サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
写真
至仏山をみあげる

テントを背負って日帰りの会の皆様、こんにちは。 7月1日、至仏山へいってきました
(山ノ鼻−至仏山−鳩待峠)

毎月10円づつガソリンがあがって、8月からは頭の桁 が2になる。まあ僕の予想は的中したわけなんだが、お おかたのガソリン屋の価格表は頭が1しかかけないよう になってるんだがどうするんだこれ。
…にしても、出たばっかのヴェルファイアとかGT−R とか、あとクラウンとかを結構みかけるんだが、世の中 にはガソリン高に懲りてない人も結構いるんだな。まあ、 クラウンはだいたい法人登録だろうから苦労するのは本 人じゃなくてその会社の従業員なわけだが、ヴェルファ イアはどう考えても個人の持ち物だろうし。
一方で道路は妙にすいてるんだよね。関越の埼玉区間と かさ、見渡す限りクルマがいなくてハイビームにできる なんて、1年前はありえなかったもんな。環八とか普通 に流れてるし、唐ヶ原も大磯港のあっちまで渋滞するこ となんかなくなった。結構、クルマなんかなくても生活 できる人ばっかりだったってことだ。

僕ももう単独で遠出で日帰りなんか無理だな、と思いつ つ、まあ、ガソリンが安いうちに遠出しとくんだな、と 思ってでかけます。あの距離は日帰りではもったいない ので、やっぱりテント背負っていきます。

尾瀬には2つの代表的な山=至仏と、燧ケ岳とあります が、どっちかといえば、僕は断然至仏なのである。なの で、特段の理由がなければ鳩待から至仏へ登る。

戸倉の駐車場に4時30分着。どうせ始発のバスは5時 台だろと思ったら4時40分に出て、すんでのところで バスを逃してしまいました。2便目のタクシーで鳩待峠 へ入ります。
予定のルートは鳩待−至仏−山ノ鼻−見晴(泊)−山ノ 鼻−鳩待。なんだけど、現地に「山ノ鼻→至仏(のぼり) はいいけど至仏→山ノ鼻(下り)は歩いてくれるな」な んて書いてある。なんだよこの神経質具合は。とりあえ ず予定のルートが歩けなくなったので、まっすぐ山ノ鼻 へ向かって、尾瀬ヶ原をぐるっと回って山ノ鼻でテント。 翌日至仏に登ることにします。
で、山ノ鼻から尾瀬ヶ原へ入りまして、ワタスゲが満開 ですねえ。絶好の晴天ですからね、いい気分なんですけ ど、後ろに見えている至仏山がおいでおいでしています。 明日晴れるかどうかなんかわからんし、登るなら今日でしょ。 尾瀬ヶ原なんかいちばん奥までいったっておんなじだから。 というわけで、牛首でUターンして至仏山へ。
山ノ鼻から至仏山までは手足を使うかなりしんどいルート。 滑りやすいかというと、たぶんかなりすべりやすいんで しょうね。森林限界までが3分の1くらいで1度休憩。あ とのルートは青天へ向かう幸せな登山道です。
あとなんか3回くらい座り込んで、2時間40分くらいで 山頂へ。あーあ8年前おなじ7月1日に登ったときには2 時間切ってたんだけどなあ。
ニセピークにやられるあたりが、かなり花が咲いています。 鳩待−至仏間は、そんなに目立った花畑はないので、こっ ちから往復する場合もここまで下ってくると幸せになれる かも。ま、順当に周回するのが幸せです。
帰りは鳩待へおります。こっちはまあ、特筆だった登山道 ではありません。
積雪は、若干雪を踏むところがある程度。アイゼンはどう 考えても要りません。

次いくときは、大清水からかなあ。尾瀬沼キャンプ場は予 約制だから…
というか、鬼怒沼山はどうした。

写真

写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 富士山が見えました

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 鳩待峠−山ノ鼻−牛首−山ノ鼻−至仏山−オヤマ田代−鳩待峠
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 えっと、一番危険なのは、戸倉から鳩待峠へ向かうタクシー
所要時間 鳩待峠→山ノ鼻 1H10 山ノ鼻−至仏山 3H 至仏山→鳩待峠 2H40
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 戸倉並木駐車場、鳩待峠、山の鼻、竜宮、見晴、東電小屋にあり。いずれも綺麗
水場 山の鼻の炊事場など。
避難小屋 ありません。
幕営適地 山ノ鼻、見晴に指定地あり
交通 公共交通機関で入山する場合、新宿から尾瀬行きのバスに乗るか、もしくは沼田駅から大清水行きのバスに乗る。大清水行きは10本程度なので、1時間半くらい間隔と思います。駐車場まで舗装
登山計画書 鳩待峠で提出できます。用紙備え付け
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net