サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
尾瀬の登山道

尾瀬笠ヶ岳へいってきました(鳩待峠より往復)


至仏山のならびの山です。至仏山は1億7千万年ほど前に成立 したかんらん岩によって成る山です。かんらん岩はマントルの 物質が地表に上がってきたもので、尾瀬のものは大半が地下で 水の作用を受けて蛇紋岩に変質しています。
蛇紋岩は植物に有害なマグネシウムを多く含むため、蛇紋岩質 のところでは植物が生育しにくくなる。

したがって、山の鼻付近や鳩待峠では優勢の植物はブナだが、 蛇紋岩質のところでは針葉樹が優勢となる。

1866.9mの南あたりでは展望が出る。このあたりは森林が疎でナ ナカマドなどが生育し、優勢の植物はササ。このあたりはおそ らく蛇紋岩の影響を受けているものと思われる。もうすこし上 は針葉樹。蛇紋岩の影響が弱いものと考えられる。

オヤマ沢あたりで水が流れている。ここに靴をつっこんで濡ら したあと、靴で岩をこすってみると相当に滑る。これが蛇紋岩。

オヤマ沢田代の分岐からいくと、オヤマ沢田代付近の疎な針葉 樹はすっと伸びて、上部が湾曲している。これはおそらく風に よるものではないかと推測した。田代は貧栄養下で成立するの で、この場所に田代があるのも蛇紋岩の影響と思われる。

もうすこしいって、悪沢岳付近は針葉樹に被われていた。山ノ 鼻の登山道の森林限界は1640mに対して、このあたりは2000m以 上あるので、蛇紋岩の影響が少ないか、地質的に別の岩で構成 されているか、いずれかと推察した。蛇紋岩にも複数のタイプ があるそうで、毒性の低いタイプのものが風化が進んで土に変 わっているのかもしれない。このあたりでは尾瀬では古い地質 のため、風化が進んでいるのは推察できる。

手元の本にはこう書いてある
>風化すると表面が白くなるタイプの場合、植物の生育を阻害
>するはたらきが、茶褐色に風化するタイプに比べて弱いらし
>く

悪沢岳をくだると、北面と南面で植生がはっきり違っていて、 北面は針葉樹、南面は笹で生えても潅木。風のとおりみちのよ うなので、風か、雪かの影響を受けているのではないかと推察 した。岩が露出している鎖場があるのだが、この岩が、相方が さかんに滑ると言っていたのでこの露岩は蛇紋岩と思われる。 露岩が蛇紋岩だから、さほど深くない地中に蛇紋岩がいるのだ ろう。

小笠と悪沢岳の間は泥濘になっており、かなり深い針葉樹の林。 このあたりは地質的に古いので、植生が遷移したのか、蛇紋岩 ではない地質なのではないか。
小笠のあたりでは一時的に森林限界をこえる。このあたりが侵 食から免れたのはこのあたりを侵食に強い岩が構成しているか らではないか。小笠から見ると、笠ヶ岳は南東面と北西面で完 全に植生が違っている。北西面は針葉樹に被われていて、南東 面は草つきになっている。遅くまで雪が残り植物の生育が進ま ないせいなのか、遅くまで雪が残るから表土が乾燥しないせい なのか。

笠ヶ岳は、南西面はハイマツや矮小化したシャクナゲが生える が、北東面はイネ科のものと思われる草が生えるのみ。ウスユ キソウ、アザミ、それからキスゲ?と思われるような高山性の 花の痕跡があったので、ここはおそらく蛇紋岩だろう。だが、 南西面と北東面の植生の違いを説明するには弱い。




最寄りのインターは沼田ICなので沼田ICから走って戸倉まで1時 間と20分。
2人だったので鳩待の駐車場に車をとめるつもりだったのですが、 9月のこの時期に規制が入っているという予想外の展開にUターン。 戸倉の駐車場(24時間1000円)に車をいれてタクシーに乗り ます(片道900円)始発の4時40分にのっかりますが、ゲート 前で5分ばかり待たされて無事鳩待峠へ。

ここからようやく歩き始めます。はじめはなだらかなところからい き、木道の階段をあがっていくと1866.9脇に出て展望が出ます。こ こで写真撮影。1935下の階段の、尾瀬ヶ原や燧ヶ岳の展望の出 るところで休憩。
地形図もってけばはっきり読図できたんだけど、登山地図だったも んでちょっと読図がアマい。ここか?と思ったところから先へ行く こと15分でオヤマ沢田代へ出た。分岐を左へいくともう誰も人は いません。厳しい標高差もないのでサクサクと歩きますが、泥濘に なっているところがあるのでスパッツがあると便利です。笠ヶ岳は ぐるっとまわりこんだところから登るようで、とりつきのところに 道標がたっています。CTを少しオーバーして登頂。
今日は、1名無連絡欠席という状況なので、是が非でも好天をひき あてないといけないのです。で、山頂からの展望は、

えっと、目の前のやつが、武尊山。右まわりに谷川岳、越後駒、 平ヶ岳、至仏山。あとは、…

あと、天気がよければ見えるのは、巻機山、日光白根山、男体山、 皇海山などで、ぐるっと360度です。

帰りは往路を下山します

   1866.9mわきあたりから
   
   朝日あたる木道の階段
   
   燧ヶ岳と、奥に見えるのはおそらく会津駒
   
   
   
   
   
   
   オヤマ沢田代
   この標識から3.2キロ1時間20分くらい
  小笠から笠
  小笠から至仏山
   
  笠と青空
   
   
  山頂の標識。2057.5mとある。
   
   
   これでおしまい

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 鳩待峠−オヤマ沢田代−小笠−笠ヶ岳 往復
地図 Google 笠ヶ岳
地形図 至仏山
難易度 えっと、一番危険なのは、戸倉から鳩待峠へ向かうタクシー
所要時間 鳩待峠→オヤマ沢田代入口分岐 1時間30分
オヤマ沢田代入口分岐−小笠 55分
小笠−笠ヶ岳 35分

笠ヶ岳−オヤマ沢田代入口 1時間30分
オヤマ沢田代入口−鳩待峠 1時間10分
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 戸倉並木駐車場、鳩待峠。いずれも綺麗
水場 オヤマ沢 出ていました
避難小屋 ありません。
幕営適地 ありません
交通 公共交通機関で入山する場合、新宿から尾瀬行きのバスに乗るか、もしくは沼田駅から大清水行きのバスに乗る。大清水行きは10本程度なので、1時間半くらい間隔と思います。
戸倉駐車場は24時間まで1000円の有料。鳩待峠まで舗装。トレーラ、キャンピングカーはスキー場の駐車場?を利用。戸倉第一Pの入り口に案内が出ているのでそれに従ってください。駐車場まで舗装
登山計画書 鳩待峠で提出できます。用紙備え付け
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net