サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

〜コラム〜
ルートについて

 僕は太平洋日本海縦走をやった人を何人か知っていますが、誰も 同じルートでは登っていません。
一番多いのは、逆ルートを取る人です。日本海の親不知からあがっ て南へ向かう。アスファルト歩きが最後になるから、こちらの方が 足には楽でしょう。しかし、このルートでは親不知に沈む夕日とお いかけっこはできない。

 僕の通ったルート(静岡駅−南アルプス−八ヶ岳−北アルプス)は、 おおむね最短コースです。しかし、静岡駅から直接南アルプスへ抜 けるまでの間が、歩くと地獄になる。途中の富士見峠までかなり標 高差もあるし、その間ろくな水場も人家も宿泊施設もないので水の 計算をしないといけない。で、少し距離がありますが、御前崎から 井川を目指すルートが考えられます。

 南アルプスを下山後は、木曽駒・御岳方面へむかって歩いている人 が多いです。僕が八ヶ岳へ向かったのは、できるだけ今まで登った ことのない山を選んで線をつないだことと、あとアスファルト歩き はできるだけ少なくしようと思ったからです。僕が八ヶ岳ルートを 取る前は御岳ルートの方が一般的でしたが、今は八ヶ岳ルートを取 る人の方が多いようです。

 太平洋日本海縦走とあわせて、日本の三〇〇〇m峰二十一座をすべ て登ろう、という人もいます。この場合富士山が入るので静岡県の 千本浜海岸や伊豆の南端がスタート/ゴールとして考えられる。ま た、自宅を出発点などに絡めたりする人もいます。

 太平洋日本海縦走は、ほとんどルートが決まっているようでいて、 かなり自在に線をひくことができる。机上登山をしてみるだけでも 面白いだろうし、それが実現できれば自分だけのルートとして一生 の思い出に残ることでしょう。

ちなみに、はじめて日本海太平洋縦走をしたといわれている「ベル ニナ山岳会」は、魚津から入って毛勝三山を縦走した後、御嶽、木 曽駒方面を経て太平洋三保の松原をゴールにしています。一九六三 年のことでした。縦走は区間をきってリレー形式で行われたそうで すが、一名が全区間を歩きとおしています。当時のことですから、 現在の縦走よりはるかに困難であったことでしょう。


最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net