サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

鳴虫山へいってきました(憾満ガ淵から往復)


目の前に日本一渋滞のひどい交差点がある。原宿。午前3時に 渋滞していたとか、通過に2時間かかったとかいう伝説には事 欠かない。僕も1時間くらいハマったことは何度かある。もっ とも、僕はこの交差点がそれほど混むという印象はないのだが、 対向車線から見て「あー今日もハマってますねー」とか、思う のはたびたびではある。

今週、この交差点にトンネルがあいた。といっても、上り車線 だけの話で全面開通にはもう2年待たないといけないのだが、 新聞記事によると所要時間が30分短縮される、というふれこ みだから捨ててはおけない。多分原宿交差点の通過時間が30 分短縮された分は戸塚警察署前交差点の通過時間が30分延び てチャラになるだろうという予測のもとで、実走調査にいって きた。

…日光まで。

バカだねえ。目の前なんだからちょこっとぐるぐるすりゃ済む だろうになあ。


鳴虫山は3年くらい前に書いた登りたい山リストの中にいた。 当たり前に花の時期に登りたいが、そう簡単にスケジュールが 許さない。ちょっと時間があいたのが、たまたま4月初旬だっ た。
ちなみに、仲間うちから「行きたい連れてって」、とは言われ ていたが、この手の「行きたい」にはつきあいきれない。だい たいみんな行きたい山なんか無数に近いくらい持ってるもんだ。 本当に行きたいのであれば、日光駅から歩ける山くらい自力で どうにでもなるもんだと思う。で、雑音は排して1人でいって きた。


例によって環八→外環の下の一般道→浦和IC→宇都宮IC、 と走って日光までは一般道。まともに高速走ったら(日曜日でも) 5000円くらいむしられるところを、1900円。それでも 高速代だけで青春18きっぷの値段ですね。アホクサ。
帰りは安くする方法がないので、普通に宇都宮からR4へ出て 春日部−環八−第三京浜。450円。
環八のすき具合は末期的状況で、あれなら外環の大泉から南の 道路も要らないかもしれん。イヤほんとに。逆に意外とR4は トラックだらけで流れが悪かったです。みんな不況で高速道路 使えないんだね。
っていうか、あの区間はあれだけ流れる道路があるんだから、 高速道路の必要度は低い。


駐車場は含満公園の駐車場を使います。無料ですがいっぱいは とめられません。あと、場所がかなりわかりにくいかもしれな いです。東武の地図
http://www.tobu.co.jp/playing/hiking/nakimushi/map/map.pdf とカーナビを照らし合わせながらいくといいです。駐車場には トイレもありましたが状態は未確認です。

含満の茶屋のわきに道標が1本たってるんで、これに従って車道 を歩いていきます。へへへ〜最初に出てくるのは化地蔵だ、と思っ て歩いて行きますが様子が変です。下を覗き込むと下に化地蔵が いました。ルートミスです。上の道と下の道とあるんで、これを 読んだ人は迷わず下の道を選んでください。

でもって、日光宇都宮道路をわたって発電所のわきから入ります。 最初は未舗装の林道。供用してるかどうかは知りませんけど、す ぐに登山道に変わります。今日は花の山ですからね。でも、花は 咲いていなくて、かわりに何か洟が…えー洟の百名山ですか?杉 林の中をいきまして、

…歩いてるとそのうち山頂につきます。

独標と合峰(合方)の位置には道標がありました。合方までは急 なのぼり。あとは稜線伝いでゆるいアップダウン。

まあ、地図を見ても普通に周回するのが当然だと思い、僕もその つもりできていますが、帰りは往路を下山することにします。地 図を落としてきちゃったんだよね。地図をあきらめて先へ進むか 戻って回収するか考えて、なんか先へ進む価値はないな、と思っ ちゃった。
つまらん映画を見た気分で、もういいや。1人の山はつまらんな あ。かちゃんが心配だから帰ろっと。

山頂からの展望は、女峰山は見えるのですが、男体山は樹林ごし。 季節が進むともしかしたら見えないかもしれません。
危ないとこはないです。体力的にもしんどいところはないと思い ます。

帰りの原宿交差点は、信号2回で通過。毎日のように横浜新道の 終点1つ手前のインターまで渋滞が繋がったとかいうのも景気が よかった頃の昔日の話。いずれ僕にも車が持てないから渋滞なん か関係ないよ、という日がくるのかもしれません。

写真 駐車場はここを使います。区画はまあまあですが、細街路なので大きい車ははいりません。
写真 トイレがありましたが、様子は不明。そんなに汚くはないとは思うのですが
写真 ここに道標が1本たっていますが、これにしたがっていくと
写真 こんな具合に、化地蔵の上に出てきてしまいます
写真 こんなかんじで、肝心なものを見落とします
写真
写真 日光宇都宮道路をくぐって、発電所わきのここを入ります。左に目立たない道標がたっています
写真 スギ花粉百名山です
写真 林道からわきへ入るところ。
写真
写真 歯槽膿漏になっているところもあって、けっこう歩きづらいです
写真 独標へやってきました。
写真 ちょっとみづらいですが、間違えそうな尾根。この先登山道ではありませんとの看板がついています。
写真
写真 合峰へやってきました。
写真
写真 石祠があります。
写真 立派な階段をこえるとほどなく山頂です
写真 山頂の様子
写真 山頂からの展望。これは女峰山ですね
写真 男体山のほうはこんな感じで樹林の間からになってしまいます。
写真 山頂標識。手前の石が三角点かな
写真
写真
写真 帰りは化地蔵をみることができました
写真 これでおしまい

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 憾満ガ淵−独標−合峰−鳴虫山 往復
地図 Yahoo! 鳴虫山
地形図 日光南部
難易度 とくに難しいところはありません
所要時間 憾満ガ淵−独標 1H
独標−合峰 45分
合峰−鳴虫山 15分

鳴虫山−憾満ガ淵 1H30

通常は日光駅からのぼって憾満ガ淵へおりる周回ルートを取ると思います。車の場合は逆ルートが便利です。
鳴虫山−神ノ主山 50分
神ノ主山−日光駅 50分
他の季節 花(アカヤシオ)の時期は4/下〜5月くらいでこの時期がいいと思います。というか、この時期をはずすと見所に乏しい山のような気がします。
積雪期の状況は不明です。
トイレ 含満公園にあり状況不明。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 鳴虫山山頂の展望デッキの上あたりなら適すると思いますが
交通 日光駅から歩ける山なので電車がおすすめです。

駐車場の場所は
http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=36.7469765&lon=139.59528704&sc=3&mode=map&pointer=on&home=on&hlat=36.56242556&hlon=139.8867672

この場所で10台、無料。駐車場まで舗装
表の通りにも寺社観光むけの駐車場があって、500円程度です。
登山計画書 登山口では提出できません
問合せ先・参考文献 日光市役所 http://www.city.nikko.lg.jp/
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net