サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
写真
幻想的です。
1年以上行きたい行きたいと思っていた山へ、ようやく行ってきました。
いや、単独ならいつでも行けたんだけどね。

一端登山口を通り過ぎ、奥の駐車場にクルマを入れまして仮眠。さすがに もうトシなので、夜が明けても「ねみ〜〜」ということでさらに爆睡した あと、5時半に出発。暫くは森の中の平坦な道を進んでいく。こりゃー楽 勝だあ、なんて、鼻歌まで出てくる頃に川を渡り、急登にさしかかる。こ こでえらく速い2人組についていったら、途中でバテバテ。1700m付近で、 こりゃ〜たまらん、ということで1回休憩。かなり天気が悪くて、ここで 多少の降雨。完全に降ってしまえば下山するのだが、雨具を着るほどでも なく、天候は回復に向かう、はずなので、そのまま登高。1790mピーク (十二曲がり)にて立ち休み、と立て続けに休憩を入れる。手を使ってよ じ登るような道がさらに続き、うんざりする頃黒沢池と高谷池の分岐にさ しかかる。もう、このへんになると普段の運動不足がたたってバテバテだ が、あとは標高差もないし・・・なんて思ったら、まだ登って、しかも下 る。しかも距離が長いので時間ばかりかかってしまい、当初は「なあんだ、 2時間あれば登れるや」と思っていたのが、あれよあれよという間に3時 間になろう、という頃、霧の中から突如高谷池ヒュッテが出没。湿原の中 に立っているとばかり思っていた私としては、全然周囲が開けないのにオ ドロキ。とりあえずキャンプの手続きを済ませ、荷物をデポしようとテン ト場へ向かうと・・・ありました!
写真で見ると高谷池ヒュッテは湿原の中にあるように見えるのですが、正 確には湿原に隣接する森のはじの方にある、ようです。

で、早速荷物をデポして火打山を目指すが、楽勝と思われた火打山とて、 さすがに3時間の登りの後はさすがに辛く、途中で休みをいれたりしなが ら霧の中を進み、ガレを登った先の山頂へ約1時間で辿り着く。しかしな がら展望は全くなし。明日の妙高を期待してさっさとテント場へ戻り野営 の準備をするが、誰1人いなかったテント場もさすがにそれなりに入れ込 み。湿原の横の一番いいところにサイトを取ったのだが、この後入れ込み が多くて、もう少し遠慮してサイトを取ればよかったなあ、と後悔。
2日目は日の出前に妙高方面へ出発。日の出の写真をとった後1時間ばか り歩いて反対側へ出た後ザックをデポ。外輪山を越えて向こう側へ降りる が、この坂がなかなか曲者で、時間的にも中途半端なので休みを入れるの は大袈裟だし、一気に行くには辛いし・・・という状態だったが、結局休 みは取らずに9時頃登頂。頂上からの展望は・・・やっぱり霧の中でした。 で、三脚を壊したわっきーはさっさと降りてきて12時頃下山。自宅まで 約10時間の行程を運転して帰ったのだった。


写真 笹ヶ峰の登山口。ここまでが遠い!
写真 しばらくは木道の上をいく。ほとんど斜度はない。
写真 沢を横切るといよいよ本格的な急登だ。
写真 高谷池(こうやいけ)は完全にガスってしまいました。看板だけ。
写真 これは十二曲あたりから見た景色。
写真 おなじく十二曲。上の写真よりやや下のほうでしょうか。
写真 高谷池はこんな状態。
写真 完全に紅葉がはじまっています。
写真 天狗の庭付近。
写真 天狗の庭付近。初日は酷い天気でした。
写真 高谷池のテン場からだと思います。神秘的な景色でした。
写真 二線ボケ。汚いボケだといわれますが、僕は意外と好きです。トリカブトの類でしょうか。
写真 秋の味覚もいろいろ出ていました。
写真 まったく展望がありませんでした。
写真 高谷池ヒュッテ。
写真 こちらがテン場。
写真 明け方。雲が流れます。
写真 そして日がまたのぼる。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 笹ヶ峰−火打山−妙高山−笹ヶ峰
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 迷いやすいところも危険なところもないと思いますが、妙高山は急登で有名らしいです。
十二曲のところでは体力温存で。
それから、熊に注意。
所要時間 2日。初日は目一杯行動。2日目は午前中いっぱい。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口奥の駐車場にあります。
水場 高谷池ヒュッテ 要煮沸
黒沢ヒュッテと妙高山の中間付近にも水場がありましたが、これも要煮沸かもしれません
避難小屋 ありません
幕営適地 国立公園内なので指定地でのみ幕営可。
交通 駐車場は広い。笹ヶ峰へは車でないと入るのは難しいだろう。駐車場まで舗装
トレーラ可
キャブコン可
マイクロ可
登山計画書  
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net