サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

3−4と会津駒ケ岳/田代山へいってきました
(駒ヶ岳登山口バス停上駐車場より会津駒ヶ岳→中門岳往復)

上河内SAの非公式FREESPOTを使って時間をつぶし、 深夜割引を使って西那須野塩原ICを出ます。コンビニはIC から少し離れてますが、左側にたて続けに3軒あるのが唯一な のでここを使います。夜中営業しているGSはありません。IC から桧枝岐の登山口まで約100キロを走って、2時すぎに登 山口に到着。ここで就寝です。
登山口の駐車場にははっきりと駐車場とは書いてないんですけ ど、車上あらしに注意云々の標識が立っているところがそうで す。スペースは30台くらいでキャパ不足気味です。大きい車 は離合不可なので突撃するか諦めるかしてください。

翌朝、登山口で相方と集合。えっと…雨ふってるんですけど、 行くんですよね。行くそうです。仕方がないので歩き始めます。 木の階段を登りまして登山道はスタート。緑の方の木が多いで すけど、色が変わっているのはとても紅葉とはよべず、ばっち くなっちゃったのが多いですね。
登山道は息つく場所もなく登り続けるのですが、さほどきつく はありません。約0.5kおきに道標がたっておりますが、だ いたいヘリポート跡までが40分くらいでここで休憩を入れます。 雨脚は、ポツポツだったのがパラパラ位に変わったので、ここ で雨具は上だけ着込みます。

水場までは登山口から1時間30分。おおきな看板が出ている ので見落とさないでしょう。ベンチも用意されています。
水場へはくだって5分前後。10月でもよく出ていましたので この水場は通年出ているものと考えていいと思います。本日宿 泊地の駒ノ小屋(完全予約制)は水のない小屋なので、ここで しっかり汲んでいきます。90Lのザックがぐっと重くなりました。

水場から1時間くらい歩くと、植生が変わって空が広くなって きます。雨はほとんどあがりましたが霧まじりでちょっと残念 です。でも、きれいに色づいた葉っぱなども目立つようになり まあまあいい気分です。湿原が見えたら、ほどなくして水場か ら1時間30分で駒ノ小屋へ到着です。
時間は11時ちょっと前。普通の人がまだ普通に日帰りできる 時間なのですが、今日はここで泊まり。予告とおり、今日の目 的は草紅葉の中門岳や朝日に輝く湿原の写真を撮影することな ので、ゆったりペースでいくのです。その代わり、今日の装備 は三脚に中判カメラにデジタルカメラ。投げ捨てたくなるほど 重いぞごらぁ
何人か追い越されるペースでしたが、だいたいCT通り3時間 で登ってきました。

で、到着したので受付をしたいのですが、まだ時間が早すぎる のか小屋番行方不明です。勝手に荷物をあげるわけにもいかな いので、宿泊のほうと別にある避難室で昼食にします。

で、昼食にしていると
、 *******
*絶好の晴天*
*******
がやってまいります。さぁ〜っと雲がひけてさ、快晴の草紅葉が。 いやあ、きた甲斐があったってもんです。日帰りでもう帰っちゃっ た人はご苦労さんです。
駒ノ小屋から駒ケ岳山頂までは20分、中門岳まではさらに片道 1時間でちょっと遠いので、雨具などの基本装備は持った状態で カメラ片手に中門岳のほうまで歩いていきます。中門岳まで足を 伸ばす人はほとんどいません。どこまでも静かです。あまりにも いい気分だったので、中門岳のベンチの上で昼寝を決め込みます。

小屋へ戻って、2時30分。夕景の撮影もあるし、やることもな くなったんで、かなり早いですけど、夕食にすることにします。
夕食は、去年だいぶ好評を博した人気のメニュー
http://tozan.net/tozan/oze/0610aidukoma/PICT5082.jpg

いい気分でよっぱらぱ〜して、3時半には寝てしまいます。おい おい、夕景撮影にきたんじゃなかったんかい。

2日目は、朝はガスに包まれますが、日があがると晴れていきます。 いい気分で下っていき、登山口に9時。

ここから田代山へ出撃します。小一時間車を回して、猿倉登山口へ。 登山口には田代山へ2時間と書かれていますが、普通に歩いて昭文 社とおり1時間30分も見れば十分と思います。軽荷でいきますか ら小一時間で山頂到着です。膨大な湿原は、予想通り草紅葉になっ ていましたが、もうすっかりガスが上がってきてしまいました。一 面真っ白で木道がなければ遭難しそうな勢いです

…結局、昨日山頂で正解だったってことね。
そうだろうね

うーん、思っていたほどでもなかったかなあ、と思って下りてきて、 解散。結局、また帝釈山は先送りになりましたが、

ここまでくるときはさ、塩原ICの近くに車おいといて、1台でこ ようね。そうすればさ、往復200キロ、2人で3000円はガソ リン代浮く計算だからさ。

写真 登山口の階段。登山届用紙備え付け。計測機器が置いてありました
写真 約0.5キロ毎に道標がたっています
写真
写真
写真
写真 登山道はこんな感じ
写真
写真 駒ノ小屋の様子
写真
写真
写真
写真
写真
写真 山頂です
写真
写真
写真
写真 中門岳
写真
写真 行動中はずいぶん空の色がよかったのですが、朝晩が残念でした
写真 会津駒ケ岳
写真 燧ケ岳です
写真 中門岳側から見た会津駒の様子。
写真
写真 本日の夕食
写真 夕食全景
写真 中門岳と会津駒ケ岳の間。この間は晴れていれば最高です
写真
写真
写真
写真 会津駒ケ岳を見上げます
写真 水場。これともう1つ大きな道標がたってますので、見落とすことはないと思います
写真 場所が変わりまして、田代山です
写真 頂上です
写真 頂上ですね
写真 青空なら、たりら〜ん!という感じなのですが
写真 田代山の避難小屋
霊感が強い人はもとより、霊感が普通の人も泊まることができない小屋です。
もちろん、僕はムリ。

区切り線

*会津駒ケ岳の山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 駒ケ岳登山口→会津駒ケ岳→中門岳往復
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 非常に歩きやすい登山道。迷うであろうところもありません。標準的なハイキングの注意に準じます。
所要時間 登山口→ヘリポート跡 45分
ヘリポート跡→水場 45分
水場→駒の小屋 1時間30分
駒の小屋→山頂 20分
山頂→登山口 2時間〜2時間20分
上記時間は標準的な足でのタイムです。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口にあり綺麗だが電気なく夜は・・・。林道奥にはトイレなし。
水場 登山口から1時悪寒30分ほど登った場所。登山道からくだり5分くらい。よく出ています。
避難小屋 ありません。営業小屋=駒ノ小屋は完全予約制です。
幕営適地 国立公園内のため幕営不可。
交通 公共交通機関:会津高原駅からバス。1日4〜5本。場所がら車が便利だと思います。駐車場まで舗装
駐車スペースは、登山口近くに30台と、国道沿いにも大きい駐車場があります(国道からだと登山口まで結構、1時間以上は歩かないといけないです)
トレーラは、駐車場で転回・駐車はできるがその上へあげてしまうとにっちもさっちもいかなくなってしまうので(すれ違いも困難です)林道へは入れずに、国道沿いのどこかに置いてくるのが無難です。国道沿いの会津駒登山口駐車場か、その手前のスペースを使ってください。
登山計画書 登山口で出せます。用紙備え付け
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他 注意してほしい。西那須野塩原ICから約100キロ、2時間+の一般道走りになる。IC近くの数件以外コンビニの類はもとより、夜間営業している「何か」はまったくといっていいほどない。夜間移動ではガソリンの残量に注意。塩原を過ぎると道は比較的良い状態で線形も悪くない2車線道路が続く。制限40のところが80で流れていたりするが、塩原付近は日中かなり渋滞に巻き込まれる。 時期によっては新潟回りでは道路通行止めで入山できないこともある。 バスでいくとすれば、会津高原に電車で出てそこからバスで2時間弱?と地図に書かれていた。

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net