サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

妙高山・火打山へいってきました(笹ヶ峰から周回)
妙高と火打は僕が山をはじめてまもない頃に1度行き、それ以降いずれ再訪しようと 思っていた。別の季節に、と思っていたが、再び秋枯れの時期になってしまった。
笹ヶ峰への最寄のインターは妙高高原ICなので、妙高高原ICで降りる。R18 を少しだけ走って、笹ヶ峰←の看板が出ているので左折。あとは1本道。道は細い です。でもって、あがっていくと霧の中へ。今日の天気は残念な方になる様子。 笹ヶ峰の登山口は以前の位置と異なり、駐車場も新たに整備された。ここから 歩き始める。植生は典型的な日本海側で下草は笹。橋を渡るまでの小一時間は あまり斜度を稼がず、十二曲り周辺で一気に標高を稼ぐ。1時間半前後のしん どい登り。富士見平までいけば空も開けいい気分になれる。天気も雲の上へ出 て絶好の様相になった。ほどなくして秋枯れの高谷池ヒュッテへ着く。
高谷池にテントを張り、火打山へは1時間の空荷。天狗の庭をこえると展望も いい具合になって、高妻山や妙高山も見えてくる。白馬のほうまでは残念なが ら雲の中だった。下から見てもたおやかな火打山。いい気分になれる山だ
翌日は黒沢ヒュッテまで実荷でいき、黒沢ヒュッテから空荷で妙高山を往復。 4時間の行程で、水不足になってしまった。外輪山と本峰の間の沢までだら だらと悲しくなるくらい下り、あとはきびしい直登。小一時間なので耐える。 山頂付近では紅葉がはじまり位でいい色になっている。
黒沢池からは湿原わきのいい道を歩くが、富士見平への最後の登りには参った。 朝鬱が入って出発が遅れたせいもあるが、下山してきたのは日没ぎりぎりになっ てだった。
帰りは雨飾・小谷温泉方面へ抜けたのだが、この道は栗原川林道ほどではないが未舗装 のひどい道。20キロないが、小谷まで1時間以上かかった。

撮影:うな子

写真 しばらくは木道の上を歩きます
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 十二曲がり
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 富士見平付近
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 まだ雪が残ってました
写真
写真
写真
写真
写真 火打山山頂
写真 妙高山
写真 火打山方面から天狗の庭
写真
写真
写真 天狗の庭から妙高山方向
写真
写真
写真
写真
写真 高谷池ヒュッテの様子
写真
写真 火打山
写真 テント場の様子
写真
写真 黒沢池
写真
写真 黒沢ヒュッテ
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 妙高山
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 笹ヶ峰−高谷池ヒュッテ−火打山−黒沢ヒュッテ−妙高山−笹ヶ峰
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 迷いやすいところも危険なところもないと思いますが、妙高山は急登で有名らしいです。
十二曲のところでは体力温存で。
それから、熊に注意。
所要時間 笹ヶ峰−高谷池ヒュッテ 4H
高谷池ヒュッテ−火打山往復 3H
火打山−黒沢ヒュッテ 1H
黒沢ヒュッテ−妙高山往復 4H
黒沢ヒュッテ−笹ヶ峰 3H
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口奥の駐車場にあります。
水場 高谷池ヒュッテ 要煮沸
黒沢ヒュッテと妙高山の中間付近にも水場がありましたが、これも要煮沸かもしれません
避難小屋 ありません
幕営適地 国立公園内なので指定地でのみ幕営可。
交通 駐車場は広い。笹ヶ峰へは車でないと入るのは難しいだろう。駐車場まで舗装
トレーラ可
キャブコン可
マイクロ可
登山計画書  
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net