サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今日24日は、秩父御岳山、笠山、城峰山と回ってきました。

三峰−(秩父)御岳山1080.5
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53387705&slidex=2000&slidey=0
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53387755&slidex=0&slidey=2000

安戸−笠山
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=54390105&slidex=0&slidey=2000

鬼石−城峯山
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=54391000&slidex=0&slidey=2000

秩父御岳山

最初の山が秩父御岳山になるので、ちょっと距離が出ますが今 回も雁坂トンネルをこえます。例によって中央道は通勤割引で 650円、雁坂トンネルはニコニコ現金払いの710円。で、 R140をまっすぐ走って、右手に「道の駅大滝温泉」がある のでここに入り車をとめます。道の駅大滝温泉の入浴は結構早 い時間から遅い時間までやってます(中身は未確認なので不明)

で、ここから西へ向かって道路をテクテクします。歩道がない のでちょっと怖いですが、まあそんなに長い距離ではないので 我慢します。落合のバス停をこえます。ここへは三峰口からバ スが出ており、手許の地図には1日18本と書かれていますの で、40分おき位にはやってくる勘定です。公共交通機関でも 登りやすい山でしょう。コスモのGSをこえて、最初の信号の 交差点を右へ入ります。普寛神社とかいうのがあって、この脇 に道標が立っているのでこの道標に従って舗装道路を歩きます。 すぐ登山道入り口がやってきます。登山道入り口には駐車スペー スが3台分くらいあります…なんだよ、ここでも良かったのか よ。

で、ここから登山道に入ります。なんか薄暗いじめじめした登 山道だな。で、道は沢伝いについています。砂防堰堤を次々に のりこえていきます。なんか興ざめな登山道です。しかもスギ 花粉百名山です。
しばらく沢筋を忠実にたどり、道がかわいてきたら斜度を強め ます。といってもたいしたことはありません。少し歩くと上の 方にガードレールが見えてきます。左手の斜面に取り付いて上 へ上がってくると、林道のトンネルの脇に出てきました。林道 の状況は未確認なんだけど、一応未舗装ですが路面状態もいい ですし、ゲートらしきものも見なかったから多分ここまで車で 上がってこれるんじゃないかなあ(トンネルの少し下に駐車ス ペース1〜2台分あり)
登山道はここから重機の通れる幅の土の道に変わります。道に はクローラ(キャタピラ)の跡が残っています。靴の跡はあり ません。で、しばらくいくと伐採中の杉が道に大量に倒れてい ます。こいつを乗り越えて、また人間幅の登山道に戻ったらま もなく山頂です。山頂直下には鎖場がありますが、これ鎖要り ません。という位でたいしたことはありません。山頂までのコー スタイムは地図では2時間10分、現地の道標では2時間丁度 になっています。

山頂にはまあまあ立派なほこらがあります。御岳山ですから信 仰の山だったんですね。で、「秩父御岳山」の読み方、プリー ズです。ぐぐってみたら、「ちちぶおんたけさん」が22件、 「ちちぶみたけさん」が1件。おいおいずいぶんマイナーな山 だな。でもちちぶおんたけさんの方が正解みたいだ。

展望は、今日はいっぱい登ったので記憶の混乱がありますが、 記憶違いがなければ展望が開ける方角は限定されます。展望 盤には全周山が書いてありますが、とても北東方向の山など 見ることはできないでしょう。北西方向に両神山がよく見え ました。

帰りは元の道にあまり魅力を感じません。杉ノ峠の方へ下り ます。山頂を東へ向かって下るとすぐ分岐がでてきます。こ の分岐には強石と書かれていますが、杉ノ峠方面へ下ります ので大丈夫です。尾根筋の道でこっちの方が僕の好みですね。 写真に花が1枚も写ってないところを見ると花らしいものは 咲いていなかったんだと思います。尾根は所々やせた所があ るので注意が必要です。左右にロープが張ってありますので 落ちないようにしてください。
で、この尾根を下るとすぐ林道に出てきました。伐採作業中 で杉ノ峠までいけなかったようです。最後は林道をテクテク 歩いて、落合のバス停前へ下山してきます。ぐるっと1周回っ て3時間弱くらいでした。

笠山

で、車を移動します。芦ヶ久保の駅を北に折れセンターライ ンのない林道をだいぶ登ります。林道は終点まで舗装されて います。で、やってきたのはどこかと言いますと、白石峠を こえて、剣ヶ峰の所です。舗装の駐車場が40台分くらいあ るでしょうか。で、綺麗な道がまだ先へ続いています。これ は行ってみるしかない。で、行ってみました。結果、堂平山 の山頂直下天文台跡までやってくることができました。駐車 場はちょっと下にあるのでそこに止めます(夜間閉鎖)で、 ここからちょっとテクテクしてみるのですが、堂平山の山頂 しか踏めません。天文台の柵を一周して、道標がないのでこ れは読図で行くしかありません。多分パラグライダー場の方、 と思って歩きます。ビンゴっぽいです。反対向きですが、外 秩父七峰ハイキングコースと書かれた道標が立っていました。 で、目指す笠山はなんと堂平山より標高が低い。頑張って下っ ていきます。下りきると林道にぶつかります。ここにはじめ て笠山という道標がやってくるので、この道標を頼りに向か い側の登山道へ入ります。もう少し歩くともう1回林道を横 切ります。あとはざれた道を登りきると笠山へ出るのですが、 僕の読図では笠山の山頂はこんなところではなかった筈です。 道標をよく見ると西峰と書いてありますので、ここは最高点 ではないようです。もうちょっと奥まで行ってみることにし ます。3分くらい頑張ると最高点に出ました。ここには社が あります。展望はありません。ここまでのコースタイムは行 きも帰りも1時間です。道さえわかってしまえばたいしたこ とはないでしょう。帰りは往路を下山(というか登山)です。

城峰山

今日はもう1山稼ぎます。城峰山。城峯山とも書きます。で、 3山目ですからいけるところまで車で行きます。城峯キャン プ場を目標に舗装の林道を上がってきて、カーナビは目の前 に城峯山を示しました。やってきたところは山頂直下10分。 ああまたゆきさんに怒られる…
で、キャンプ場は左へ入ると書かれているのですが、未舗装 でいかにも怪しげです。車を乗り入れるのは躊躇します。も う山頂直下10分の場所にいるので、これ以上車は進めずに 舗装の林道わきの路肩に置いていくことにします。
で、ここから歩きます。しばらく未舗装の林道を歩きますが、 3分も歩くと右山頂、の道標がやってきます。この周辺に車 をとめられそうなところ転回できそうなところはありません でしたから、林道入口に車を置いてきて正解でした。で、けっ こうキツいのぼりです。3分もあればつくべさ、と思ったの ですが、結構登らされます。といっても10分ですから〜残 念!で、山頂にやってきました。山頂には大きな放送施設と それに繋がった家のようなものが1軒。山頂からの展望はあ りません。360度の展望台と地図には書かれていますが、 あの放送施設登れたのでしょうか。

帰りは往路を下山します。

写真 道の駅大滝温泉です。
写真 こんな道をテクテクと歩きます
写真 正面に見えているのが普寛神社。ここをまっすぐ入りますと、あの神社のわきあたりに道標がたっています
写真 登山道入り口にあった駐車スペース。3台か、4台は厳しいかなあ…
写真 登山道はこんな感じでまあまあ良く踏まれていると思います。危険なところはないと思います
写真 水です…あんまり綺麗じゃないんだこれが。
写真 道標はあんまり多くないですが必要な分は立ってます
写真 トンネルのわきに出てきます。植生はスギ…
写真 御岳山の山頂。展望盤には全周山が書いてありましたが、展望の出る方角は限られています。多分昔は展望があったのだが木がのびてしまった、という感じでしょうか。
写真 山頂のほこら
写真 尾根ルートは、尾根がやせているところがあるので注意が必要です。
写真 林道にぶつかります。道は正面についていますが、正面の道をたどってもまたすぐ林道に出てしまいます。
写真 秩父御岳山をふりかえる。植生はスギ…
写真 えっと、伐採作業中につき迂回してください云々
写真 場所が変わりまして、笠山です。こんなところをテクテク歩いて登山口を探します、がなかなか見当たりません。結局登山口には道標がたっていませんでした。
写真 ちょっとブレちゃってますが、こんなところを歩いていきます。
写真 こんな道標が立っています。笠山の道標は数が少ないです。
写真 笠山の、西峰の山頂標識。
写真 笠山の山頂に立ってる社です。
写真 ツツジが咲いていました。赤いのと、
写真 ピンクいのがさいていました。でも道標によるとムラサキ何某なんだとか。
写真 パラグライダー場のわきを通って帰ります。
写真 場所が変わって城峯山です。車はここにとめました。
写真 入り口に立っている道標。道標は2本だけでしたが、10分の区間ですから2本もたってりゃ十分でしょう。
写真 林道をあるきました。
写真 城峯山の山頂へやってきました。
写真 山頂にたってた放送施設。あの上までいけるのかなあ…
写真 かなり下から歩けるみたいですが…

区切り線

*秩父御岳山の山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 落合バス停−秩父御岳山−杉ノ峠−落合バス停
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 ★でいいと思いますが、鎖場があるのでおまけで★★にしてもいいかも…
所要時間 1周3時間30分程度と思います。のぼり2時間、くだり1時間30分。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 道の駅大滝温泉にあり。登山口、山頂にはありません。
水場 ありません。
避難小屋 ありません。
幕営適地 ありません。
交通 バスは本文のとおり。駐車場は本文の通り。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net