サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
写真
父不見山三角点

今日16日、父不見山へいってきた。普通に読めない。

僕の手元の資料では、「ててみ(え)ず山」ないしは「ててめえじ山」 となっている。

山の由来はここが詳しいし、これ以上の文章を書こうとは思わない。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~n-baba/s-tetemiezuyama.html

地図が、昭文社「雲取山両神山奥秩父」と、「西上州妙義山荒船山」の 両方に載っているのですが、この2つの図葉で赤線の引かれ方が全然 違っています。一方は杉ノ峠南側直下15分のところから線がひかれ てますが、これを嫌いました。当たり前です。はるばる西上州までいっ て45分の登山なんかしたくありません。で、生利のほうから登ります。

交通の便は、なんにしても絶望的です。車でいくと、多分一番近いのは 上信越道藤岡ICだと思うのですが、圏央道狭山日高ICあたりが近い 気もするし、中央道勝沼ICから雁坂トンネルをこえて…オエッ。 公共交通機関の場合は、高崎線新町駅からバスにゆられること1時間 20分。7本説と9本説があるけど、時間によっては意外と実用性が あるかもしれません。

土坂トンネルの方から生利へくだってくると、左側に「父不見山」の ちいさい看板が立ってます。この林道を左へ入ります。林道は舗装で 普通車でも楽勝です。左側に距離標が0.5キロおきにたっていますが、 1.5キロ標のわずかばかり手前左側に登山口はあります。左側を見る よりも、右側の道標を探したほうが効率がいいでしょう。車は、1.5 キロ標の少し先右側に3台くらいとめられるスペースがあります。 まあ、こんな山に、しかも最短ルートではない場所から登ろうとい う人はまずいないでしょうから、これに外れたらよほど運が悪かっ たと思って、少し余計に歩いてカルマを落とした方がいい。この場 所以外にも探せば車を止められる場所はいくつかあります。
林道ですので、大きい車は無理です。

で、はじめはコンクリ打ちの林道をあがっていき、沢を離れはじめ たところで左、山の中へ入ります。入り口は少し踏み跡が薄い気が しないでもないですが、入り口だけです。沢筋を歩いていって、す ぐ渡渉して、少し沢筋に歩いて、左の斜面を雷を切って登り尾根へ 出る。はじめははっきりした尾根ですが、尾根のカタチが不明瞭に なる頃林道の痕跡と出合います。ここがちょっとやっかいですが、 左側くだり気味に15mばかり歩くと、右手にテープが貼られてい るのでここをあがっていきます。

周囲の植生は、上から下まで、スギ…
なんだよ、スギ花粉百名山かよ。もう越年前のこの時期に花粉飛ば すのもいるし、花粉の好きな人向けの山だな。

ほどなくして杉ノ峠へ出てきます。ここまでは今回使った登山口か ら僕の足で休憩含めて45分なので、CTは1時間10分でお願い します。杉ノ峠付近は笹が出て少し不明瞭になっています。帰りに 油断していると南側長久保方面に下ってしまいますので、折れる所 を注意していてください。

稜線に出ると落葉樹に変わります。↑のURLの説明通り、南面は 山火事の影響でだいぶ開けてますが、もうかなり潅木が伸びて賞味 期限は終了ですね。オマケに登山道に枝がだいぶ張り出して、バッ チンバッチン…なんか萌えない山だな。名前の割りに萌えません。 南を覗き込むと、林道が見えたりもしますし。ガックシ。

いくつか小ピークを乗り越すとほどなくして父不見山の道標にやっ てきます。杉ノ峠から僕の足で22分だから、45分…まではいか ないにしても、40分くらいは見たいところです。地図では30分 になってますが、やっぱり西上州の図葉のタイムは厳しい感じがし ます。

山頂はまあ普通の広さで、展望といえる展望はありません。で、こ こでひきかえしてもいいのですが、やっぱり地図を見ちゃった。今 いる場所は1047(現地道標は1048になってた)で、すぐ目の前に1065.7 なんてのがある。いくしかないよな。ここでは帰れないよな。
ということで、いくことにします。等高線3本くらい下って、4本 くらい登ったら、…長久保ノ頭、という標識が立ってました。展望 はありません。
僕の足で片道9分だから、20分あれば十分すぎる位でしょう。

帰りは往路を下山します。
やっと行った山だったんだけど、ちょっと外したナ…

富士山は唐松尾山、白石山あたりがひっかかって物理的に見えません。

積雪は1センチ程度。いまのところアイゼンは要りませんが、北面 ですので雪は長く残ると思います。
土坂峠越えはスタッドレスタイヤが必要です。北面はだいぶ白い場 所もありましたが、今時期はカーブ抜けると突然凍ってたりする可 能性もあります。

写真 駐車場はここを使いました
写真 はじめはコンクリうちですが、すぐ未舗装にかわります。オフロードバイクなら入れちゃうかも。
写真 渡渉します
写真 登山道の様子はこんな感じではっきりしていると思います
写真 杉ノ峠
写真 山頂の様子
写真 父不見山をみあげる
写真
写真

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 生利の少し上 千ノ沢−杉ノ峠−父不見山−長久保ノ頭 往復
地図 Yahoo! 父不見山
地形図 万場
難易度 本文を熟読した上でいけば初心者でも大丈夫。
所要時間 (本文中の)登山口−杉ノ峠 1時間10分
杉ノ峠−父不見山 40分
父不見山−長久保ノ頭 20分
他の季節 不明。12月下旬では積雪らしい積雪はなかった。標高からいってGW以降はしんどいのではないか
トイレ ありません
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 杉ノ峠直下。廃用の林道跡がある
交通 本文のとおり。最寄の道の駅は「道の駅万葉の里」ですが、ここがトレーラ適地だったかどうかまでは自信がない。駐車場まで舗装
登山計画書 なし
問合せ先・参考文献 神流町役場
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net