サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

〜コラム〜
普通の人にチャンスはあるか

普通に生まれて、普通に生活して、普通の人生を歩んだ人に、太 平洋〜日本海の縦走を実現するための、最も重要なキーワードは、 連続した休日が取れるかどうか。これにかかっていると思います。 通常であれば四〇〜六〇日程度かかる縦走ですので、日本で普通 に会社勤めしている間は、まず実現は困難だと思います。海外勤 務で、一ヶ月くらいはまとめて休暇が取れるという人でも、二ヶ 月は未知の世界といいます。僕も休みが取れるという契約で会社 へ入りましたが、結局実現できたのは退職後でした。

常識的に考えれば、普通の人にもだいたい三回はチャンスがめぐっ てくると思います。一回目は、大学在学中の夏休み、もしくは浪 人中。二回目は、転職期間中。3回目は、定年退職直後。三回目 は意外かもしれませんが、定年後に超長期縦走を実現できる可能 性は十分あると僕は思っています。というのは、僕は六〇を過ぎ てから(小屋泊まりで)縦走した人を知っていますし、六〇歳前 後の別の人は一四日間の北アルプス縦走をテントでやってのけま した。一四日縦走できれば、ひと夏の縦走も十分できる。トレー ニングのやり方によっては、定年後でも十分にチャンスがあると 考えていいでしょう。

いずれの期間を使うにしても、相当周到に準備しなければ実現は 難しいと思います。転職するのに、冬に会社をやめたりしたらど うにもなりませんからね。

ちなみに、僕が知っている最短での縦走は八日間。この位の期間 であれば、会社によっては夏季休暇で実現は可能ですが、この日 程で踏破するためには、大半のコースを「走って」いるそうです。 ひとつ、チャレンジしてみますか?


最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net