サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

 行程:大浜公園〜井川駅 61km

6月27日 大晴れ

大浜公園 12:00〜静岡駅 13:00〜静岡ラドンセンター 16:10頃
朝ー駅弁 昼ー抜き 夜ー宿食

ムチャクチャ暑かった!出発が遅くなってしまったので、昼間行動だったが、汗も出ず寒気がする。要するに日射病風の状況にひたすら水分をとりまくる。今日は雨の予報だったはずで、下界を歩くのに晴れは辛かろうと思っていたのだが、なんとこの夏最高の気温。それも35.8度である。アスファルトの照り返しがどれほどキツいものかは、都会に住んでいる者ならよくわかるだろう。体感温度はほどんど50度の世界。
辛いとか辛くないとかいう以前に、危険そうだったので今日は早めに切り上げる。井川まではあと46kmなので、今日のペースなら遅くともあと3日。畑薙までは残り71kmとなった。
駅近くでは日影もあったが静清バイパスを過ぎる頃より日影もなくなり、さすがにうんざり。コンクリの上を歩いているので足も痛んでいる。
明日の目標は笠張峠直下。降雨の予定もあるし、高度を上げるから少し気温も下がって楽かな・・・いちおう26km歩ければ御の字。20kmでもいいや。明日から売店が少なくなるので水の補給もかなりネックになってくる。行動用の水はい1L見当で計画していたのだが、今日はわずか4時間の行動で3L強を飲み干しました。まだしばらくは自販機があるのでそれでしのぐ予定。

まだ南アらしくはないが、竜爪山は見えている。橋を渡れば山深くなってくることだろう。

静岡ラドンセンター 静岡市門屋111−1

6月28日 大晴れ

静岡ラドンセンター 7:30頃−橋 9:30−そば屋(25km地点)11:00
そば屋11:30−横沢ー笠張峠直下残り約44.7km地点16:30頃

今日は目一杯歩いた!約8Hの行動で歩行27km。街中からスタートして間もなく油山との分岐、梅が島温泉との分岐を左へ折れて橋を渡るといよいよ本格的な山道に入る。ここからようやく標高を稼ぎ始めるが、まだときおり両サイドに民家もあり余裕しゃくしゃく。今日は最低でも富士見峠手前10キロないし15キロのところまでは詰めておきたい。とすると、富士見峠は45キロ地点(注:後に40キロ地点と判明)だから、今日の行程は約18キロ位か。と思い歩を進めるが、少し重さにも慣れたのか、気温が低いせいか、意外と苦もなく進み、まもなくそば屋。当初1日目はここへ宿泊する予定だったのだが、冷静に考えると無理でした・・・とにかく、そば屋で食事をして、少し水をわけてもらって先へ進む.このあたりから気温も下がってきて、ようやく30度を切るくらい。都市の道路の暑さからすればそれでも天国である。これはあと5kmどころか10kmくらいいけそうだ、ということで、調子こいて歩いていくが、右足にイヤな予感・・・なんとマメ。2日目にしてこれは辛いが、だからといってどうすることもできない。最後の自販機らしきものがあったので、ここでお茶購入.水場が乏しいのでもう1本買おうと思ったのだが、もう喉を通らなそうなのでやめておく。ここを歩くこと1.5キロで横沢バス停。静岡からのバスの終点で、ここから井川までは急行バスしか走っていない。おまけに、富士見峠まで水場なしなので、覚悟を決めて進まないといけないのだが、とりあえず道標があったのでこれを確認する。富士見峠まで5km位かなーと思ったら、げっ!14km!
この区間水場がないので、可能な限り上へ上がっておかないと辛い.と思ったが、1kmも行かないうちにダウン。大休止して、おぞうにを食べる。滝が出ていて、ここから取水しているようだったので、私も水を1Lばかり失敬していく。これで手前1泊でも大丈夫だ。
地図を見る限り、ここは笠張峠へののぼりで沢から離れる所らしいのだが、一瞬はなれたのでここか、と思いきや再び沢筋へ戻る。あとは道標のみが頼り。横に書いてある、畑薙までの距離が50kmを切り、46.5kmのところでいよいよアウト。斜度がかなりあって、車できたときにはこんなもんか、と思っていたのだが、こののぼりは意外とキツい。1回靴を脱いで暫く考える.時間的にもそれなりなので富士見峠は完全にムリとしても、笠張峠までは早ければ1時間かからない。と地図からは読めるので、今日は目標は笠張峠とする。ここまで行けば、あと標高差も100mないだろうし、富士見峠までは1時間+位だから、水の方も心配は要らない。と思い、もう少し歩くことにする。

しかし、45km地点を過ぎても何も現れない。登りはキツくなる一方だ.センターラインが見えたので、このあたりだろうとよんだのだが、44キロを目前にして、むこうのカーブミラーの先にも峠らしきものが見えてこないので気が抜けてしまい、ここでアウト。道端でテントを張ることにした。うまい空間を見つけたのだが、下にはイラクサが2株生えていて・・・これでは寝れないので抜かせてもらいました。一応長袖シャツを着込んで、テントマットにくるまって就寝。シュラフを出すほどは寒くなかったのだが、そのまま寝るには、日が沈んだあとは少々辛かった。

6月29日 またしても大晴れ

笠張峠直下残り約44.7km地点4:30〜富士見峠(40km地点)6:30頃
富士見峠10:30〜井川駅14:00 敗退

昨日少し痛みを感じた左足ふくらはぎの筋肉付け根(靭帯)に激痛走る。筋肉痛ならいくらでも回復の待ちようもあるし、そんなものは無視して歩けばいいのだが、バスもない救急車も電話も入らない山奥で靭帯を切ってしまうのは非常にまずい。とりあえず今日は富士見峠までいって、そこで水が手に入るから、1日休養を取って、ダメなら(富士見峠にはバス停があるので)バスで一旦静岡へ戻ろう、と思って富士見峠へ行く。もう荷物を下ろしても歩ける状況ではなく、よくこんなので登ってきたな、という具合。とりあえず朝食、と思って水をひねると・・・・げっ!出ない!ナミダものである。あれだけ下調べしたのに、さすがに蛇口ひねって水が出るかどうかまでは確認しないわな。
これで、今晩富士見峠に泊まるという選択肢はなくなった。とりあえずバスは10時10分と(井川行き)15時45分(静岡行き)なのだが、帰るとしたら井川より静岡の方が安全だろうから、静岡方面だ。

しばらくバス停の東屋で寝ていると、バス到着。反対方向を指差してそのまま寝を決め込むが、昨日歩いてたからなんて話が出たので少し話し込むが、4時間寝ていた間に少し足のほうもよくなったようで、次のバスまで5時間あることだし、少し歩くかということで井川方面へ向かって歩く。どこまでいけるかはわからなかったが、無事井川駅までたどり着き、そこで敗退とする。このときにはすでに駅までの階段が登れないほどの状況で、帰れるかどうかかなり心配であったが、幸いにも無事自宅までたどり着くことができた。

写真 大浜〜静岡駅 約5km
静岡駅〜ラドンセンター 約12km
ラドンセンター〜横沢 約17km
横沢〜富士見峠 約14km
富士見峠〜井川駅 約12km

井川〜畑薙第一ダム 約27km
写真 大浜公園でございます。
写真 こちらが海
写真 海を少しはいったところ
写真 静岡駅を過ぎたあたり
写真 だいぶ郊外へでてきました
写真 こちらはラドンセンターからの夕暮れ
写真 高い空
写真 山の中へはいってきました
写真 お花です。
写真 こんなところを歩いていきます
写真 だんだんと山が深くなってきます。でもここはまだ30キロそこそこ。
登山口まであと50キロ近くあるのだ
写真 だいぶ空の高さが目立ってまいりました。
写真 田代地内にはいりました
写真 いなかっぽいけど何もないところ。うんざりです。






最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net