サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

日留賀岳(ひるがだけ)へいってきました
(小山氏宅より往復)

蛭ヶ岳かとおもったら日留賀岳なんですねえこれが。
わりと名の通った山だと思うのですが、僕がそう思っているだけかも しれないのでまず場所からいきますと、男鹿山塊(おじかさんかい) の一角で塩原の最高峰。

日留賀岳
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?meshcode=55394600

いやー男鹿山塊ってのはすごいとこですよ。登山道がついた山は日留 賀岳くらいのもんで、その奥にまだ一番高い山と主峰と登山道がつい てないのがあるんだから。前衛の日留賀岳だって山頂まで4時間20 分かかるんだから、秘境といっていい

最寄のICは西那須野塩原ICを使った気になります。コンビニは道 の駅の少し手前に左に1軒右に1軒あります。夜中あいているGSは ありません。距離はたいしたことありませんが、とんでもないところ を曲がらされるので勘ナビがあったほうが便利です。公共交通機関で の日帰りは絶望的です。

ちょっと時間が早かったので駐車場で仮眠です。駐車場がちょっとそ れとはわかりにくいですが、まああまり迷惑にならないように一回り ぐるぐるすればわかると思います。
有名な山で3連休だから誰かくるだろと思ったのですが、結局誰もき ません。1人でトボトボ歩き始めます。
登山口は小山氏宅の…わきかと思ったら庭先を横切ったむこうがわ。 いろんな登山口見てきたけど、庭先を通る登山口ははじめてだ。夜中 やってきて登るとかは絶対ムリですね。
玄関で記帳するんですけど、3日に1人くらいのペースで登山者がき ている感じです。さびしいですね。でも今日は3連休だから誰か登っ てくるでしょう。

登山道は、40分登山道30分林道3時間20分登山道。登山道のつ き方は微妙に地形図とは違っていて昭文社のほうがあってます。
比津羅山は巻きます。後半はひたすら尾根伝いです。踏み跡ははっき りしていますが、細いので油断しているとロストしそうです。
ここには道標がないとまずいだろと思うようなところにも道標が立っ ていなかったり、コースタイム的にいっても初心者向けではありませ ん。危ないところはとくにないです。
日留賀嶽神社鳥居をこえて1514からは気持ちだけ等高線2,3本下り ます。きつい登りは腹部の曽根を含めてないと思うのですが、やっぱ り距離は長いです。展望が出てから3つか4つくらいニセピークを踏 ませられて、一番奥で山頂を踏みます。山頂までは僕の足で3時間15 分なので、4時間20分はそんなに甘くないタイムと思います。登り 応えのある山ですね。この位登ると「登った!」って気分になります。 11月くらいまでが登山適期みたいですが、日の長い時期にきた方が いいでしょうね。ヘッドライトだとちょっとここはまずいかなあ、と 思えるようなとこが2箇所か3箇所かあります。

山頂の展望はおおむね360度。北側は眼下に林道が刻まれて痛々し い山が見えました。那須や高原山が見えるそうですが、遠くの方はか すんで判然としませんでした。

帰りは往路を下山するのですが、結局この日は誰1人としてすれ違い ませんでした。有名な山だとは思ってたけど、日留賀岳は三百名山も はずれた山だから、たぶん隣の男鹿岳のほうがみんな好きなんだろう ね。あんな林道マラソンして登る山のどこがいいのかよくわからんけ どさ。

写真駐車場はここを使います。アプローチ道路が狭いので普通車のみ

写真のどかな場所です

写真山中にある唯一の道標。

写真林道はこんな感じで未舗装です。車はいたので供用中と思われます

写真林道終点。看板のわきを入ります

写真ちらっと展望が出たところから山頂をのぞみます

写真山頂の様子

写真消えかかっている山名標が1つだけ。

写真帰りは道標がありませんがここを入ります

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 小山氏宅−鉄塔−林道終点−1514−日留賀岳 往復
地図 Yahoo! 日留賀岳
地形図 日留賀岳
難易度 本文のとおり、道標の整備がイマイチなのと、コースタイム的にいって初心者向けではありません。危ないところはありません
所要時間 小山氏宅−鉄塔 40分
鉄塔−林道終点 30分
林道終点−鳥居 1時間50分
鳥居−山頂 1時間30分
山頂−小山氏宅 3時間
他の季節 本文のとおり。山開きは5月2週目。
トイレ ありません
水場 ナダムロ沢側に水場があるらしいのだが、登山道を歩いても判然としなかったのでないものと考えた方がよさそう
避難小屋 ありません。
幕営適地 1514、山頂
交通 木の葉入口バス停から徒歩45分。車の場合は本文の通り。駐車場まで舗装
登山計画書 小山氏宅で記帳
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net