、ギンリョウソウ。カメラのモニタでみると、みんなピントがきてるように見えるんだ。
写真
写真
写真
写真
写真 コケ。もっと絞ればよかったなあ。だけど、これがブレないギリギリ。
写真
写真
写真 ツツジ
写真 田子倉眺メ。
写真
写真
写真
写真
写真 山頂を見上げる
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 これは目いっぱい腕をのばしてノーファインダーで撮ったやつです
写真
写真 モグラです
写真 シラネアオイ
写真 山頂は一等三角点。
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 今日は結局天気に恵まれませんでした
写真
写真 これでおしまい

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 田子倉−大久保沢水場−剣が峰−浅草岳 往復
地図 Google 浅草岳
地形図 守門岳
難易度 若干体力は必要ですが、とくに難しいところはないと思います。登山道はすべりやすいところがありました。★★
所要時間 田子倉−鬼ヶ面眺メ 2H40
鬼ヶ面眺メ−浅草岳 1H20

浅草岳−田子倉 3H

昭文社地図より厳しい目です。
他の季節 一般登山は6/中くらいからではないでしょうか。
標高の低い山なので、夏場は暑いと思います。
積雪期は道路通行止めなのでアプローチで敗退です。
トイレ 田子倉無料休憩所内にあり。きれいだそうだ。
水場 よく出ていましたが、沢になっていて、しかもその中を歩くわけですから、僕的には水場としてカウントしたくない水場。
避難小屋 調査しませんでした。15名だそうです。
幕営適地 なし
交通 田子倉駅前まで2車線のいい道路。線路南側の駐車スペースは大型車両トレーラも駐車可能。北側登山口前は取り付き道路が狭いので大型車は厳しい。関越道小出ICからは1時間以上かかります。駐車場まで舗装

公共交通機関の場合、只見線田子倉駅前から歩けます
登山計画書 登山口で提出できます。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net