サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

〜コラム〜
長期縦走のTIPS

 長期縦走にチャレンジしようと思った方、ご苦労さまです。長期 縦走のポイントを少しだけ書き留めておきます。長期縦走の何が 難しいって、一番難しいのは休みを取ることだゴラぁ。
実際僕も勤め人のときは二週間の休みを取るのが精一杯だったの で、その位が現実的には目一杯の休みでしょうが、十六日(土日 月火水木金土日月火水木金土日)くらいの休みが取れる企業は現 実に存在しますし、九日(土日月火水木金土日)の縦走も十分長 期縦走ですから、会社勤めをしながらでも長期縦走をやるチャン スは、絶対にあると僕は思ってます。
 長期縦走ならではのノウハウは、僕はあると思っているんです けど、とにかく、最初は五日くらいの山行からはじめて、自分で コツを体得するのが一番なんじゃないかな、と思います。五日歩 ければ、だいたい九日も十四日も歩けると思います。

・極力軽量化せよ

…です。もう、説明不要ですね。三〇キロだ四〇キロだ、重さ自 慢をして、まあ、その重さを三日は背負えたとしても、その先は 辛い。とにかく軽量化には勤しむことです。

・あらゆるものが消耗品

…になります。ガス缶は普通に消耗品の認識ですけど、ロールペー パーが切れることもあるし、ひどいときには雨具とかテントも消 耗してしまう。期間にもよりますが、体脂肪も消耗品になること もあります。太平洋日本海縦走では靴底まで磨り減った。足の皮 とか指の皮とかもそのうち擦れて痛んでくるし、時計を巻いてい た手首に靴擦れ?を作って時計がはめられない状態になったこと もある。とにかく、消耗品を消耗させないよう気をつける必要が あろうと思います。

・小屋も少しはあてにする

もちろん、小屋は一切使わないのが理想ですけど、やっぱりそう 簡単にはいかないな、というのが僕の感想です。生モノがありま せんから栄養のバランスも偏りますし、乾燥モノばかりでは味覚 も続きません。背負えるものにも限界があるし、たまに小屋でお 昼を取るくらいのことは、僕は仕方ないのではないかなと考えますが。

・消耗品の消耗期間をよく把握しておく

ガス缶は一〇日で大一個くらいですが、人によって多少の違いは出ると思います。はかりを使ったりして、一泊あたりの自分のガス消費量を把握しておくといいでしょう。ロールペーパーは新品一巻で一二日くらいと思いますが、トイレに紙が備え付けかどうか(ついでに書いておくと、男性か女性か、もしくは毎日出るのか三日おきなのか)によってもずいぶん違うと思います。紙は内側の方が一周あたりの長さが短いですから、巻き数(厚み)だけでは使用状況がわかりにくいと思いますので、これもはかりを使って使用量を計算します。ちなみに、間違ってもトイレに備え付けられているやつを拝借してきたりしないように…
電池で動くもの(ヘッドライトやラジオなど)は、長期の場合新品の電池と交換してきた方がいいでしょう。電池の予備の計画も難しいと思いますが、これは「多めに」としか僕は言えないなあ。うまく計画を立てる方法があれば教えてほしいくらいです。

・休養日を途中に含める

一日目一杯、八〜一〇時間歩く日は、長く山へ入っていれば絶対あると思うんですけど、それは毎日は続きません。一〇時間歩いた次の日に、また一〇時間歩きましょ、と言って、それを何日か続けたら必ず体が悲鳴を上げます。行動時間が四〜五時間の日を織り交ぜて、時々休養をとるようにします。
だいたい日の出とともに行動を開始して、午前中から午後イチ位まで行動して、あとは体を休める程度のプランが体を消耗せずに歩けるスケジュールになるのではないかと思います。

・濡れモノは作らない

濡れモノを作るとしんどいです。少しでも晴れ間が出たら濡れてしまったものは干して乾かします。日帰りで「この位なら雨具は要らないかな」というような雨のときも、早めに雨具とザックカバーを使用するようにして、極力濡れ物を作らないように注意したいものです。
あと、靴ね。靴はいい物を使ったほうがいい。足元が濡れると靴擦れの原因にもなるし、(少なくとも)ゴアテックスの入ってない布製のやつは、僕は長期縦走には辛いと思います。

・水場の計画が大事

重量配分との兼ね合いですが、水は無雪期の登山では一番重い荷物です。結局多すぎると重荷でへばってしまうし、少なすぎるとひからびる。特に水場の情報は丹念に調べて、どこにあるのか、その水場があてにできるのかどうか、どこでどの位水を持って、どの位給水が必要なのか事前によく計画しておく必要があるだろうと思います。

・行動食と現金は多めに持て

食料計画に失敗した場合、三度の食事はたいてい小屋で何とかすることができます。でも、行動食の品揃えまで豊富な小屋はほとんどありませんし、値段も割高になることが多い。それに、後半になると予想外の空腹に悩まされることもあります。悪天につかまって予想外の停滞になることもあります。
特に北アルプスの場合はお金があれば何とかなる場合がほとんどです。行動食と現金は多めに持っておけば、多くのシチュエーションでリカバリーが効くと思いますので、不本意な敗退は避けられるのではないかと思います。

・最初からとばさない

初日は一番重い荷物を背負って一番きつい標高差を登らないといけないことが多いと思います。体も慣れてないですし、初日からとばすと後が続かなくなってしまいます。初日はCTで極力五〜六時間くらいの行動時間にとどめて、時間は気にせず、とにかく登りきることを最優先にしてスタートするのが吉です。
後半になると体力もついてきますし、荷物も軽くなってきますからだんだんスピードも上がってきます。それまでは焦らずに時間をかけて行くことが肝要です。

・アミノ酸の摂取を心がける

ようにします。チーズとか、あとビーフジャーキーとかですね。サプリメントでも構いませんが、壊れた筋肉の修復にアミノ酸が必要で、筋肉が修復されれば以前より強い力が出るようになります。長期山行の場合、前半苦しんだ分後半体力がつくと思いますので、アミノ酸を含む食品を用意しておく必要があろうと思います。

・席をたつときは忘れ物の確認を

山中では補給ができません。持っているもので何か山の中に忘れてきたりすると、それで縦走を中止しなければならなくなるかもしれません。席をたつときは、必ず忘れ物を確認して、何も忘れないように注意した方がよいでしょう。

・山行後は体を休める

長期縦走の後は体が疲れて抵抗力が落ちているのが普通です。いきなり激しい仕事をせずに、軽めの所から手をつけてみるのが吉と思います。下山後は風邪や夏バテには十分注意してください。


そして、苦しむかなれ。最後まで笑え。それでは、一生の思い出に残る山旅をどうぞ。


最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net