サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
写真
富士見石付近からの展望

昨日26日、木曽御嶽へ行ってきました(田の原より往復)

御嶽山は以前登ったことがあるが、そのときは台風の間隙をつい ての登山だった。体力に任せた短時間往復登山で、展望はまった くなし。下山口直前でついに豪雨となった。結局御嶽山という山 が何者であるかはわからずじまいだった。

おそらく表口は田の原コースだろう。田ノ原コースからは以前登っ たがあるので、別ルートを検討した。濁河(にごりご)からの日 帰りは少々きついので、今回はロープウェイ側から登ろうと思っ ていた。が、ロープウェイの運行開始時刻、9時。ありえません。 仕方がないので再び田の原コースの7合目から行くことにした。

御嶽山というのは大きな山で、北アルプスの稜線から見ると乗鞍 の向こう側に雲海にうかぶ1つの島としてはっきりと見える大き な独立峰である。勿論、御嶽の大きさというものは、麓から登ら なければわからないだろう。しかし、時間はあるが、小屋に宿泊 するにはちと予算が厳しい。うまい具合に好天の1日をつかまえ て、再び日帰りでの登頂とする。

登山口には前夜の、午前1時近くなって到着。台風一過の絶好の 晴天を狙ったはずだが、塩尻ICを降りると小雨まじり。おそら く最寄のICと思われる塩尻ICから田の原の登山口へは85キ ロあります。コンビニはR19沿いにはあまりありませんので塩 尻IC付近で先に済ませておくのが安全です。
走るに従い天気は悪化し、田の原は一面真っ白でした。ここで車 中泊。あまり睡眠時間は取れず、5時頃には目がさめます。霧は すっかり晴れて駐車場から山頂(王滝頂上)が見えました。予定 通り好天をつかまえたようです。少し早いですが、備え付けの登 山届を提出して、5時40分に歩き始めることにします。

登山口は鳥居からはじまり、植生は潅木帯。ほとんど水平で車も 通れそうな道からはじまります。神社を右手に見る頃から登山道 は登りに転じ、すぐ左手に祠やってきます(現地には名称がつい ていますが失念)ここから上は以前は女人禁制だったそうだ。
もう少し階段を登ると地面が赤くなり赤っぱげへやってきます。 赤くてはげているから赤っぱげ。安直なネーミングです。王滝頂 上へは標高差で750mくらい。あんまり頑張らなくても2時間 強くらいでやってきます。
登山道は、富士山そのままですが、階段で整備されているところ が富士山とは違うかな。オンタデとかも生えます。途中に富士見 平?とかいう場所があり、このへんからハイマツ帯にかわります が、この場所から富士山が見えるかどうかは微妙です。見えたと しても余程天候に恵まれた日に限られるでしょう。

途中には避難小屋が2つありますが、いずれも扉がなく、シュラ フをひいても寝返りは打てないくらいで宿泊には適しないでしょ う。純粋な避難小屋とおもってください。水場は一口水という水 場があるのですが、この水場は涸れていました。前回いったとき は出ていましたが、この水場は名前からいってもあてにしない方 がいいでしょう。

王滝頂上から、まずは山頂(剣が峰)へ向かうことにします。王 滝頂上から剣が峰までは20分。王滝頂上を裏側へ回ると、左手 から硫黄の匂いがやってきて温泉に入りたい気分になります。目 の前に小屋があり、裏手の階段を上ったところが山頂です。山頂 には神社、というか、祭壇があります。

展望は、はるかかなたまで雲海です。雲の高さが少し高い場所な ので、3000mに届きそうな山しか見えませんが、南アルプス から白山まで一周360度の展望になりました。北アルプスは焼 岳や穂高、槍、黒部五郎と思われるもの、薬師岳の手前の北俣岳、 笠が岳とゴージャスです。

早い時間に登ってきて、時間はだいぶありますので座り込んで昼 寝にするかお鉢巡りにするか問うたところお鉢巡りの方がいいと いうことなので、お鉢を巡ります。剣が峰から北東方向にくだり、 おりきったあたりが二ノ池。日本最高所の池って言ったかな?青 緑色のきれいな湖です。さらにお鉢沿いを回りますが、二ノ池か ら先は風が強いときは立ち入りを避けた方がよさそうです。1周 1時間30分で再び剣が峰へ戻ってきたときには一面のガスにな りました。

帰りは2時間、かからないくらいで駐車場へ戻ってきます。


王滝頂上までの登山道のわきには祠がいくつもあり、お賽銭を投 げ入れられるようになっています。で、登りで好天を祈ってお賽 銭を入れてきたのですが、入れた金額が5円と2円。これではご 利益が続かず、山頂に行ったときは晴れていましたが、1周お鉢 をめぐって山頂へ戻ってきたときにはガスが上がっていました。 もう少し賽銭をいっぱいにしておけば天気ももうちょっと持った のかもしれません。

登山道はよく整備されており、3000m峰だということを忘れ さえしなければ特に危険な場所ではないでしょう。子連れで登っ ている人もいました。シーズンは10月10日あたりが最終と思 いますが、もう閉められている小屋もあります。

ちなみに、登山口の反対側にある三笠山へは登山道がついており、 七合目の駐車場に登山口と表記されていました。(多分標高差を 考えるに登り20分くらいではないかと思います)ここまでやっ てきて御嶽山の山頂ではなく三笠山へ登ろうと考える偏屈者は、 駐車場から南を目指すのも一興かと思います。




一応関連サイトなんだけど、僕のところからはプラグインが入っ てないので(入れる気もない)見ることができませんでした。
http://www.geocities.jp/tenpaku3067/

写真 駐車場はこんな様子でガラガラでしたが、シーズン中はもしかしたら一杯になるのかもしれません。
写真 ここが登山口です。
写真 えっと、花の終わったやつ
写真 紅葉は、今年はダメなんじゃないかなあ。こんな状態でした。田の原ルートはほとんど紅葉するような木はないと思いますが、御岳ロープウェイの写真を見ると黒沢口登山道の方は紅葉するみたいです。
写真 祠。ここから上は女人禁制、だった。
写真 あかっぱげです。
写真 あかっぱげ付近から上を見上げる
写真 富士見石です。
写真 キノコ
写真 一口水です。水場は登山道からちょっとおくにはいったところ
写真 水場の様子。こんな感じで完全に涸れていました
写真 登山道はこんな感じで、階段がなければまさに富士山だ…
写真 石室の様子。木でつくられているのに石室とはこれはいかに?
写真 王滝頂上付近
写真 王滝頂上から裏へまわりこんだところ。正面に見えるのが剣が峰
写真 王滝頂上ちかくの仏像。
写真 御嶽山の山頂に遣ってきました。向こうに見えているのは北アルプス
写真 山頂の鐘。左下が一ノ池(水はない)右下が二ノ池
写真 山頂の様子。
写真 山頂方向
写真 二ノ池
写真 二の池からお鉢の方向を見る
写真 二ノ池の全貌
写真 摩利支天岳のほうだと思います
写真 お鉢巡りをへて万年雪の横へ出る?
写真 空の色がきれいでした。
写真 王滝頂上方向を眺めたところ。
写真 8合目の避難小屋はトイレなし水場なし扉なし。予定宿泊には使えないと思います。ま、しんどい思いをするのが好きな人はご自由に。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 田の原〜王滝頂上〜剣が峰〜二ノ池〜剣が峰〜王滝頂上〜田の原
地図 昭文社 御嶽山
Yahoo! 御嶽山
地形図 御嶽山
難易度 ★★くらいで、3000mだということを忘れなければ特に難しいところはないと思います
天候の急変しやすく、強風に見舞われることの多い御嶽山ですが、滑落の危険があるところはないでしょう。それよりも火山ガスの活動が活発化しないかどうか注意したほうがいい。
所要時間 田の原〜王滝頂上 2H30
王滝頂上〜剣が峰 30分
お鉢巡り 1H30
剣が峰〜王滝頂上 20分
王滝頂上〜田の原 1H40
他の季節 GWあたりはまだ冬山。バスの運行が7中〜8下なので、交通機関で行くつもりの人は要チェック。無雪期の登山適期は10中くらいまで。
スキー場が営業している季節は、道路が通行止めになるので田ノ原へ行くのは相当しんどいと思われる。
トイレ 田の原にあり綺麗。王滝頂上にもあるらしい。
水場 一口水は枯れていると考えていいと思います。出ていないことが2度あったので、出ていないと考えたほうがいいものと思います。
避難小屋 8合目と9合目の石室はともに扉もなく宿泊にはあまり適しておりません。
幕営適地 幕営指定地はありません
交通 夏場は木曽福島駅からバスが出るそうですが、バスで行く場合は御岳ロープウェイ側から入山した方が簡単でしょう。

東京方面からの最寄のICは塩尻ICから伊那ICにかわりました。伊那ICから権兵衛トンネルをこえてR19に出ます。
伊那ICからR19までは高規格の道路で21キロ/25分程度。R19からは1時間+程度で田ノ原へいけると思います。
駐車場は広く大型車用のスペースもあります。トレーラは、止める所はあるのですがのぼり坂が急なので下の道の駅三岳を使うのが万全です。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口で出せますが、紙、ポストともプレハブ小屋の中でちょっとわかりにくいかもしれません。
問合せ先・参考文献 大滝村役場
http://www.vill.otaki.nagano.jp/
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net