サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
写真
真っ白でした

毎日雨ばかりで腐ってしまいますね。なんか中途半端に調子がい いだけにどうしたらいいものかと思っていますが、
雨の間隙をついて、6日戦場ヶ原にスノーシューにいってきました。

まずお詫びです。刈込湖へはいけませんでした。

1000円の日なので、玉川から環八−笹目通り−外環の下−新4バ イパスと走って集合場所へ。集合場所で1人拾って宇都宮−今市− 清滝とやってきます。清滝のあたりでは霧雨。天気予報では午前 中くもりで午後から山の方は雪、とのことだったのですが…

気温がね、9度もあるんですよ。まあ、当たり前に戦場ヶ原も雨 ですね。

で、いろは坂をあがって、

…雪、ないじゃん。道路には雪の片鱗もありません。

三本松で朝日(っていうか…)の撮影を、いちおうします(僕 はフィルム装填ミスで撮れてない)が、戦場ヶ原はほとんど雪 なし。とてもスノーシューという雰囲気ではないですね。
場がえして、赤沼へ車を回すのですが、普通にアイゼンもス ノーシューも持たずに丸腰で歩き始めます。

今日はね、小田代が原の貴婦人を見に行くのが目的なので、小 田代ヶ原へ向かって、ぐるっと1周。

積雪は緩んだところで足首くらい踏み抜きますが、一方で木道 の露出したところもありました。

1周ゆっくり歩いても4時間まではかからないので、普通の日 であれば相当ゆっくり歩いた方がいいです。あんまりペースが 早いともったいないです。距離はありますが標高差もほとんど ないので、登山の人だと歩き足りないくらいでしょう。

雨の降らないうちにと思って、少し頑張って歩いて早い時間に 帰ってきましたが、帰りも運転7時間。もうげっそりですよ。 世田谷のヤマダ電機の駐車場待ち渋滞にはハマるし、用賀から 玉川まで渋滞の中頑張る気力はなかったので5割引かと思って 東名乗ったら3割引だし…ポッポのバカ…


*個人的メモ

戦場ヶ原は200mmと300mmが必要です。

写真

写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 男体山と
写真

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 赤沼〜小田代ヶ原〜青木橋〜戦場ヶ原〜赤沼 周回
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 ほとんど標高差はありません。 簡単なルートファインディングの技術が必要な場合もあります。スノーシューの場合 木道の幅が狭いところがあるので、落ちないように注意する必要があります。あとは 一般的な冬山の注意に準じると思います。視界が利かないときは入山しないほうがい いでしょう。☆☆くらいでお願いします。
所要時間 一応所要時間としては、上のコースで4時間程度。ペタペタ歩き回るのがメインだから、 自分の体力やペースと勘案しながらルートの長短を調節すればいいと思います。
他の季節 おそらく、紅葉の時期が一番人出が多く、冬場はあまり入山者がいないと思います。 12月おわり〜2月いっぱい位はスノーシューで歩いている人は結構いると思うのですが、 いつからいつまでがスノーシューの適期なのかは不明です。
トイレ 竜頭の滝駐車場にはありません。赤沼にはあります。湯滝駐車場のトイレは閉鎖されていました
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 スペースはいっぱいあるのですが、一応国立公園内なハズなので…
交通 竜頭の滝前の駐車場は除雪されており使用可能でした。赤沼駐車場は冬季閉鎖でした。駐車場まで舗装。公共交通機関の場合、 日光駅からバスで、多分湯元行きか何かに乗るようだと思います。
登山計画書 登山口では提出できません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他
このサイトにはこの山の他の記録があります お探しの情報がみつからない場合Backボタンも試してみてください
最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net